検索

2.8. Block Storage ボリュームのバックエンド用のアベイラビリティーゾーンのデプロイ

download PDF

アベイラビリティーゾーンは、クラウドインスタンスおよびサービスをグループ化するためのプロバイダー固有の方法です。director は CinderXXXAvailabilityZone パラメーターを使用して、Block Storage ボリュームのバックエンドごとに異なるアベイラビリティーゾーンを設定します (XXX は特定のバックエンドに対応する値です)。

前提条件

手順

  1. 以下のパラメーターを環境ファイルに追加して、2 つのアベイラビリティーゾーンを作成します。

    parameter_defaults:
     CinderXXXAvailabilityZone: zone1
     CinderYYYAvailabilityZone: zone2

    以下に示す例のように、XXX および YYY を、サポートされるバックエンドの値に置き換えます。

    CinderISCSIAvailabilityZone
    CinderNfsAvailabilityZone
    CinderRbdAvailabilityZone
    注記

    /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/cinder/ ディレクトリーでバックエンドに関連付けられた heat テンプレートを探し、正しいバックエンドの値を確認してください。

    2 つのバックエンドをデプロイする例を以下に示します。ここでは、rbd がゾーン 1 で iSCSI がゾーン 2 です。

    parameter_defaults:
     CinderRbdAvailabilityZone: zone1
     CinderISCSIAvailabilityZone: zone2
  2. 更新された環境ファイルを追加して、オーバークラウドをデプロイします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.