検索

15.7. インスタンスの退避

download PDF

インスタンスを障害の発生したコンピュートノードまたはシャットダウンしたコンピュートノードから同じ環境内の新しいホストに移動する場合、インスタンスを退避させることができます。

退避プロセスにより元のインスタンスは破棄され、元のイメージ、インスタンス名、UUID、ネットワークアドレス、およびインスタンスに割り当てられていたその他すべてのリソースを使用して、別のコンピュートノードに元のインスタンスが再ビルドされます。

インスタンスが共有ストレージを使用する場合、インスタンスのルートディスクは退避プロセス中に再ビルドされません。移行先コンピュートノードが引き続きこのディスクにアクセス可能なためです。インスタンスが共有ストレージを使用しない場合は、インスタンスのルートディスクも移行先コンピュートノードに再ビルドされます。

注記
  • コンピュートノードがフェンシングされ、API が報告するコンピュートノードの状態が down または forced-down である場合に限り、退避を行うことができます。コンピュートノードが down または forced-down と報告されない場合、evacuate コマンドは失敗します。
  • クラウド管理者でなければ、退避を行うことはできません。

15.7.1. 単一のインスタンスの退避

インスタンスを一度に 1 つずつ退避させることができます。

手順

  1. インスタンスが実行されていないことを確認します。

    (overcloud)$ openstack server list --host <node> --all-projects
    • <node> をインスタンスをホストするコンピュートノードの名前または UUID に置き換えます。
  2. ホストコンピュートノードのフェンシングまたはシャットダウンを確認します。

    (overcloud)[stack@director ~]$ openstack baremetal node show <node>
    • <node> を退避するインスタンスをホストするコンピュートノードの名前または UUID に置き換えます。退避を実行するには、コンピュートノードのステータスが down または forced-down である必要があります。
  3. コンピュートノードを無効にします。

    (overcloud)[stack@director ~]$ openstack compute service set \
     <node> nova-compute --disable --disable-reason <disable_host_reason>
    • <node> をインスタンスの退避元となるコンピュートノードの名前に置き換えてください。
    • <disable_host_reason> をコンピュートノードを無効にした理由の詳細に置き換えます。
  4. インスタンスを退避させます。

    (overcloud)[stack@director ~]$ nova evacuate [--password <pass>] <instance> [<dest>]
    • オプション: <pass> を、退避されたインスタンスへのアクセスに必要な管理パスワードに置き換えます。パスワードを指定しなかった場合には、無作為に生成され、退避の完了時に出力されます。

      注記

      パスワードは、一時インスタンスディスクがローカルのハイパーバイザーディスクに保存されている場合にのみ変更されます。インスタンスが共有ストレージでホストされる場合、または Block Storage ボリュームが割り当てられている場合はパスワードは変更されず、パスワードが変更されなかったことを通知するエラーメッセージは表示されません。

    • <instance> を退避させるインスタンスの名前または ID に置き換えてください。
    • オプション: <dest> をインスタンスの退避先となるコンピュートノードの名前に置き換えます。退避先コンピュートノードを指定しなかった場合には、Compute スケジューラーがノードを選択します。退避先に指定可能なコンピュートノードを確認するには、以下のコマンドを使用します。

      (overcloud)[stack@director ~]$ openstack hypervisor list
  5. オプション: コンピューティングノードは、復元されたら有効化します。

    (overcloud)[stack@director ~]$ openstack compute service set \
     <node> nova-compute --enable
    • <node> を、有効化するコンピューティングノードの名前に置き換えます。

15.7.2. ホスト上の全インスタンスの退避

指定したコンピュートノード上の全インスタンスを退避させることができます。

手順

  1. 退避させるインスタンスが実行されていないことを確認します。

    (overcloud)$ openstack server list --host <node> --all-projects
    • <node> を、退避するインスタンスをホストするコンピュートノードの名前または UUID に置き換えます。
  2. ホストコンピュートノードのフェンシングまたはシャットダウンを確認します。

    (overcloud)[stack@director ~]$ openstack baremetal node show <node>
    • <node> を、退避するインスタンスをホストするコンピュートノードの名前または UUID に置き換えます。退避を実行するには、コンピュートノードのステータスが down または forced-down である必要があります。
  3. コンピュートノードを無効にします。

    (overcloud)[stack@director ~]$ openstack compute service set \
     <node> nova-compute --disable --disable-reason <disable_host_reason>
    • <node> をインスタンスの退避元となるコンピュートノードの名前に置き換えます。
    • <disable_host_reason> をコンピュートノードを無効にした理由の詳細に置き換えます。
  4. 指定したコンピュートノード上の全インスタンスを退避させます。

    (overcloud)[stack@director ~]$ nova host-evacuate [--target_host <dest>] <node>
    • <dest> をインスタンスの退避先となるコンピュートノードの名前に置き換えます。退避先を指定しなかった場合には、Compute スケジューラーがノードを選択します。退避先に指定可能なコンピュートノードを確認するには、以下のコマンドを使用します。

      (overcloud)[stack@director ~]$ openstack hypervisor list
    • <node> をインスタンスの退避元となるコンピュートノードの名前に置き換えます。
  5. オプション: コンピューティングノードは、復元されたら有効化します。

    (overcloud)[stack@director ~]$ openstack compute service set \
     <node> nova-compute --enable
    • <node> を、有効化するコンピューティングノードの名前に置き換えます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.