検索

2.4. Block Storage サービス (cinder) の内部プロジェクトの作成および設定

download PDF

Block Storage 機能の一部 (例: Image-Volume キャッシュ) では、内部テナント の設定を必要とします。Block Storage サービスは、このテナント/プロジェクトを使用して、通常のユーザーに公開する必要のないブロックストレージアイテムを管理します。このようなアイテムの例として、ボリュームの頻繁なクローン作成のためにキャッシュされたイメージや、移行中のボリュームの一時コピーなどが挙げられます。

前提条件

手順

  1. 内部プロジェクトを設定するには、まず cinder-internal という名前の一般プロジェクトとユーザーを作成します。そのためには、コントローラーノードにログインして以下のコマンドを実行します。
# openstack project create --enable --description "Block Storage Internal Project" cinder-internal
    +-------------+----------------------------------+
    |   Property  |              Value               |
    +-------------+----------------------------------+
    | description |  Block Storage Internal Tenant   |
    |   enabled   |               True               |
    |      id     | cb91e1fe446a45628bb2b139d7dccaef |
    |     name    |         cinder-internal          |
    +-------------+----------------------------------+
# openstack user create --project cinder-internal cinder-internal
    +----------+----------------------------------+
    | Property |              Value               |
    +----------+----------------------------------+
    |  email   |               None               |
    | enabled  |               True               |
    |    id    | 84e9672c64f041d6bfa7a930f558d946 |
    |   name   |         cinder-internal          |
    |project_id| cb91e1fe446a45628bb2b139d7dccaef |
    | username |         cinder-internal          |
    +----------+----------------------------------+

新たな設定オプションを追加する手順により、内部プロジェクトが作成されます。詳細は、「image-volume キャッシュの設定」 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.