検索

第7章 Quay Operator の機能

download PDF

7.1. コンソールでのモニターリングおよびアラート

Red Hat Quay 3.6 は、OpenShift コンソールから Operator を使用してデプロイされた Quay インスタンスのモニターリングのサポートを提供します。新規のモニターリング機能には、Grafana ダッシュボード、個別のメトリクスへのアクセス、Quay Pod を頻繁に再起動するために通知するアラートなどが含まれます。

注記

モニターリング機能を有効にするには、Operator を all namespace モードでインストールする必要があります。

7.1.1. ダッシュボード

OpenShift コンソールで、Monitoring Dashboards に移動し、必要な Quay レジストリーインスタンスのダッシュボードを検索します。

Choose Quay dashboard

ダッシュボードには、以下を含むさまざまな統計が表示されます。

  • Organization (組織)、Repository (リポジトリー)、User (ユーザー)、および Robot (ロボット) アカウントの数
  • CPU 使用率および最大メモリー使用量
  • イメージプルおよびプッシュのレート、および認証要求
  • API 要求レート
  • 待機時間

Console dashboard

7.1.2. メトリクス

UI で Monitoring Metrics にアクセスすることで、Quay ダッシュボードの背後にある基礎となるメトリクスを表示できます。Expression フィールドにテキストの quay_ を入力し、利用可能なメトリクスの一覧を表示します。

Quay metrics

quay_org_rows など、サンプルメトリクスを選択します。

Number of Quay organizations

このメトリクスには、レジストリー内の組織の数が表示されます。これはダッシュボードに直接表示されます。

7.1.3. アラート

Quay Pod が頻繁に再起動する場合はアラートが発生します。アラートは、コンソール UI の Monitoring Alerting から Alerting ルールタブにアクセスし、Quay 固有のアラートを検索して設定できます。

Alerting rules

QuayPodFrequentlyRestarting ルールの詳細を選択し、アラートを設定します。

Alerting rule details

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.