検索

6.3. 1 つのインスタンスにアタッチすることのできる最大ストレージデバイス数の設定

download PDF

デフォルトでは、1 つのインスタンスにアタッチすることのできるストレージデバイスの数に制限はありません。多数のディスクデバイスをインスタンスにアタッチすると、インスタンスのパフォーマンスが低下する可能性があります。お使いの環境がサポートすることのできる限度に基づいて、インスタンスにアタッチできるデバイスの最大数を調整できます。インスタンスがサポートするストレージディスクの数は、ディスクが使用するバスにより異なります。たとえば、IDE ディスクバスでは、アタッチされるデバイスは 4 つに制限されます。マシン種別が Q35 のインスタンスには、最大 500 のディスクデバイスをアタッチできます。

注記

RHOSP OSP17.0 以降では、Q35 がデフォルトのマシンタイプです。Q35 マシンタイプは PCIe ポートを使用します。heat パラメーター NovaLibvirtNumPciePorts を設定すると、PCIe ポートデバイスの数を管理できます。PCIe ポートに接続できるデバイスの数は、以前のバージョンで実行いているインスタンスよりも少なくなります。より多くのデバイスを使用する場合は、イメージ属性 hw_disk_bus=scsi または hw_scsi_model=virtio-scsi を使用する必要があります。詳細は、仮想ハードウェアのメタデータプロパティー を参照してください。

警告
  • アクティブなインスタンスを持つコンピュートノードで NovaMaxDiskDevicesToAttach パラメーターの値を変更した場合に、すでにインスタンスにアタッチされているデバイスの数よりも最大数が小さいと、再ビルドが失敗する可能性があります。たとえば、インスタンス A に 26 のデバイスがアタッチされている場合に、NovaMaxDiskDevicesToAttach を 20 に変更すると、インスタンス A を再ビルドする要求は失敗します。
  • コールドマイグレーション時には、設定されたストレージデバイスの最大数は、移行する元のインスタンスにのみ適用されます。移動前に移行先が確認されることはありません。つまり、コンピュートノード A に 26 のディスクデバイスがアタッチされていて、コンピュートノード B の最大ディスクデバイスアタッチ数が 20 に設定されている場合に、26 のデバイスがアタッチされたインスタンスをコンピュートノード A からコンピュートノード B に移行するコールドマイグレーションの操作は成功します。ただし、これ以降、コンピュートノード B でインスタンスを再ビルドする要求は失敗します。すでにアタッチされているデバイスの数 26 が、設定された最大値の 20 を超えているためです。
注記

設定されたストレージデバイスの最大数は、退避オフロード中のインスタンスには適用されません。これらのインスタンスはコンピュートノードを持たないためです。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. stackrc アンダークラウド認証情報ファイルを入手します。

    $ source ~/stackrc
  3. 新しい環境ファイルを作成するか、既存の環境ファイルを開きます。
  4. 次の設定を環境ファイルに追加して、単一インスタンスにアタッチできるストレージデバイスの最大数の制限を設定します。

    parameter_defaults:
      ...
      NovaMaxDiskDevicesToAttach: <max_device_limit>
      ...
    • <max_device_limit> を、インスタンスにアタッチできるストレージデバイスの最大数に置き換えます。
  5. 更新を環境ファイルに保存します。
  6. その他の環境ファイルとともに環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud)$ openstack overcloud deploy --templates \
     -e [your environment files] \
     -e /home/stack/templates/<environment_file>.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.