検索

第10章 オーケストレーションサービス (heat) を使用したオーバークラウドの設定

download PDF

オーケストレーションサービス (heat) を使用して、heat テンプレートと環境ファイルにカスタムのオーバークラウド設定を作成できます。

10.1. heat テンプレートの概要

本章のカスタム設定では、heat テンプレートおよび環境ファイルを使用して、オーバークラウドの特定の機能を定義します。本項には、Red Hat OpenStack Platform director に関連した heat テンプレートの構造や形式を理解するための基本的な説明を記載します。

10.1.1. heat テンプレート

director は、Heat Orchestration Template (HOT) をオーバークラウドデプロイメントプランのテンプレート形式として使用します。HOT 形式のテンプレートは、通常 YAML 形式で表現されます。テンプレートの目的は、OpenStack Orchestration (heat) が作成するリソースのコレクションであるスタックを定義および作成し、リソースを設定することです。リソースとは、コンピュートリソース、ネットワーク設定、セキュリティーグループ、スケーリングルール、カスタムリソースなどの Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) のオブジェクトを指します。

heat テンプレートは、3 つの主要なセクションで設定されます。

parameters
これらは、heat に渡される設定 (スタックのカスタマイズが可能) およびパラメーターのデフォルト値 (値を渡さない場合) です。これらの設定がテンプレートの parameters セクションで定義されます。
resources
resources セクションを使用して、このテンプレートを使用してスタックをデプロイする際に作成することができるリソース (コンピュートインスタンス、ネットワーク、ストレージボリューム等) を定義します。Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) には、全コンポーネントに対応するコアリソースのセットが含まれています。これらは、スタックの一部として作成/設定する固有のオブジェクトです。RHOSP には、全コンポーネントに対応するコアリソースのセットが含まれています。これらがテンプレートの resources セクションで定義されます。
outputs
outputs セクションを使用して、スタックの作成後にクラウドユーザーがアクセスできるアウトプットパラメーターを宣言します。クラウドユーザーはこれらのパラメーターを使用して、デプロイしたインスタンスの IP アドレスやスタックの一部としてデプロイされた Web アプリケーションの URL 等のスタックの詳細を要求することができます。

基本的な heat テンプレートの例:

heat_template_version: 2013-05-23

description: > A very basic Heat template.

parameters:
  key_name:
    type: string
    default: lars
    description: Name of an existing key pair to use for the instance
  flavor:
    type: string
    description: Instance type for the instance to be created
    default: m1.small
  image:
    type: string
    default: cirros
    description: ID or name of the image to use for the instance

resources:
  my_instance:
    type: OS::Nova::Server
    properties:
      name: My Cirros Instance
      image: { get_param: image }
      flavor: { get_param: flavor }
      key_name: { get_param: key_name }

output:
  instance_name:
    description: Get the instance's name
    value: { get_attr: [ my_instance, name ] }

このテンプレートは、リソース種別 type: OS::Nova::Server を使用して、クラウドユーザーが指定する特定のフレーバー、イメージ、およびキーで my_instance というインスタンスを作成します。このスタックは、My Cirros Instance という instance_name の値を返すことができます。

heat がテンプレートを処理する際には、テンプレートのスタックとリソーステンプレートの子スタックセットを作成します。これにより、テンプレートで定義するメインのスタックを最上位とするスタックの階層が作成されます。以下のコマンドを使用して、スタックの階層を表示することができます。

$ openstack stack list --nested

10.1.2. 環境ファイル

環境ファイルとは特別な種類のテンプレートで、これを使用して heat テンプレートをカスタマイズすることができます。コアの heat テンプレートに加えて、環境ファイルをデプロイメントコマンドに追加することができます。環境ファイルには、3 つの主要なセクションが含まれます。

resource_registry
このセクションでは、他の heat テンプレートにリンクしたカスタムのリソース名を定義します。これにより、コアリソースコレクションに存在しないカスタムのリソースを作成することができます。
parameters
これらは、最上位のテンプレートのパラメーターに適用する共通設定です。たとえば、入れ子状のスタックをデプロイするテンプレートの場合には (リソースレジストリーマッピング等)、パラメーターは最上位のテンプレートにのみ適用され、入れ子状のリソースのテンプレートには適用されません。
parameter_defaults
これらのパラメーターは、全テンプレートのパラメーターのデフォルト値を変更します。たとえば、入れ子状のスタックをデプロイする heat テンプレートの場合には (リソースレジストリーマッピングなど)、パラメーターのデフォルト値がすべてのテンプレートに適用されます。
重要

