検索

第26章 KIE Server テンプレートおよびインスタンス用の Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API

download PDF

Red Hat Process Automation Manager は Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を提供し、これを使用することで Java クライアントアプリケーションから REST もしくは WebSocket プロトコルを使用して Process Automation Manager コントローラーに接続できるようになります。Process Automation Manager コントローラー REST API の代わりに Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用して、Business Central ユーザーインターフェイスを使わずに Red Hat Process Automation Manager で KIE Server テンプレート (設定)、KIE Server のインスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。この API のサポートにより、Red Hat Process Automation Manager サーバーおよびリソースをより効率的に維持でき、Red Hat Process Automation Manager の統合と開発を最適化できるようになります。

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用すると、Process Automation Manager コントローラー REST API でもサポートされている以下のアクションが実行可能になります。

  • KIE Server テンプレート、インスタンス、および関連する KIE コンテナーに関する情報の取得
  • KIE Server テンプレートおよびインスタンスに関連付けられた KIE コンテナーの更新、起動、または停止
  • KIE Server テンプレートの作成、更新、または削除
  • KIE Server インスタンスの作成、更新、または削除

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API 要求には以下のコンポーネントが必要です。

認証

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API は、コントローラーのタイプによって、以下のユーザーロールに HTTP の Basic 認証を必要とします。

  • Business Central をインストールしていて、ビルトインの Process Automation Manager コントローラーを使用する場合は、rest-all のユーザーロール。
  • ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを Business Central とは別にインストールしている場合は、kie-server のユーザーロール。

お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに kie-server ロールか rest-all ロール、もしくはそれら両方を追加するには (Keystore がすでに設定されていると仮定)、~/$SERVER_HOME/bin に移動し、ロールを指定して以下のコマンドを実行します。

$ ./bin/jboss-cli.sh --commands="embed-server --std-out=echo,/subsystem=elytron/filesystem-realm=ApplicationRealm:add-identity(identity=<USERNAME>),/subsystem=elytron/filesystem-realm=ApplicationRealm:set-password(identity=<USERNAME>, clear={password='<PASSWORD>'}),/subsystem=elytron/filesystem-realm=ApplicationRealm:add-identity-attribute(identity=<USERNAME>, name=role, value=['rest-all','kie-server'])"

キーストアが設定されていない場合は、以下のコマンドを実行してキーストアを作成します。

$ keytool -importpassword -keystore $SERVER_HOME/standalone/configuration/kie_keystore.jceks -keypass <SECRETKEYPASSWORD> -alias kieserver -storepass <SECRETSTOREPASSWORD> -storetype JCEKS

また、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に以下のプロパティーを追加します。

    <property name="kie.keystore.keyStoreURL" value="file:///data/jboss/rhpam780/standalone/configuration/kie_keystore.jceks"/>
    <property name="kie.keystore.keyStorePwd" value="<SECRETSTOREPASSWORD>"/>
    <property name="kie.keystore.key.server.alias" value="kieserver"/>
    <property name="kie.keystore.key.server.pwd" value="<SECRETKEYPASSWORD>"/>
    <property name="kie.keystore.key.ctrl.alias" value="kieserver"/>
    <property name="kie.keystore.key.ctrl.pwd" value="<SECRETKEYPASSWORD>"/>

Process Automation Manager コントローラーのアクセスで kie-server または rest-all ユーザーを設定するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動し、(該当する場合は) org.kie.server プロパティーのコメントを解除して、コントローラーユーザーログイン認証情報とコントローラーの位置を (必要に応じて) 追加します。

<property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>
<property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
<property name="org.kie.server.controller.user" value="<USERNAME>"/>
<property name="org.kie.server.id" value="default-kieserver"/>

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、Red Hat Process Automation Manager インストールの計画 を参照してください。

プロジェクトの依存関係

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API は、Java プロジェクトの関連するクラスパスで、以下の依存関係を必要とします。

<!-- For remote execution on controller -->
<dependency>
  <groupId>org.kie.server</groupId>
  <artifactId>kie-server-controller-client</artifactId>
  <version>${rhpam.version}</version>
</dependency>

<!-- For REST client -->
<dependency>
  <groupId>org.jboss.resteasy</groupId>
  <artifactId>resteasy-client</artifactId>
  <version>${resteasy.version}</version>
</dependency>

<!-- For WebSocket client -->
<dependency>
  <groupId>io.undertow</groupId>
  <artifactId>undertow-websockets-jsr</artifactId>
  <version>${undertow.version}</version>
</dependency>

