検索

10.3. 利用可能な DNS サービスエンドポイントのリスト表示

download PDF

Red Hat OpenStack Platform DNS サービス (designate) エンドポイントとそのステータスを特定すると、問題のトラブルシューティングに役立ちます。

手順

  1. Source コマンドで認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc

  2. RHOSP サービスエンドポイントをリスト表示します。

    $ openstack endpoint list -c "Service Name" -c Enabled -c URL

    出力例

    +--------------+---------+-------------------------------------------------+
    | Service Name | Enabled | URL                                             |
    +--------------+---------+-------------------------------------------------+
    | swift        | True    | http://198.51.100.61:8080                       |
    | designate    | True    | http://203.0.113.103:9001                       |
    | heat-cfn     | True    | http://192.0.2.137:8000/v1                      |
    | designate    | True    | http://192.0.2.137:9001                         |
    | placement    | True    | http://203.0.113.103:8778/placement             |
    | cinderv3     | True    | http://203.0.113.103:8776/v3/%(tenant_id)s      |
    | heat         | True    | http://203.0.113.103:8004/v1/%(tenant_id)s      |
    | heat-cfn     | True    | http://203.0.113.103:8000/v1                    |
    | nova         | True    | http://203.0.113.103:8774/v2.1                  |
    | heat         | True    | http://192.0.2.137:8004/v1/%(tenant_id)s        |
    | glance       | True    | http://203.0.113.103:9292                       |
    | heat         | True    | http://203.0.113.103:8004/v1/%(tenant_id)s      |
    | glance       | True    | http://203.0.113.103:9292                       |
    | neutron      | True    | http://203.0.113.103:9696                       |
    | nova         | True    | http://192.0.2.137:8774/v2.1                    |
    | cinderv3     | True    | http://192.0.2.137:8776/v3/%(tenant_id)s        |
    | placement    | True    | http://203.0.113.103:8778/placement             |
    | keystone     | True    | http://192.168.24.17:35357                      |
    | neutron      | True    | http://192.0.2.137:9696                         |
    | nova         | True    | http://203.0.113.103:8774/v2.1                  |
    | heat-cfn     | True    | http://203.0.113.103:8000/v1                    |
    | cinderv3     | True    | http://203.0.113.103:8776/v3/%(tenant_id)s      |
    | glance       | True    | http://192.0.2.137:9292                         |
    | placement    | True    | http://192.0.2.137:8778/placement               |
    | swift        | True    | http://198.51.100.61:8080/v1/AUTH_%(tenant_id)s |
    | swift        | True    | http://192.0.2.137:8080/v1/AUTH_%(tenant_id)s   |
    | designate    | True    | http://203.0.113.103:9001                       |
    | keystone     | True    | http://192.0.2.137:5000                         |
    | neutron      | True    | http://203.0.113.103:9696                       |
    | keystone     | True    | http://203.0.113.103:5000                       |
    +--------------+---------+-------------------------------------------------+

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.