パラメーターがオーバークラウドのすべてのスタックテンプレートに適用されるように、オーバークラウド用にカスタムの環境ファイルを作成する場合には、parameters ではなく parameter_defaults を使用します。

基本的な環境ファイルの例:

resource_registry:
  OS::Nova::Server::MyServer: myserver.yaml

parameter_defaults:
  NetworkName: my_network

parameters:
  MyIP: 192.168.0.1

特定の heat テンプレート (my_template.yaml) からスタックを作成する際に、この環境ファイル (my_env.yaml) を追加します。my_env.yaml ファイルにより、OS::Nova::Server::MyServer という新しいリソース種別が作成されます。myserver.yaml ファイルは、このリソース種別を実装する heat テンプレートファイルで、このファイルでの設定が元の設定よりも優先されます。my_template.yaml ファイルに OS::Nova::Server::MyServer リソースを含めることができます。

MyIP は、この環境ファイルと共にデプロイを行うメインの heat テンプレートにしかパラメーターを適用しません。この例では、MyIPmy_template.yaml のパラメーターにのみ適用します。

NetworkName はメインの heat テンプレート (my_template.yaml) とメインのテンプレートに含まれるリソースに関連付けられたテンプレート (上記の例では OS::Nova::Server::MyServer リソースとその myserver.yaml テンプレート) の両方に適用されます。

注記

RHOSP が heat テンプレートファイルをカスタムテンプレートリソースとして使用するには、ファイルの拡張子を .yaml または .template のいずれかにする必要があります。

10.1.3. オーバークラウドのコア heat テンプレート

director には、オーバークラウド用のコア heat テンプレートコレクションおよび環境ファイルコレクションが含まれます。このコレクションは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates に保存されています。

このテンプレートコレクションの主なファイルおよびディレクトリーは、以下のとおりです。

overcloud.j2.yaml
オーバークラウド環境を作成するのに director が使用するメインのテンプレートファイル。このファイルでは Jinja2 構文を使用してテンプレートの特定セクションを繰り返し、カスタムロールを作成します。Jinja2 フォーマットは、オーバークラウドのデプロイメントプロセス中に YAML にレンダリングされます。
overcloud-resource-registry-puppet.j2.yaml
オーバークラウド環境を作成するのに director が使用するメインの環境ファイル。このファイルは、オーバークラウドイメージ上に保存される Puppet モジュールの設定セットを提供します。director により各ノードにオーバークラウドのイメージが書き込まれると、heat はこの環境ファイルに登録されているリソースを使用して各ノードの Puppet 設定を開始します。このファイルでは Jinja2 構文を使用してテンプレートの特定セクションを繰り返し、カスタムロールを作成します。Jinja2 フォーマットは、オーバークラウドのデプロイメントプロセス中に YAML にレンダリングされます。
roles_data.yaml
このファイルにはオーバークラウド内のロールの定義が含まれ、サービスを各ロールにマッピングします。
network_data.yaml
このファイルには、オーバークラウド内のネットワーク定義、およびそれらのサブネット、割り当てプール、仮想 IP のステータス等の属性が含まれます。デフォルトの network_data.yaml ファイルにはデフォルトのネットワーク (External、Internal Api、Storage、Storage Management、Tenant、および Management) が含まれます。カスタムの network_data.yaml ファイルを作成して、openstack overcloud deploy コマンドに -n オプションで追加することができます。
plan-environment.yaml
このファイルには、オーバークラウドプランのメタデータの定義が含まれます。これには、プラン名、使用するメインのテンプレート、およびオーバークラウドに適用する環境ファイルが含まれます。
capabilities-map.yaml
このファイルには、オーバークラウドプランの環境ファイルのマッピングが含まれます。
デプロイメント
このディレクトリーには、heat テンプレートが含まれます。overcloud-resource-registry-puppet.j2.yaml 環境ファイルは、このディレクトリーのファイルを使用して、各ノードに Puppet の設定が適用されるようにします。
environments
このディレクトリーには、オーバークラウドの作成に使用可能なその他の heat 環境ファイルが含まれます。これらの環境ファイルは、作成された Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境の追加の機能を有効にします。たとえば、ディレクトリーには Cinder NetApp のバックエンドストレージ (cinder-netapp-config.yaml) を有効にする環境ファイルが含まれています。
network
このディレクトリーには、分離ネットワークおよびポートを作成するのに使用できる heat テンプレートのセットが含まれます。
puppet
このディレクトリーには、Puppet 設定を制御するテンプレートが含まれます。overcloud-resource-registry-puppet.j2.yaml 環境ファイルは、このディレクトリーのファイルを使用して、各ノードに Puppet の設定が適用されるようにします。
puppet/services
このディレクトリーには、全サービス設定用のレガシー heat テンプレートが含まれます。puppet/services ディレクトリー内のほとんどのテンプレートが、deployment ディレクトリーのテンプレートに置き換えられています。
extraconfig
このディレクトリーには、追加機能を有効にするのに使用できるテンプレートが含まれます。

