検索

4.4. バックエンド間でのボリュームの移動

download PDF

ボリュームをあるストレージバックエンドから別のストレージバックエンドに移動する理由には、以下のような理由があります。

  • サポートされなくなったストレージシステムの使用を停止するため。
  • ボリュームのストレージクラスまたは階層を変更するため。
  • ボリュームのアベイラビリティーゾーンを変更するため。

Block Storage サービス (cinder) を使用すると、以下の方法でバックエンド間でボリュームを移動することができます。

  • 種別の変更: デフォルトのポリシーにより、ボリュームの所有者と管理者はボリューム種別を変更することができます。種別変更の操作は、バックエンド間でボリュームを移動する最も一般的な方法です。
  • 移行: デフォルトのポリシーでは、管理者のみがボリュームを移行することができます。ボリュームの移行は特定のユースケース用に制限されます。これは、移行に制約があるため、またデプロイメントの動作について明確に理解する必要があるためです。詳細は、「CLI を使用したバックエンド間でのボリュームの移行」 を参照してください。

制約

Red Hat は、同一または異なるアベイラビリティーゾーン (AZ) にあるバックエンド間のボリュームの移動をサポートしますが、以下の制約があります。

  • 移行するボリュームは、利用可能な状態または使用中の状態のいずれかでなければなりません。
  • 使用中のボリュームのサポートはドライバーに依存します。
  • ボリュームにはスナップショットを含めることができません。
  • ボリュームは、グループまたは整合性グループに所属させることはできません。

4.4.1. 利用可能なボリュームの移動

すべてのバックエンド間で利用可能なボリュームを移動できますが、パフォーマンスは使用するバックエンドにより異なります。多くのバックエンドは、アシスト付き移行をサポートします。バックエンドのアシスト付き移行のサポートについての詳細は、ベンダーにお問い合わせください。

アシスト付き移行は、ボリューム種別変更およびボリュームの移行の両方で機能します。アシスト付き移行により、バックエンドはソースバックエンドから移行先バックエンドへのデータの移動を最適化しますが、両方のバックエンドが同じベンダーから取得されている必要があります。

注記

Red Hat は、マルチプールバックエンドを使用する場合、または RBD などのシングルプールバックエンドに cinder の移行操作を使用する場合のみ、バックエンドアシスト付き移行をサポートしています。

バックエンド間のアシスト付き移行ができない場合には、Block Storage サービスは通常のボリューム移行を実行します。

通常のボリューム移行では、Block Storage (cinder) サービスが移行元ボリュームからコントローラーノードに、およびコントローラーノードから移行先ボリュームにデータを移動する前に、両方のバックエンド上のボリュームを接続する必要があります。Block Storage サービスは、ソースおよび宛先のバックエンドのストレージの種類に関わらず、プロセスをシームレスに実行します。

重要

通常のボリューム移行を実行する前に、十分な帯域幅を確保してください。通常のボリューム移行にかかる時間は、ボリュームのサイズと直接比例するため、操作はアシスト付き移行よりも遅くなります。

4.4.2. 使用中のボリュームの移動

使用中のボリュームを移動する場合、最適化のオプションまたはアシスト付きのオプションはありません。使用中のボリュームを移行する場合には、Compute サービス (nova) がハイパーバイザーを使用して、移行元バックエンドのボリュームから移行先バックエンドのボリュームにデータを転送する必要があります。これには、ボリュームが使用されているインスタンスを実行するハイパーバイザーとの連携が必要です。

Block Storage サービス (cinder) と Compute サービスは、連携してこの操作を実施します。データが Compute ノードを介してあるボリュームから別のボリュームにコピーされるため、Compute サービスがほとんどの作業を管理します。

重要

使用中のボリュームを移動する前に、十分な帯域幅を確保してください。この操作にかかる時間は、ボリュームのサイズと直接比例するため、操作はアシスト付き移行よりも遅くなります。

制約

  • 使用中のマルチ接続ボリュームは、複数の nova インスタンスに接続している間は移動できません。
  • ターゲットバックエンドのストレージプロトコルを iSCSI、ファイバーチャネル (FC)、および RBD に制限する、非ブロックデバイスはサポートされません。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.