検索

7.2. Compute スケジューラーサービス用フィルターおよび重みの設定

download PDF

インスタンスを起動するコンピュートノードの初期セットを決定するには、Compute スケジューラーサービス用にフィルターおよび重みを設定する必要があります。

手順

  1. Compute 環境ファイルを開きます。
  2. スケジューラーが使用するフィルターを NovaSchedulerEnabledFilters パラメーターに追加します。以下に例を示します。

    parameter_defaults:
      NovaSchedulerEnabledFilters:
        - AggregateInstanceExtraSpecsFilter
        - ComputeFilter
        - ComputeCapabilitiesFilter
        - ImagePropertiesFilter
  3. 各コンピュートノードの重みを計算するのに使用する属性を指定します。以下に例を示します。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::config::nova_config:
          filter_scheduler/weight_classes:
            value: nova.scheduler.weights.all_weighers

    利用可能な属性についての詳しい情報は、Compute スケジューラーの重みを参照してください。

  4. オプション: 各重み付け関数に適用する重みの乗数を設定します。たとえば、コンピュートノードの利用可能な RAM が他のデフォルトの重み付け関数よりも高い重みを持つように指定し、Compute スケジューラーが、利用可能な RAM が少ないコンピュートノードよりも、利用可能な RAM が多いコンピュートノードを優先するには、以下の設定を使用します。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::config::nova_config:
          filter_scheduler/weight_classes:
            value: nova.scheduler.weights.all_weighers
          filter_scheduler/ram_weight_multiplier:
            value: 2.0
    ヒント

    また、重みの乗数を負の値に設定することもできます。上記の例では、利用可能な RAM が多いコンピュートノードよりも利用可能な RAM が少ないノードを優先するには、ram_weight_multiplier-2.0 に設定します。

  5. 更新内容を Compute 環境ファイルに保存します。
  6. その他の環境ファイルと共に Compute 環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud)$ openstack overcloud deploy --templates \
     -e [your environment files] \
     -e /home/stack/templates/<compute_environment_file>.yaml

関連情報

  • 利用可能な Compute スケジューラーサービスのフィルターリストは、Compute scheduler filters を参照してください。
  • 利用可能な重みの設定オプションリストは、Compute scheduler weights を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.