10.1.4. オーバークラウド作成時の環境ファイルの追加

-e オプションを使用して、デプロイメントコマンドに環境ファイルを追加します。必要に応じていくつでも環境ファイルを追加することができます。ただし、後で指定する環境ファイルで定義されるパラメーターとリソースが優先されることになるため、環境ファイルの順番は重要です。この例では、両環境ファイルに共通のリソース種別 (OS::TripleO::NodeExtraConfigPost) と共通のパラメーター (TimeZone) が含まれています。

environment-file-1.yaml

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/template-1.yaml

parameter_defaults:
  RabbitFDLimit: 65536
  TimeZone: 'Japan'

environment-file-2.yaml

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/template-2.yaml

parameter_defaults:
  TimeZone: 'Hongkong'

デプロイメントコマンドに両方の環境ファイルを含めます。

$ openstack overcloud deploy --templates -e environment-file-1.yaml -e environment-file-2.yaml

openstack overcloud deploy コマンドは、以下のプロセスを順に実行します。

  1. コア heat テンプレートコレクションからデフォルト設定を読み込みます。
  2. environment-file-1.yaml の設定を適用します。この設定により、デフォルト設定と共通している設定は上書きされます。
  3. environment-file-2.yaml の設定を適用します。この設定により、デフォルト設定および environment-file-1.yaml と共通している設定は上書きされます。

これにより、オーバークラウドのデフォルト設定が以下のように変更されます。

  • OS::TripleO::NodeExtraConfigPost リソースは、environment-file-2.yaml で指定されているとおりに /home/stack/templates/template-2.yaml に設定されます。
  • TimeZone パラメーターは、environment-file-2.yaml で指定されているとおりに Hongkong に設定されます。
  • RabbitFDLimit パラメーターは、environment-file-1.yaml に定義されるように 65536 に設定されます。environment-file-2.yaml はこの値を変更しません。

この手法を使用して、複数の環境ファイルの値が競合することなく、オーバークラウドのカスタム設定を定義することができます。

10.1.5. カスタムのコア heat テンプレートの使用

オーバークラウドの作成時に、director は /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates にある heat テンプレートのコアセットを使用します。このコアテンプレートコレクションをカスタマイズする場合は、以下の git ワークフローを使用してカスタムテンプレートコレクションを管理します。

手順

  • heat テンプレートコレクションが含まれる初期 git リポジトリーを作成します。

    1. テンプレートコレクションを /home/stack/templates ディレクトリーにコピーします。

      $ cd ~/templates
      $ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates .
    2. カスタムテンプレートのディレクトリーに移動して git リポジトリーを初期化します。

      $ cd ~/templates/openstack-tripleo-heat-templates
      $ git init .
    3. Git のユーザー名およびメールアドレスを設定します。

      $ git config --global user.name "<USER_NAME>"
      $ git config --global user.email "<EMAIL_ADDRESS>"
  • <USER_NAME> を使用するユーザー名に置き換えます。
  • <EMAIL_ADDRESS> をご自分のメールアドレスに置き換えます。

