検索

5.4. Object Storage ノードの削除

download PDF

Object Storage (swift) ノードを削除する方法は 2 つあります。クラスターの複雑さや、そこに含まれるデータの量に応じて、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • 単純な削除: この方法は 1 つのアクションでノードを削除し、データの量が少なく効率的に動作しているクラスターに適しています。1 つのアクションでの Object Storage ノードの削除 を参照してください。
  • 段階的削除: 削除するノード上のディスクの重みを減らすようにリングを変更します。この方法は、ストレージネットワークの使用への影響を最小限に抑える場合、またはクラスターに大量のデータが含まれる場合に適しています。リング変更による Object Storage ノードの段階的な削除 を参照してください。

5.4.1. 1 つのアクションでの Object Storage ノードの削除

データの量が少なく効率的に動作しているクラスターのノードを削除するには、この方法を使用します。以下に示す手順の例では、4 つのノードを 3 つに減らしています。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインし、stackrc 認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  2. ObjectStorageCount パラメーターを使用して、Object Storage のカズを 1 減らします。このパラメーターは、通常ノード数を指定する環境ファイルの node-info.yaml に含まれています。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageCount: 3
  3. node-info.yaml ファイルの ObjectStorageIPs パラメーターから削除したノードの IP アドレスを削除します。

    ObjectStorageIPs: <ip_address>
  4. 環境ファイル (例: remove-object-node.yaml) を作成します。このファイルは、指定したオブジェクトストレージノードを特定し、削除します。以下のコンテンツ例では overcloud-objectstorage-1 の削除を指定しています。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageRemovalPolicies:
        [{'resource_list': ['1']}]
  5. デプロイメントコマンドに node-info.yaml ファイルと remove-object-node.yaml ファイルの両方を含めます。

    $ openstack overcloud deploy \
    --templates \
    …
    -e <existing_overcloud_environment_files> \
    -e node-info.yaml \
    -e remove-object-node.yaml \
    …

    director は、オーバークラウドからオブジェクトストレージノードを削除して、オーバークラウド上の残りのノードを更新し、ノードの削除に対応します。

  6. アクティブなノードをリスト表示し、正しいノードが削除されたことを確認します。

    $ openstack server list
  7. アンダークラウドノードで remove-object-node.yaml ファイルを削除して、今後の再デプロイに含まれないようにします。

    $ rm <file_path>/remove-object-node.yaml

5.4.2. リング変更による Object Storage ノードの段階的な削除

ノードを削除する際にストレージネットワークへの影響を最小限に抑える必要がある場合、またはクラスターに大量のデータが含まれる場合は、この方法を使用します。ストレージのリングを変更して、削除するノード上のディスクの重みを減らすには、まず前提条件に記載されている手順を行います。以下の例では、ノードを 4 つから 3 つに減らします。

前提条件

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインし、stackrc 認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  2. ObjectStorageCount パラメーターを使用して、Object Storage のカズを 1 減らします。このパラメーターは、通常ノード数を指定する環境ファイルの node-info.yaml に含まれています。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageCount: 3
  3. node-info.yaml ファイルの ObjectStorageIPs パラメーターから削除したノードの IP アドレスを削除します。

    ObjectStorageIPs: <ip_address>
  4. 環境ファイル (例: remove-object-node.yaml) を作成します。このファイルは、指定したオブジェクトストレージノードを特定し、削除します。以下のコンテンツ例では overcloud-objectstorage-1 の削除を指定しています。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageRemovalPolicies:
        [{'resource_list': ['1']}]
  5. デプロイメントコマンドに node-info.yaml ファイルと remove-object-node.yaml ファイルの両方を含めます。

    $ openstack overcloud deploy \
    --templates \
    …
    -e <existing_overcloud_environment_files> \
    -e node-info.yaml \
    -e remove-object-node.yaml \
    …

    director は、オーバークラウドからオブジェクトストレージノードを削除して、オーバークラウド上の残りのノードを更新し、ノードの削除に対応します。

  6. アクティブなノードをリスト表示し、正しいノードが削除されたことを確認します。

    $ openstack server list
  7. アンダークラウドノードで remove-object-node.yaml ファイルを削除して、今後の再デプロイに含まれないようにします。

    $ rm <file_path>/remove-object-node.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.