<!-- For debug logging (optional) -->
<dependency>
  <groupId>ch.qos.logback</groupId>
  <artifactId>logback-classic</artifactId>
  <version>${logback.version}</version>
</dependency>

Red Hat Process Automation Manager 依存関係の <version> は、プロジェクトで現在使用している Red Hat Process Automation Manager の Maven アーティファクトバージョンです (例: 7.59.0.Final-redhat-00006)。

注記

個別の依存関係に対して Red Hat Process Automation Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation BOM (bill of materials) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用されます。BOM ファイルを追加すると、提供される Maven リポジトリーから、推移的依存関係の適切なバージョンがプロジェクトに含められます。

BOM 依存関係の例:

<dependency>
  <groupId>com.redhat.ba</groupId>
  <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
  <version>7.12.0.redhat-00008</version>
  <scope>import</scope>
  <type>pom</type>
</dependency>

Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) についての詳細情報は、What is the mapping between RHPAM product and maven library version? を参照してください。

クライアント要求の設定

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API による Java クライアント要求はすべて、少なくとも以下のコントローラー通信コンポーネントを定義する必要があります。

  • Business Central をインストールしている場合は rest-all ユーザーの認証情報、またはヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを Business Central とは別にインストールしている場合は kie-server のユーザーの認証情報。
  • REST もしくは WebSocket プロトコル用 Process Automation Manager コントローラーの場所。

    • REST URL の例: http://localhost:8080/business-central/rest/controller
    • WebSocket URL の例: ws://localhost:8080/headless-controller/websocket/controller
  • API 要求および応答のマーシャリングフォーマット (JSON または JAXB)
  • KieServerControllerClient オブジェクト。これは、Java クライアント API を使用してサーバー通信を開始するためのエントリーポイントのロールを果たします。
  • REST プロトコルまたは WebSocket プロトコルおよびユーザーアクセスを定義する KieServerControllerClientFactory
  • 使用される Process Automation Manager コントローラークライアントサービス (listServerTemplatesgetServerTemplategetServerInstances など)。

以下は、これらのコンポーネントを使用した REST および WebSocket クライアントの設定例です。

REST によるクライアント設定例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.ServerTemplateList;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;

public class ListServerTemplatesExample {

    private static final String URL = "http://localhost:8080/business-central/rest/controller";
    private static final String USER = "baAdmin";
    private static final String PASSWORD = "password@1";

    private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;

    public static void main(String[] args) {
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newRestClient(URL,
                                                                                          USER,
                                                                                          PASSWORD);

        final ServerTemplateList serverTemplateList = client.listServerTemplates();
        System.out.println(String.format("Found %s server template(s) at controller url: %s",
                                         serverTemplateList.getServerTemplates().length,
                                         URL));
    }
}

WebSocket によるクライアント設定例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.ServerTemplateList;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;

public class ListServerTemplatesExample {

    private static final String URL = "ws://localhost:8080/my-controller/websocket/controller";
    private static final String USER = "baAdmin";
    private static final String PASSWORD = "password@1";

    private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;

    public static void main(String[] args) {
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newWebSocketClient(URL,
                                                                                               USER,
                                                                                               PASSWORD);

        final ServerTemplateList serverTemplateList = client.listServerTemplates();
        System.out.println(String.format("Found %s server template(s) at controller url: %s",
                                         serverTemplateList.getServerTemplates().length,
                                         URL));
    }
}

26.1. Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用した要求送信

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用すると、Java クライアントアプリケーションから REST もしくは WebSocket プロトコルを使用して Process Automation Manager コントローラー に接続できるようになります。Process Automation Manager コントローラー REST API の代わりに Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用して、Business Central ユーザーインターフェイスを使わずに Red Hat Process Automation Manager で KIE Server テンプレート (設定)、KIE Server のインスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。

前提条件

  • KIE Server をインストールし、実行している。
  • Process Automation Manager コントローラーまたはヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがインストールされ、実行中である。
  • Business Central をインストールしている場合は Process Automation Manager コントローラーにアクセスする rest-all ユーザーロールがある。もしくは、Business Central とは別にインストールされたヘッドレス Process Automation Manager コントローラーにアクセスする kie-server ユーザーロールがある。
  • Red Hat Process Automation Manager リソースを使った Java プロジェクトがある。