    1. 初期コミットに向けて全テンプレートをステージします。

      $ git add *
    2. 初期コミットを作成します。

      $ git commit -m "Initial creation of custom core heat templates"

      これで、最新のコアテンプレートコレクションを格納する初期 master ブランチが作成されます。このブランチは、カスタムブランチのベースとして使用し、新規テンプレートバージョンをこのブランチにマージします。

  • カスタムブランチを使用して、コアテンプレートコレクションの変更を保管します。以下の手順に従って my-customizations ブランチを作成し、カスタマイズを追加します。

    1. my-customizations ブランチを作成して、そのブランチに切り替えます。

      $ git checkout -b my-customizations
    2. カスタムブランチ内のファイルを編集します。
    3. 変更を git にステージします。

      $ git add [edited files]
    4. カスタムブランチに変更をコミットします。

      $ git commit -m "[Commit message for custom changes]"

      このコマンドにより、変更がコミットとして my-customizations ブランチに追加されます。master ブランチを更新するには、master から my-customizations にリベースすると、git はこれらのコミットを更新されたテンプレートに追加します。これは、カスタマイズをトラッキングして、今後テンプレートが更新された際にそれらを再生するのに役立ちます。

  • アンダークラウドの更新時には、openstack-tripleo-heat-templates パッケージも更新を受け取る可能性があります。このような場合には、カスタムテンプレートコレクションも更新する必要があります。

    1. openstack-tripleo-heat-templates パッケージのバージョンを環境変数として保存します。

      $ export PACKAGE=$(rpm -qv openstack-tripleo-heat-templates)
    2. テンプレートコレクションのディレクトリーに移動して、更新されたテンプレート用に新規ブランチを作成します。

      $ cd ~/templates/openstack-tripleo-heat-templates
      $ git checkout -b $PACKAGE
    3. そのブランチの全ファイルを削除して、新しいバージョンに置き換えます。

      $ git rm -rf *
      $ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/* .
    4. 初期コミット用にすべてのテンプレートを追加します。

      $ git add *
    5. パッケージ更新のコミットを作成します。

      $ git commit -m "Updates for $PACKAGE"
    6. このブランチを master にマージします。git 管理システム (例: GitLab) を使用している場合には、管理ワークフローを使用してください。git をローカルで使用している場合には、master ブランチに切り替えてから git merge コマンドを実行してマージします。

      $ git checkout master
      $ git merge $PACKAGE

master ブランチに最新のコアテンプレートコレクションが含まれるようになりました。これで、my-customization ブランチを更新されたコレクションからリベースできます。

  • my-customization ブランチを更新します。

    1. my-customizations ブランチに切り替えます。

      $ git checkout my-customizations
    2. このブランチを master からリベースします。

      $ git rebase master

      これにより、my-customizations ブランチが更新され、このブランチに追加されたカスタムコミットが再生されます。

  • リベース中に発生する競合を解決します。

    1. どのファイルで競合が発生しているかを確認します。

      $ git status
    2. 特定したテンプレートファイルで競合を解決します。
    3. 解決したファイルを追加します。

      $ git add [resolved files]
    4. リベースを続行します。

      $ git rebase --continue
  • カスタムテンプレートコレクションをデプロイします。

    1. 必ず my-customization ブランチに切り替えた状態にします。

      git checkout my-customizations
    2. openstack overcloud deploy コマンドに --templates オプションを付けて、ローカルのテンプレートディレクトリーを指定して実行します。

      $ openstack overcloud deploy --templates /home/stack/templates/openstack-tripleo-heat-templates [OTHER OPTIONS]
注記

ディレクトリーの指定をせずに --templates オプションを使用すると、director はデフォルトのテンプレートディレクトリー (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates) を使用します。

重要

Red Hat は、heat テンプレートコレクションを変更する代わりに 「設定フック」 に記載の方法を使用することを推奨します。

10.1.6. Jinja2 構文のレンダリング

/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates のコア heat テンプレートには、j2.yaml の拡張子が付いた多数のファイルが含まれています。これらのファイルには Jinja2 テンプレート構文が含まれ、director はこれらのファイルを .yaml 拡張子を持つ等価な静的 heat テンプレートにレンダリングします。たとえば、メインの overcloud.j2.yaml ファイルは overcloud.yaml にレンダリングされます。director はレンダリングされた overcloud.yaml ファイルを使用します。

