検索

7.5. ゾーンのエクスポート

download PDF

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) DNS サービスからゾーンデータをエクスポートする場合、DNS サービスがデフォルトで内部に保存するゾーンエクスポートリソースを作成します。例:designate://v2/zones/tasks/exports/e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be/export。ゾーンエクスポートデータリソースを作成したら、そのコンテンツにアクセスできます。ゾーンデータのエクスポートは、RHOSP デプロイメントの DNS 情報を保護するための全体的なバックアップストラテジーの一部です。

前提条件

  • RHOSP プロジェクトは、データのエクスポート元となるゾーンを所有する必要があります。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. ゾーンをエクスポートします。

    $ openstack zone export create example.com.

    出力例

    +------------+--------------------------------------+
    | Field      | Value                                |
    +------------+--------------------------------------+
    | created_at | 2022-02-11T02:01:30.000000           |
    | id         | e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be |
    | location   | None                                 |
    | message    | None                                 |
    | project_id | cf5a8f5cc5834d2dacd1d54cd0a354b7     |
    | status     | PENDING                              |
    | updated_at | None                                 |
    | version    | 1                                    |
    | zone_id    | d8f81db6-937b-4388-bfb3-ba620e6c09fb |
    +------------+--------------------------------------+

    重要

    ゾーンエクスポートリソースを作成した後、DNS サービスは、ゾーンに加えられたその後の変更でリソースを更新し続けます。

  3. ゾーンのエクスポート ID (e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be) を記録します。これは、ゾーンエクスポートの確認と、ゾーンエクスポートデータへのアクセスに使用します。

検証

  1. DNS サービスがゾーンエクスポートリソースを正常に作成したことを確認します。

    $ openstack zone export show e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be

    出力例

    +------------+--------------------------------------------------------------------------------+
    | Field      | Value                                                                          |
    +------------+--------------------------------------------------------------------------------+
    | created_at | 2022-02-11T02:01:30.000000                                                     |
    | id         | e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be                                           |
    | location   | designate://v2/zones/tasks/exports/e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be/export |
    | message    | None                                                                           |
    | project_id | cf5a8f5cc5834d2dacd1d54cd0a354b7                                               |
    | status     | COMPLETE                                                                       |
    | updated_at | 2022-02-11T02:01:30.000000                                                     |
    | version    | 2                                                                              |
    | zone_id    | d8f81db6-937b-4388-bfb3-ba620e6c09fb                                           |
    +------------+--------------------------------------------------------------------------------+

    zone export create コマンドは、DNS サービスがデフォルトで内部に保存するリソースを作成します。

  2. 先ほど取得したゾーンエクスポート ID を使用して、ゾーンエクスポートファイルのコンテンツにアクセスします。

    ヒント

    -f value オプションを使用すると、ゾーンファイルのコンテンツがタブなしで出力されます。コンテンツをローカルテキストファイルにリダイレクトすることもできます。これは、エクスポートされたゾーンファイルをローカルで変更してから、DNS サービスにインポートしてゾーンを更新する場合に便利です。

    $ openstack zone export showfile e75aef2c-b562-4cd9-a426-4a73f6cb82be -f value

    出力例

    $ORIGIN example.com.
    $TTL 3600
    
    example.com.  IN NS ns1.example.com.
    example.com.  IN SOA ns1.example.com. admin.example.com. 1624414033 3583 600 86400 3600
    
    www.example.com.  IN A 192.0.2.2
    www.example.com.  IN A 192.0.2.1

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.