手順

  1. クライアントアプリケーションで、Java プロジェクトの関連クラスパスに以下の依存関係が追加されていることを確認します。

    <!-- For remote execution on controller -->
    <dependency>
      <groupId>org.kie.server</groupId>
      <artifactId>kie-server-controller-client</artifactId>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For REST client -->
    <dependency>
      <groupId>org.jboss.resteasy</groupId>
      <artifactId>resteasy-client</artifactId>
      <version>${resteasy.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For WebSocket client -->
    <dependency>
      <groupId>io.undertow</groupId>
      <artifactId>undertow-websockets-jsr</artifactId>
      <version>${undertow.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For debug logging (optional) -->
    <dependency>
      <groupId>ch.qos.logback</groupId>
      <artifactId>logback-classic</artifactId>
      <version>${logback.version}</version>
    </dependency>
  2. Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.12.0 Source Distribution をダウンロードし、~/rhpam-7.12.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-controller/kie-server-controller-client/src/main/java/org/kie/server/controller/client に移動して Process Automation Manager コントローラー Java クライアントにアクセスします。
  3. ~/kie/server/controller/client ディレクトリーで、KIE Server テンプレートや KIE コンテナーが REST プロトコルでクライアントサービスにアクセスするために、RestKieServerControllerClient 実装などの送信する要求用の関連 Java クライアントを特定します。
  4. クライアントアプリケーションで、API 要求用の .java クラスを作成します。クラスには、Process Automation Manager コントローラーの場所とユーザー認証情報、KieServerControllerClient オブジェクト、実行するクライアントメソッド (RestKieServerControllerClient 実装からの createServerTemplatecreateContainer など) を含める必要があります。ご自分のユースケースに合わせて、設定詳細を調整します。

    KIE Server テンプレートおよび KIE コンテナーの作成と対話

    import java.util.Arrays;
    import java.util.HashMap;
    import java.util.Map;
    
    import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
    import org.kie.server.api.model.KieContainerStatus;
    import org.kie.server.api.model.KieScannerStatus;
    import org.kie.server.api.model.ReleaseId;
    import org.kie.server.controller.api.model.spec.*;
    import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
    import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;
    
    public class RestTemplateContainerExample {
    
      private static final String URL = "http://localhost:8080/business-central/rest/controller";
      private static final String USER = "baAdmin";
      private static final String PASSWORD = "password@1";
    
        private static KieServerControllerClient client;
    
        public static void main(String[] args) {
            KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newRestClient(URL,
                                                                                              USER,
                                                                                              PASSWORD,
                                                                                              MarshallingFormat.JSON);
            // Create server template and KIE container, start and stop KIE container, and delete server template
            ServerTemplate serverTemplate = createServerTemplate();
            ContainerSpec container = createContainer(serverTemplate);
            client.startContainer(container);
            client.stopContainer(container);
            client.deleteServerTemplate(serverTemplate.getId());
        }
    
        // Re-create and configure server template
        protected static ServerTemplate createServerTemplate() {
            ServerTemplate serverTemplate = new ServerTemplate();
            serverTemplate.setId("example-client-id");
            serverTemplate.setName("example-client-name");
            serverTemplate.setCapabilities(Arrays.asList(Capability.PROCESS.name(),
                                                         Capability.RULE.name(),
                                                         Capability.PLANNING.name()));
    
            client.saveServerTemplate(serverTemplate);
    
            return serverTemplate;
        }
    
        // Re-create and configure KIE containers
        protected static ContainerSpec createContainer(ServerTemplate serverTemplate){
            Map<Capability, ContainerConfig> containerConfigMap = new HashMap();
    
            ProcessConfig processConfig = new ProcessConfig("PER_PROCESS_INSTANCE", "kieBase", "kieSession", "MERGE_COLLECTION");
            containerConfigMap.put(Capability.PROCESS, processConfig);
    
            RuleConfig ruleConfig = new RuleConfig(500l, KieScannerStatus.SCANNING);
            containerConfigMap.put(Capability.RULE, ruleConfig);
    
            ReleaseId releaseId = new ReleaseId("org.kie.server.testing", "stateless-session-kjar", "1.0.0-SNAPSHOT");
    
            ContainerSpec containerSpec = new ContainerSpec("example-container-id", "example-client-name", serverTemplate, releaseId, KieContainerStatus.STOPPED, containerConfigMap);
            client.saveContainerSpec(serverTemplate.getId(), containerSpec);
    
            return containerSpec;
        }
    }

  5. 設定済み .java クラスをプロジェクトディレクトリーから実行して要求を実行し、Process Automation Manager コントローラーの応答を確認します。

    デバッグのロギングが有効になっている場合は、JSON などの設定済みマーシャリングフォーマットに従って、KIE Server が詳細を返します。エラーが発生した場合は、返されたエラーメッセージを確認して、それに応じて Java 設定を調整します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.