Jinja2 タイプの heat テンプレートでは、Jinja2 構文を使用して反復値のパラメーターおよびリソースを作成します。たとえば、overcloud.j2.yaml ファイルには以下のスニペットが含まれます。

parameters:
...
{% for role in roles %}
  ...
  {{role.name}}Count:
    description: Number of {{role.name}} nodes to deploy
    type: number
    default: {{role.CountDefault|default(0)}}
  ...
{% endfor %}

director が Jinja2 構文をレンダリングする場合、director は roles_data.yaml ファイルで定義されるロールを繰り返し処理し、{{role.name}}Count パラメーターにロール名を代入します。デフォルトの roles_data.yaml ファイルには 5 つのロールが含まれ、ここでの例からは以下のパラメーターが作成されます。

  • ControllerCount
  • ComputeCount
  • BlockStorageCount
  • ObjectStorageCount
  • CephStorageCount

レンダリング済みバージョンのパラメーターの例を以下に示します。

parameters:
  ...
  ControllerCount:
    description: Number of Controller nodes to deploy
    type: number
    default: 1
  ...

director がレンダリングするのは、コア heat テンプレートディレククトリー内からの Jinja2 タイプのテンプレートおよび環境ファイルだけです。Jinja2 テンプレートをレンダリングする際の正しい設定方法を、以下のユースケースで説明します。

ユースケース 1: デフォルトのコアテンプレート

テンプレートのディレクトリー: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/

環境ファイル: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.j2.yaml

Director はデフォルトのコアテンプレートの場所 (--templates) を使用し、enable-internal-tls.j2.yaml ファイルを enable-internal-tls.yaml にレンダリングします。openstack overcloud deploy コマンドを実行するときに、-e オプションを使用して、レンダリングされた enable-internal-tls.yaml ファイルの名前を含めます。

$ openstack overcloud deploy --templates \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml
    ...

ユースケース 2: カスタムコアテンプレート

テンプレートディレクトリー: /home/stack/tripleo-heat-installer-templates

環境ファイル: /home/stack/tripleo-heat-installer-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.j2.yaml

Director はカスタムコアテンプレートの場所 (--templates /home/stack/tripleo-heat-templates) を使用し、director はカスタムコアテンプレート内の enable-internal-tls.j2.yaml ファイルを enable-internal-tls.yaml にレンダリングします。openstack overcloud deploy コマンドを実行するときに、-e オプションを使用して、レンダリングされた enable-internal-tls.yaml ファイルの名前を含めます。

$ openstack overcloud deploy --templates /home/stack/tripleo-heat-templates \
    -e /home/stack/tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.yaml
    ...

ユースケース 3: 誤った設定

テンプレートのディレクトリー: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/

環境ファイル: /home/stack/tripleo-heat-installer-templates/environments/ssl/enable-internal-tls.j2.yaml

director はカスタムコアテンプレートの場所を使用します (--templates /home/stack/tripleo-heat-installer-templates)。ただし、選択された enable-internal-tls.j2.yaml はカスタムコアテンプレート内に配置されていないため、enable-internal-tls.yaml にレンダリングされません。この設定ではデプロイメントに失敗します。

Jinja2 構文の静的テンプレートへの処理

process-templates.py スクリプトを使用して、openstack-tripleo-heat-templates の Jinja2 構文を静的テンプレートセットにレンダリングします。process-templates.py スクリプトで openstack-tripleo-heat-templates コレクションのコピーをレンダリングするには、openstack-tripleo-heat-templates ディレクトリーに移動します。

$ cd /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates

静的コピーを保存するカスタムディレクトリーを定義する -o オプションを指定して、tools ディレクトリーにある process-templates.py スクリプトを実行します。

$ ./tools/process-templates.py -o ~/openstack-tripleo-heat-templates-rendered

これにより、すべての Jinja2 テンプレートがレンタリング済みの YAML バージョンに変換され、結果が ~/openstack-tripleo-heat-templates-rendered に保存されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.