検索

2.6. Block Storage サービス (cinder) の Quality-of-Service

download PDF

複数のパフォーマンス設定を単一の Quality-of-Service の仕様 (QoS スペック) にマッピングすることができます。これにより、ユーザータイプ別のパフォーマンス階層を提供することができます。

パフォーマンス設定はキーと値のペアとして QoS スペックにマッピングされます。これは、ボリュームの設定がボリューム種別に関連付けられる方法と似ています。ただし、QoS スペックの場合は以下の面でボリューム種別の場合とは異なります。

  • QoS スペックは、ディスクの読み取り/書き込み操作を制限するなどのパフォーマンス設定を適用するのに使用されます。利用可能かつサポートされているパフォーマンス設定はストレージドライバーによって異なります。

    バックエンドがサポートしている QoS スペックを確認するには、そのバックエンドデバイスのボリュームドライバーのマニュアルを参照してください。

  • QoS スペックとは異なり、ボリューム種別はボリュームに直接適用されます。QoS スペックは、ボリューム種別に関連付けられます。また、ボリュームの作成時にボリューム種別を指定すると、そのボリューム種別に関連付けられた QoS スペックにマッピングされたパフォーマンス設定も適用されます。

ボリュームの基本 QoS 値を使用して、ボリュームごとにボリュームのパフォーマンス制限を定義することができます。Block Storage サービスでは、以下のオプションがサポートされます。

  • read_iops_sec
  • write_iops_sec
  • total_iops_sec
  • read_bytes_sec
  • write_bytes_sec
  • total_bytes_sec
  • read_iops_sec_max
  • write_iops_sec_max
  • total_iops_sec_max
  • read_bytes_sec_max
  • write_bytes_sec_max
  • total_bytes_sec_max
  • size_iops_sec

2.6.1. Quality-of-Service 仕様の作成および設定

管理者は、QoS スペックの表で QoS スペックの作成および設定を行うことができます。同じ QoS スペックには、複数のキー/値のペアを関連付けることができます。

前提条件

手順

  1. Dashboard に管理ユーザーとしてログインして 管理 > ボリューム > ボリューム種別 を選択します。
  2. QoS スペック の表で QoS スペックの作成 をクリックします。
  3. QoS スペック の名前を入力します。
  4. 使用者 フィールドで、QoS ポリシーを適用する対象を指定します。

    表2.1 使用者の種別
    説明

    back-end

    QoS ポリシーが Block Storage バックエンドに適用されます。

    front-end

    QoS ポリシーが Compute に適用されます。

    both

    QoS ポリシーが Block Storage と Compute の両方に適用されます。

  5. Create をクリックします。新規 QoS スペックが QoS スペック の表に表示されるはずです。
  6. QoS スペック の表で、新規スペックの スペックの管理 アクションを選択します。
  7. 作成 をクリックして キー を指定します。キーと値のペアは有効である必要があります。有効でない場合には、ボリュームの作成時に、この QoS スペックに関連付けられたボリューム種別を指定するとエラーが発生してしまいます。

    たとえば、読み取りの IOPS 上限を 500 に設定するには、以下のキー/値のペアを使用します。

    read_iops_sec=500
  8. Create をクリックします。関連付けられた設定 (キー/値のペア) が キーと値のペア の表に表示されます。

2.6.2. 容量ベースの Quality-of-Service 上限の設定

ボリュームの種別を使用して、容量ベースの Quality-of-Service (QoS) 上限をボリュームに実装することができます。これにより、プロビジョニングされるボリュームのサイズに基づいて、確定的な IOPS スループットを設定することができます。このように設定すると、ストレージリソースがユーザーにプロビジョニングされる方法が簡素化され、プロビジョニングされるボリュームのサイズに基づいて、事前に決定された (最終的には高度に予測可能な) スループット速度が提供されます。

特に、Block Storage サービスでは、実際にプロビジョニングされるサイズに基づいてボリュームに割り当てる IOPS を設定することができます。このスループットは、以下の QoS キーを使用して、1 GB あたりの IOPS で設定されます。

read_iops_sec_per_gb
write_iops_sec_per_gb
total_iops_sec_per_gb

これらのキーにより、プロビジョニングされるボリュームのサイズに応じてスケーリングするための読み取り、書き込み、IOPS 合計を設定することができます。たとえば、ボリューム種別に read_iops_sec_per_gb=500 を指定した場合には、プロビジョニングされる 3 GB のボリュームには、読み取り IOPS が 1500 に自動設定されます。

容量ベースの QoS 上限はボリューム種別ごとに設定され、通常の QoS スペックと同様に設定されます。また、これらの上限は配下の Block Storage サービスにより直接サポートされており、特定のドライバーに依存しません。

ボリューム種別に関する詳しい情報は、「ボリューム種別によるボリューム設定のグループ化」および「ボリューム種別の作成および設定」を参照してください。QoS スペックの設定方法については、「Block Storage サービス (cinder) の Quality-of-Service」を参照してください。

警告

容量ベースの QoS 上限を使用して、接続済みのボリュームにボリューム種別を適用した場合 (またはボリューム種別を変更した場合) には、上限は適用されません。この上限は、そのボリュームをインスタンスから接続解除した後にのみ適用されます。

ボリューム種別の変更に関する情報は、「Block Storage のボリューム種別の変更」を参照してください。

2.6.3. Quality-of-Service 仕様とボリューム種別の関連付け

管理者は、ボリューム種別 の表で QoS スペックを既存のボリューム種別に関連付ける事ができます。

前提条件

手順

  1. Dashboard に管理者としてログインして 管理 > ボリューム > ボリューム種別 を選択します。
  2. ボリューム種別 の表で、その種別の QoS スペックの関連付けの管理 のアクションを選択します。
  3. 関連付ける QoS スペック のリストから QoS スペックを選択します。既存のボリューム種別から QoS 仕様の関連付けを解除するには、None を選択します。
  4. 割り当て をクリックします。選択した QoS スペックが、編集したボリューム種別の Associated QOS Spec のコラムに表示されるようになります。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.