検索

6.11. Shared File Systems サービスのデフォルトクォータの変更

download PDF

気付かぬままにシステムリソースをすべて消費してしまうのを防ぐために、クラウド管理者はクォータを設定することができます。クォータとは、運用上の制限です。Shared File Systems サービス (manila) は、デフォルトでいくつかの実質的な制限を強制します。これらの制限はデフォルトクォータと呼ばれます。クラウド管理者はデフォルトのクォータを上書きし、個々のプロジェクトに異なる消費制限を設定することができます。

6.11.1. Shared File Systems サービスのリソース制限のリスト表示

クラウドユーザーは、現在のリソース制限をリスト表示できます。これは、ワークロードのプランニングや、リソース消費に基づくアクションの準備に役立ちます。

手順

  • プロジェクトのリソース制限および現在のリソース消費をリスト表示します。

    $ manila absolute-limits
    +------------------------------+-------+
    | Name                         | Value |
    +------------------------------+-------+
    | maxTotalReplicaGigabytes     | 1000  |
    | maxTotalShareGigabytes       | 1000  |
    | maxTotalShareGroupSnapshots  | 50    |
    | maxTotalShareGroups          | 49    |
    | maxTotalShareNetworks        | 10    |
    | maxTotalShareReplicas        | 100   |
    | maxTotalShareSnapshots       | 50    |
    | maxTotalShares               | 50    |
    | maxTotalSnapshotGigabytes    | 1000  |
    | totalReplicaGigabytesUsed    | 22    |
    | totalShareGigabytesUsed      | 25    |
    | totalShareGroupSnapshotsUsed | 0     |
    | totalShareGroupsUsed         | 9     |
    | totalShareNetworksUsed       | 2     |
    | totalShareReplicasUsed       | 9     |
    | totalShareSnapshotsUsed      | 4     |
    | totalSharesUsed              | 12    |
    | totalSnapshotGigabytesUsed   | 4     |
    +------------------------------+-------+

6.11.2. プロジェクト、ユーザー、および共有種別のクォータの更新

クラウド管理者は、manila quote-show コマンドを使用して、プロジェクトまたはユーザーのクォータをリスト表示できます。

プロジェクトのすべてのユーザーもしくは特定のプロジェクトユーザー、またはプロジェクトユーザーが使用する共有種別のクォータを更新することができます。選択したターゲットについて、以下のクォータを更新できます。

  • shares: 作成可能なファイル共有の数
  • snapshots: 作成可能なスナップショットの数
  • gigabytes: 全ファイル共有に割り当てることができる総容量 (GB)
  • snapshot-gigabytes: ファイル共有のすべてのスナップショットに割り当て可能な合計サイズ (GB)
  • share-networks: 作成可能な共有ネットワークの合計数
  • share_groups: 作成可能な共有グループの合計数
  • share_group_snapshots: 作成可能な共有グループスナップショットの合計数
  • share-replicas: 作成可能な共有レプリカの合計数
  • replica-gigabytes: すべての共有レプリカに割り当てることのできる合計サイズ (GB)。
注記

share-type のクォータは、プロジェクトレベルでのみ指定することができます。特定のプロジェクトユーザーに share-type のクォータを設定することはできません。

重要

以下の手順では、値を慎重に入力してください。Shared File Systems サービスは、誤った値を検出したり報告したりしません。

手順

  1. 以下のコマンドを使用してクォータを表示することができます。--user オプションを含めると、指定したプロジェクトの特定ユーザーのクォータを表示できます。--user オプションを指定しないと、指定したプロジェクトのすべてのユーザーに適用されるクォータを表示できます。

    同様に、オプションの --share-type を指定すると、プロジェクトに関連する特定の共有種別のクォータを表示することができます。--user オプションおよび --share-type オプションは相互排他的です。

    $ manila quota-show
    • プロジェクトの例:

      $ manila quota-show --project af2838436f3f4cf6896399dd97c4c050
      +-----------------------+----------------------------------+
      | Property              | Value                            |
      +-----------------------+----------------------------------+
      | gigabytes             | 1000                             |
      | id                    | af2838436f3f4cf6896399dd97c4c050 |
      | replica_gigabytes     | 1000                             |
      | share_group_snapshots | 50                               |
      | share_groups          | 49                               |
      | share_networks        | 10                               |
      | share_replicas        | 100                              |
      | shares                | 50                               |
      | snapshot_gigabytes    | 1000                             |
      | snapshots             | 50                               |
      +-----------------------+----------------------------------+
    • プロジェクトユーザーの例:

      $ manila quota-show --project af2838436f3f4cf6896399dd97c4c050 --user 81ebb491dd0e4c2aae0775dd564e76d1
      +-----------------------+----------------------------------+
      | Property              | Value                            |
      +-----------------------+----------------------------------+
      | gigabytes             | 500                              |
      | id                    | af2838436f3f4cf6896399dd97c4c050 |
      | replica_gigabytes     | 1000                             |
      | share_group_snapshots | 50                               |
      | share_groups          | 49                               |
      | share_networks        | 10                               |
      | share_replicas        | 100                              |
      | shares                | 25                               |
      | snapshot_gigabytes    | 1000                             |
      | snapshots             | 50                               |
      +-----------------------+----------------------------------+
    • 特定の共有種別のプロジェクトの例:

      $ manila quota-show --project af2838436f3f4cf6896399dd97c4c050 --share-type dhss_false
      +---------------------+----------------------------------+
      | Property            | Value                            |
      +---------------------+----------------------------------+
      | gigabytes           | 1000                             |
      | id                  | af2838436f3f4cf6896399dd97c4c050 |
      | replica_gigabytes   | 1000                             |
      | share_replicas      | 100                              |
      | shares              | 15                               |
      | snapshot_gigabytes  | 1000                             |
      | snapshots           | 50                               |
      +---------------------+----------------------------------+
  2. manila quota-update コマンドを使用してクォータを更新します。すべてのプロジェクトユーザー、特定のプロジェクトユーザー、またはプロジェクトの共有種別のクォータを更新できます。

    • プロジェクトのすべてのユーザーについてクォータを更新します。

      $ manila quota-update <id> [--shares <share_quota> --gigabytes <share_gigabytes_quota> …]

      <id> をプロジェクト ID に置き換えます。

    • プロジェクト内の特定ユーザーのクォータを更新します。

      $  manila quota-update <id> --user <user_id> [--shares <new_share_quota> --gigabytes <new_share_gigabytes_quota> …]
      • <id> をプロジェクト ID に置き換えます。この値はプロジェクト名ではなく、プロジェクト ID である必要があります。
      • <user_id> をユーザー ID に置き換えます。値はユーザー名ではなく、ユーザー ID である必要があります。
    • 特定の共有種別を使用するすべてのユーザーについてクォータを更新します。

      $ manila quota-update <id> --share-type <share_type> [--shares <new_share_quota>30 --gigabytes <new-share_gigabytes_quota> …]
      • <id> をプロジェクト ID に置き換えます。この値はプロジェクト名ではなく、プロジェクト ID である必要があります。
      • <share_type> を、クォータを適用する共有種別の名前または ID に置き換えてください。

検証

  • quota-update コマンドは出力を生成しません。quota-show コマンドを使用して、クォータが正常に更新されたことを確認します。

6.11.3. Shared File Systems サービスのクォータのリセット

クォータのオーバーライドを削除して、クォータをデフォルト値に戻すことができます。ターゲットエンティティーは、オーバーライドのないすべてのプロジェクトに適用されるデフォルトのクォータによって制限されます。

手順

  • manila quota-delete コマンドを使用して、クォータをデフォルト値に戻します。すべてのプロジェクトユーザー、特定のプロジェクトユーザー、またはプロジェクトの共有種別について、クォータをデフォルト値に戻すことができます。

