検索

第2章 Business Central でのプロジェクトデプロイメント

download PDF

Business Central を使用してビジネスアセットおよびサービスを開発し、プロジェクトデプロイメントに設定した KIE Server インスタンスを管理できます。プロジェクトを開発する際に、Business Central にプロジェクトをビルドして、KIE Server に自動的にデプロイできます。自動デプロイメントを有効にするために、Business Central には Maven リポジトリーが組み込まれています。Business Central から、ビルドしてデプロイしておいたサービスおよびプロジェクトバージョンを含むデプロイメントユニット (KIE コンテナー) を起動、停止、または削除できます。

(Menu Deploy Execution Servers で) 複数の KIE Server を同じ Business Central インスタンスに接続して、複数のサーバー設定にグループ分けすることもできます。同じサーバー設定に属するサーバーは同じサービスを実行しますが、別のサーバー設定の別のプロジェクト、または別のバージョンのプロジェクトをデプロイすることもできます。

たとえば、Test 設定のテストサーバーと、Production 設定の実稼働サーバーを使用できます。ビジネスアセットとサービスをプロジェクトに開発し、Test サーバー設定にプロジェクトをデプロイしてから、十分にテストしたプロジェクトのバージョンを Production サーバー設定にデプロイできます。このとき、プロジェクトの開発を継続するには、プロジェクト設定でバージョンを変更します。これにより、組み込み Maven リポジトリーで、新しいバージョンと古いバージョンが別のアーティファクトと見なされます。Test サーバー設定に新しいバージョンをデプロイし、Production サーバー設定で古いバージョンを実行し続けることができます。このデプロイメントプロセスは単純ですが、重要な制約があります。特に、開発者が直接プロジェクトを実稼働環境にデプロイできるため、アクセス制御は不十分です。

重要

Business Central を使用して、KIE Server を別のサーバー設定に移動することはできません。サーバーの設定名を変更するには、サーバーの設定ファイルを変更する必要があります。

2.1. Business Central に接続する KIE Server の設定

警告

このセクションでは、テスト目的で使用可能なサンプルの設定を紹介します。一部の値は、実稼働環境には適しておらず、その旨を記載しています。

KIE Server を Red Hat Process Automation Manager 環境に設定していない場合、または Red Hat Process Automation Manager 環境に KIE Server を追加する必要がある場合は、KIE Server を設定して Business Central に接続する必要があります。

注記

Red Hat OpenShift Container Platform に KIE Server をデプロイする場合は、Operator を使用した Red Hat OpenShift Container Platform 4 への Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイメント で、Business Central に接続する設定手順を参照してください。

前提条件

  • Business Central と KIE Server が Red Hat JBoss EAP インストールのベースディレクトリー (EAP_HOME) にインストールされている。
注記

実稼働環境では、Business Central と KIE Server は異なるサーバーにインストールする必要があります。このサンプルでは、rest-allkie-server の両ロールを持つ controllerUser という名前のユーザー 1 人のみを使用します。ただし、開発環境などで、KIE Server と Business Central を同じサーバーにインストールする場合は、本セクションの説明に従って、共有の standalone-full.xml ファイルを変更します。

  • 以下のロールを持つユーザーが存在している

    • Business Central: rest-all ロールを持つユーザー
    • KIE Server: kie-server ロールを持つユーザー

手順

  1. Red Hat Process Automation Manager インストールディレクトリーで、standalone-full.xml ファイルに移動します。たとえば、Red Hat Process Automation Manager に Red Hat JBoss EAP インストールを使用する場合は $EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動します。
  2. standalone-full.xml ファイルを開き、<system-properties> タグの下に、以下の JVM プロパティーを設定します。

    表2.1 KIE Server インスタンスの JVM プロパティー
    プロパティー注記

    org.kie.server.id

    default-kie-server

    KIE Server ID。

    org.kie.server.controller

    http://localhost:8080/business-central/rest/controller

    Business Central の場所Business Central の API に接続する URL。

    org.kie.server.controller.user

    controllerUser

    Business Central にログイン可能な rest-all ロールを持つユーザー名。

    org.kie.server.controller.pwd

    controllerUser1234;

    Business Central にログインできるユーザーのパスワード。

    org.kie.server.location

    http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server

    KIE Server の場所KIE Server の API に接続する URL。

    表2.2 Business Central インスタンスの JVM プロパティー
    プロパティー注記

    org.kie.server.user

    controllerUser

    kie-server ロールを持つユーザー名。

    org.kie.server.pwd

    controllerUser1234;

    ユーザーのパスワード。

    以下の例は、KIE Server インスタンスを設定する方法を示しています。

    <property name="org.kie.server.id" value="default-kie-server"/>
    <property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
    <property name="org.kie.server.controller.user" value="controllerUser"/>
    <property name="org.kie.server.controller.pwd" value="controllerUser1234;"/>
    <property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>

    以下の例は、Business Central インスタンスに設定する方法を示しています。

    <property name="org.kie.server.user" value="controllerUser"/>
    <property name="org.kie.server.pwd" value="controllerUser1234;"/>
  3. KIE サーバーが正常に起動したことを確認するには、KIE サーバーが動作しているときに、http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/server/ に GET リクエストを送信します。KIE サーバー上での Red Hat Process Automation Manager の実行についての詳細は Running Red Hat Process Automation Manager を参照してください。

    認証に成功すると、以下の例のような XML 応答が返されます。

    <response type="SUCCESS" msg="Kie Server info">
        <kie-server-info>
            <capabilities>KieServer</capabilities>
            <capabilities>BRM</capabilities>
            <capabilities>BPM</capabilities>
            <capabilities>CaseMgmt</capabilities>
            <capabilities>BPM-UI</capabilities>
            <capabilities>BRP</capabilities>
            <capabilities>DMN</capabilities>
            <capabilities>Swagger</capabilities>
            <location>http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server</location>
            <messages>
                <content>Server KieServerInfo{serverId='first-kie-server', version='7.5.1.Final-redhat-1', location='http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server', capabilities=[KieServer, BRM, BPM, CaseMgmt, BPM-UI, BRP, DMN, Swagger]}started successfully at Mon Feb 05 15:44:35 AEST 2018</content>
                <severity>INFO</severity>
                <timestamp>2018-02-05T15:44:35.355+10:00</timestamp>
            </messages>
            <name>first-kie-server</name>
            <id>first-kie-server</id>
            <version>7.5.1.Final-redhat-1</version>
        </kie-server-info>
    </response>
  4. 登録が正常に完了したことを確認します。

    1. Business Central にログインします。
    2. Menu Deploy Execution Servers の順にクリックします。

      正常に登録されている場合は、登録されたサーバーの ID が表示されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.