検索

9.2. リバースルックアップゾーンの作成

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) DNS サービス (designate) を適切に設定するには、リバースルックアップゾーンが必要です。リバースルックアップゾーンには、アドレスから名前の検索を実行するために必要な PTR レコードが含まれます。次の規則に従ってリバースルックアップゾーンに名前を付ける必要があります。IPv4 アドレスの場合は <backward_IP_address>.in-addr.arpa、IPv6 アドレスの場合は <backward_IP_address>.ip6.arpa

通常、RHOSP デプロイメントのゾーンをお使いのサブネットプランに合わせます。たとえば、外部ネットワーク用に /24 サブネットがある場合、PTR レコードを格納する /24 サブネットリバースルックアップゾーンを作成します。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. openstack zone create コマンドを使用し、次の必須の引数を指定して、リバースルックアップゾーンを作成します。

    --email <email_address>
    ゾーンの責任者 (所有者) の有効な電子メールアドレス。
    <name>

    次の規則に準拠するリバースルックアップゾーンの名前: IPv4 アドレスの場合は <backward_IP_address>.in-addr.arpa、IPv6 アドレスの場合は <backward_IP_address>.ip6.arpa

    この例では、リバースルックアップゾーンは、198.51.100.42 アドレスの 1 つの PTR レコード用に設計されています。

    $ openstack zone create --email admin@example.com \
      42.100.51.198.in-addr.arpa.

    出力例

    +----------------+------------------------------------------+
    | Field          | Value                                    |
    +----------------+------------------------------------------+
    | action         | CREATE                                   |
    | attributes     |                                          |
    | created_at     | 2022-02-02T17:32:47.000000               |
    | description    | None                                     |
    | email          | admin@example.com                        |
    | id             | f5546034-b27e-4326-bf9d-c53ed879f7fa     |
    | masters        |                                          |
    | name           | 42.100.51.198.in-addr.arpa.              |
    | pool_id        | 794ccc2c-d751-44fe-b57f-8894c9f5c842     |
    | project_id     | 123d51544df443e790b8e95cce52c285         |
    | serial         | 1591119166                               |
    | status         | PENDING                                  |
    | transferred_at | None                                     |
    | ttl            | 3600                                     |
    | type           | PRIMARY                                  |
    | updated_at     | None                                     |
    | version        | 1                                        |
    +----------------+------------------------------------------+

    別の例は 198.51.100.0/24 サブネット用のリバースゾーンで、ゾーンを作成します。

    $ openstack zone create --email admin@example.com \
      100.51.198.in-addr.arpa.

    出力例

    +----------------+------------------------------------------+
    | Field          | Value                                    |
    +----------------+------------------------------------------+
    | action         | CREATE                                   |
    | attributes     |                                          |
    | created_at     | 2022-02-02T17:40:23.000000               |
    | description    | None                                     |
    | email          | admin@example.com                        |
    | id             | 5669caad86a04256994cdf755df4d3c1         |
    | masters        |                                          |
    | name           | 100.51.198.in-addr.arpa.                 |
    | pool_id        | 794ccc2c-d751-44fe-b57f-8894c9f5c842     |
    | project_id     | 123d51544df443e790b8e95cce52c285         |
    | serial         | 1739276248                               |
    | status         | PENDING                                  |
    | transferred_at | None                                     |
    | ttl            | 3600                                     |
    | type           | PRIMARY                                  |
    | updated_at     | None                                     |
    | version        | 1                                        |
    +----------------+------------------------------------------+

検証

  1. 作成したリバースルックアップゾーンが存在することを確認します。

    $ openstack zone list -c id -c name -c status

    出力例

    +--------------------------------------+-----------------------------+--------+
    | id                                   | name                        | status |
    +--------------------------------------+-----------------------------+--------+
    | f5546034-b27e-4326-bf9d-c53ed879f7fa | 42.100.51.198.in-addr.arpa. | ACTIVE |
    +--------------------------------------+-----------------------------+--------+

  2. アドレスから名前へのマッピングを完了するには、フォワードゾーン (IP アドレスを含むゾーン) が存在している必要があります。フォワードゾーンが存在しない場合は、これを作成します。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.