    • プロジェクトクォータをリセットします。

      $ manila quota-delete --project <id>

      <id> をプロジェクト ID に置き換えます。この値はプロジェクト名ではなく、プロジェクト ID である必要があります。

    • 特定ユーザーのクォータをリセットします。

      $ manila quota-delete --project <id> --user <user_id>
      • <id> をプロジェクト ID に置き換えます。この値はプロジェクト名ではなく、プロジェクト ID である必要があります。
      • <user_id> をユーザー ID に置き換えます。値はユーザー名ではなく、ユーザー ID である必要があります。
    • プロジェクトユーザーが使用する共有種別のクォータをリセットします。

      $ manila quota-delete --project <id> --share-type <share_type>
      • <id> をプロジェクト ID に置き換えます。この値はプロジェクト名ではなく、プロジェクト ID である必要があります。
      • <share_type> を、クォータをリセットする必要がある共有種別の名前または ID に置き換えてください。

検証

  1. quota-delete コマンドは出力を生成しません。quota-show コマンドを使用して、クォータが正常にリセットされたかどうかを確認します。
  2. すべてのプロジェクトのデフォルトクォータをリスト表示します。デフォルトクォータは、オーバーライドのないプロジェクトに適用されます。

    $ manila quota-class-show default

6.11.4. Shared File Systems サービスのデフォルトクォータの更新

クラウド管理者は、まだクォータのオーバーライドがないすべてのプロジェクトに適用されるデフォルトのクォータを更新できます。

手順

  1. manila quota-class-update コマンドの使用状況のステートメントを表示します。

    $ manila help quota-class-update
    usage: manila quota-class-update [--shares <shares>] [--snapshots <snapshots>]
                                     [--gigabytes <gigabytes>]
                                     [--snapshot-gigabytes <snapshot_gigabytes>]
                                     [--share-networks <share_networks>]
                                     [--share-replicas <share_replicas>]
                                     [--replica-gigabytes <replica_gigabytes>]
                                     <class_name>
    注記

    パラメーター <class_name> は位置引数です。クォータが設定されるクォータクラスを特定します。このパラメーターの値を default に設定します。他のクォータクラスはサポートされません。

    以下のオプションパラメーターの値をすべて更新できます。

    • --shares <shares>: shares クォータの新しい値を追加します。
    • --snapshots <snapshots>: snapshots クォータの新しい値を追加します。
    • --gigabytes <gigabytes>: gigabytes クォータの新しい値を追加します。
    • --snapshot-gigabytes <snapshot_gigabytes> または --snapshot_gigabytes <snapshot_gigabytes>: snapshot_gigabytes クォータの新しい値を追加します。
    • --share-networks <share_networks> または --share_networks <share_networks>: share_networks クォータの新しい値を追加します。
    • --share-replicas <share_replicas>--share_replicas <share_replicas>、または --replicas <share_replicas>: share_replicas クォータの新しい値を追加します。
    • --replica-gigabytes <replica_gigabytes> または --replica_gigabytes <replica_gigabytes>: replica_gigabytes クォータの新しい値を追加します。
  2. 使用状況のステートメントからの情報を使用して、デフォルトのクォータを更新します。以下の例では、ファイル shares および gigabytes のデフォルトクォータを更新しています。

    $ manila quota-class-update default --shares 30 --gigabytes 512
    $ manila quota-class-show default
    +-----------------------+---------+
    | Property              | Value   |
    +-----------------------+---------+
    | gigabytes             | 512     |
    | id                    | default |
    | replica_gigabytes     | 1000    |
    | share_group_snapshots | 50      |
    | share_groups          | 50      |
    | share_networks        | 10      |
    | share_replicas        | 100     |
    | shares                | 30      |
    | snapshot_gigabytes    | 1000    |
    | snapshots             | 50      |
    +-----------------------+---------+
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.