検索

15.2. 移行の制約

download PDF

移行の制約は通常、ブロックマイグレーション、設定ディスク、またはいずれかのインスタンスがコンピュートノード上の物理ハードウェアにアクセスする場合に生じます。

CPU に関する制約

移行元および移行先コンピュートノードの CPU アーキテクチャーは、同一であることが必須です。たとえば、Red Hat では、ppc64le CPU から x86_64 CPU へのインスタンスの移行をサポートしません。

異なる CPU モデル間の移行はサポートされていません。CPU ホストパススルーを使用するインスタンス等の場合には、移行元および移行先コンピュートノードの CPU は、完全に同一でなければなりません。すべてのケースで、移行先ノードの CPU 機能は、移行元ノードの CPU 機能の上位セットであることが必須です。

メモリーに関する制約

移行先コンピュートノードでは、十分な RAM が利用可能でなければなりません。メモリーのオーバーサブスクリプションが、移行失敗の原因となる可能性があります。

ブロックマイグレーションに関する制約

インスタンスの使用するディスクがコンピュートノード上にローカルに格納されている場合、その移行には、共有ストレージ (Red Hat Ceph Storage 等) を使用するボリュームベースのインスタンスよりもはるかに長い時間がかかります。このレイテンシーは、OpenStack Compute (nova) がコンピュートノード間でローカルディスクをブロックごとに移行するために発生します。この処理は、デフォルトではコントロールプレーンネットワークを通じて行われます。これとは対照的に、Red Hat Ceph Storage 等の共有ストレージを使用するボリュームベースのインスタンスでは、ボリュームを移行する必要がありません。それぞれのコンピュートノードが、共有ストレージにアクセスできるためです。

注記

大量の RAM を消費するローカルディスクまたはインスタンスの移行により、コントロールプレーンネットワークに輻輳が生じ、コントロールプレーンネットワークを使用する他のシステム (RabbitMQ 等) のパフォーマンスに悪影響を及ぼす場合があります。

読み取り専用ドライブの移行に関する制約

ドライブの移行は、ドライブに読み取りおよび書き込み両方の機能がある場合に限りサポートされます。たとえば、OpenStack Compute (nova) は CD-ROM ドライブまたは読み取り専用のコンフィグドライブを移行することはできません。ただし、OpenStack Compute (nova) は、vfat 等のドライブ形式を持つコンフィグドライブなど、読み取りおよび書き込み両方の機能を持つドライブを移行することができます。

ライブマイグレーションに関する制約

インスタンスのライブマイグレーションでは、さらに制約が生じる場合があります。

重要

ライブマイグレーションは、移動されるワークロードのパフォーマンスに影響を与えます。Red Hat は、ライブマイグレーション中のパケット損失、ネットワーク遅延、メモリー遅延の増加、またはネットワーク帯域幅、メモリー帯域幅、ストレージ IO、または CPU パフォーマンスの低下をサポートしません。

移行中に新しい操作を行うことができない
移行元および移行先ノードのインスタンスのコピー間で状態の整合性を確保するために、RHOSP ではライブマイグレーション中の新規操作を拒否する必要があります。拒否しないと、ライブマイグレーションでメモリーの状態を複製する前にメモリーへの書き込みが行われた場合、ライブマイグレーションに長い時間がかかる状況や、永久に完了しない状況が発生する可能性があります。
NUMA を使用した CPU ピニング
Compute 設定の NovaSchedulerEnabledFilters パラメーターには、AggregateInstanceExtraSpecsFilter および NUMATopologyFilter の値が含まれている必要があります。
マルチセルクラウド
マルチセルクラウドでは、同じセル内の別のホストにインスタンスのライブマイグレーションを行うことができますが、セル全体では移行できません。
フローティングインスタンス
フローティングインスタンスのライブマイグレーションを行う場合、移行先コンピュートノードの NovaComputeCpuSharedSet の設定と移行元コンピュートノードの NovaComputeCpuSharedSet の設定が異なると、移行先コンピュートノードでは、インスタンスは共有の (ピニングされていない) インスタンス用に設定された CPU には割り当てられません。したがって、フローティングインスタンスのライブマイグレーションを行う必要がある場合は、専用の (ピニングされた) インスタンスおよび共有の (ピニングされていない) インスタンスに関して、すべてのコンピュートノードに同じ CPU マッピングを設定する必要があります。あるいは、共有のインスタンスにホストアグリゲートを使用します。
移行先コンピュートノードの容量
移行先コンピュートノードには、移行するインスタンスをホストするのに十分な空き容量が必要です。
SR-IOV ライブマイグレーション
SR-IOV ベースのネットワークインターフェイスを使用するインスタンスは、ライブマイグレーションが可能です。ダイレクトモードの SR-IOV ネットワークインターフェイスを持つインスタンスのライブマイグレーションでは、ネットワークのダウンタイムが発生します。これは、移行時に、ダイレクトモードのインターフェイスの接続を解除し再び接続する必要があるためです。
ML2/OVS デプロイメントでのライブマイグレーション
ライブマイグレーションプロセス中に、移行先ホストで仮想マシンの一時停止が解除されると、メタデータサーバープロキシーがまだ生成されていないため、メタデータサービスが利用できない可能性があります。この利用できない状態は長く続きません。すぐにサービスは利用可能になり、ライブマイグレーションは成功します。
ライブマイグレーションの妨げとなる制約
以下の機能を使用するインスタンスのライブマイグレーションを行うことはできません。
PCI パススルー
QEMU/KVM ハイパーバイザーでは、コンピュートノード上の PCI デバイスをインスタンスにアタッチすることができます。PCI パススルーを使用すると、インスタンスは PCI デバイスに排他的にアクセスすることができ、これらのデバイスがインスタンスのオペレーティングシステムに物理的に接続されているかのように表示され、動作します。ただし、PCI パススルーには物理デバイスへの直接アクセスが必要なため、QEMU/KVM は PCI パススルーを使用するインスタンスのライブマイグレーションをサポートしません。
ポートリソースの要求

最小帯域幅を確保する QoS ポリシーなど、リソース要求が設定されたポートを使用するインスタンスのライブマイグレーションを行うことはできません。ポートにリソース要求があるかどうかを確認するには、以下のコマンドを使用します。

$ openstack port show <port_name/port_id>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.