検索

2.2. Block Storage ボリュームサービスの高可用性

download PDF

Block Storage ボリュームサービス (cinder-volume) は、アクティブ/パッシブモードでコントローラーノードにデプロイされます。この場合、Pacemaker はこのサービスの高可用性 (HA) を維持します。

分散コンピュートノード (DCN) デプロイメントの場合、Block Storage ボリュームサービスはアクティブ/パッシブモードで中央サイトにデプロイされます。この場合、Pacemaker はこのサービスの HA を維持します。Block Storage ボリュームサービスは、ストレージを必要とするエッジサイトにのみデプロイしてください。Pacemaker はエッジサイトにデプロイできないため、Block Storage ボリュームサービスをアクティブ/アクティブモードでデプロイして、このサービスの HA を確保する必要があります。dcn-storage.yaml heat テンプレートは、この設定を実行します。ただし、このサービスは手動で保守する必要があります。ストレージを必要とするエッジサイトでの Block Storage ボリュームサービスのメンテナンスについて、詳しくは エッジサイトでの Block Storage ボリュームサービスのメンテナンスコマンド を参照してください。

重要

ストレージを必要とするエッジサイトで複数のストレージバックエンドを使用する場合は、すべてのバックエンドがアクティブ/アクティブモードをサポートする必要があります。これは、アクティブ/アクティブモードをサポートしていないバックエンドにデータを保存すると、データが失われる危険があるためです。

2.2.1. エッジサイトの Block Storage ボリュームサービスのメンテナンスコマンド

ストレージを必要とするエッジサイトに Block Storage ボリュームサービス (cinder-volume) をアクティブ/アクティブモードでデプロイした後は、次のコマンドを使用してクラスターとそのサービスを管理できます。

注記

これらのコマンドには、3.17 以降の Block Storage (cinder) REST API マイクロバージョンが必要です。

ユーザーのアクション

コマンド

クラスター名、ホスト、ゾーン、ステータス、状態、無効にした理由、およびバックエンドの状態などの情報を含む、サービスのリストを表示する。

注記

Red Hat Ceph Storage バックエンドのデフォルトのクラスター名は tripleo@tripleo_ceph です。

cinder service-list

個別サービスではなく、クラスター全体についての詳細および概要情報を表示する。

cinder cluster-list

特定クラスターについての詳細情報を表示する。

cinder cluster-show <clustered_service>

  • <clustered_service> を、クラスター化されたサービスの名前に置き換えます。

無効にしたサービスを有効にする。

cinder cluster-enable <clustered_service>

クラスター化したサービスを無効にする。

cinder cluster-disable <clustered_service>

2.2.2. ボリュームの管理と管理解除

管理解除および管理のメカニズムにより、バージョン X を使用するあるサービスからバージョン X+1 を使用する別のサービスに、ボリュームを容易に移行することができます。このプロセス中、どちらのサービスも稼働を続けます。

API バージョン 3.17 以降では、Block Storage クラスター内の管理に使用できるボリュームおよびスナップショットのリストを確認することができます。これらのリストを表示するには、cinder manageable-list または cinder snapshot-manageable-list--cluster 引数を使用します。

API バージョン 3.16 以降では、cinder manage コマンドにもオプションの --cluster 引数を指定できるので、以前に管理解除したボリュームを Block Storage クラスターに追加することができます。

2.2.3. クラスター化したサービスでのボリュームの移行

API バージョン 3.16 以降を使用すると、cinder migrate および cinder-manage コマンドに --cluster 引数を指定して、アクティブ/アクティブデプロイメントのデプロイ先を定義することができます。

Block Storage クラスター化サービスのボリュームを移行する場合、オプションの --cluster 引数を渡し、位置に関する host 引数を省略します。これは、引数が互いに排他的であるためです。

2.2.4. Block Storage サービスのメンテナンスの開始

すべての Block Storage ボリュームサービスは、起動時に独自のメンテナンスを実行します。複数のボリュームサービスがクラスターにグループ化されている環境では、現在実行されていないサービスをクリーンアップすることができます。

コマンド work-cleanup により、サーバーのクリーンアップがトリガーされます。このコマンドは以下の出力を返します。

  • コマンドでクリーンアップすることのできるサービスのリスト
  • 現在クラスター内で実行されていないため、コマンドでクリーンアップすることのできないサービスのリスト
注記

work-cleanup コマンドは、API バージョン 3.24 以降を実行しているサーバーでのみ機能します。

前提条件

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、クラスターのすべてのサービスが実行中かどうかを確認します。

    $ cinder cluster-list --detailed

    あるいは、cluster show コマンドを実行します。

  2. いずれかのサービスが実行されていない場合は、以下のコマンドを実行してそのサービスを特定します。

    $ cinder service-list
  3. 以下のコマンドを実行してサーバーのクリーンアップを開始します。

    $ cinder work-cleanup [--cluster <cluster-name>] [--host <hostname>] [--binary <binary>] [--is-up <True|true|False|false>] [--disabled <True|true|False|false>] [--resource-id <resource-id>] [--resource-type <Volume|Snapshot>]
    注記

    --cluster--host--binary 等のフィルターで、コマンドでクリーンアップする対象を定義します。特定のリソースを含め、クラスター名、ホスト名、サービスの種別、およびリソースの種別で絞り込むことができます。フィルターを適用しない場合、コマンドはクリーンアップ可能なすべてを対象に処理を試みます。

    クラスター名で絞り込む例を以下に示します。

    $ cinder work-cleanup --cluster tripleo@tripleo_ceph
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.