検索

4.2. タグの有効期限

download PDF

タグの有効期限 機能を使用すると、選択した日時に Red Hat Quay リポジトリーのイメージが期限切れになるように設定できます。この機能には次の特徴があります。

  • イメージタグの有効期限が切れると、そのタグがリポジトリーから削除されます。特定のイメージに対する最後のタグであれば、そのイメージも削除するように設定されます。
  • 有効期限はタグごとに設定されます。リポジトリー全体に対して設定されるものではありません。
  • タグは期限切れになったり、削除されたりしても、レジストリーからすぐには削除されません。これは、タイムマシン 機能で設計された割り当て時間によって決まります。この時間により、タグを完全に削除するタイミング、またはガベージコレクションを行うタイミングが定義されます。デフォルトでは、この値は 14 日 に設定されていますが、管理者は複数のオプションから 1 つ選択することで、この時間を調整できます。ガベージコレクションが発生するまでは、タグの変更を元に戻すことができます。

Red Hat Quay のスーパーユーザーには、ユーザーリポジトリーからの期限切れイメージの削除に関する特別な権限はありません。スーパーユーザーがユーザーリポジトリーの情報を収集し、操作するための一元的なメカニズムはありません。有効期限やイメージ削除の管理は、各リポジトリーの所有者に委ねられています。

タグの有効期限は、次の 2 つの方法のいずれかで設定できます。

  • イメージの作成時に Dockerfile で quay.expires-after= LABEL を設定する方法。これは、イメージをビルドした時点からの有効期間を設定するものです。
  • Red Hat Quay UI で有効期限を選択する方法。以下に例を示します。

    Change tag expiration under the Options icon or from the EXPIRES column

4.2.1. Dockerfile からのタグの有効期限の設定

docker label コマンドを使用してラベル (例: quay.expires-after=20h) を追加すると、指定した時間の経過後に、タグが自動的に期限切れになります。以下に示す時間、日、または週の値を指定できます。

  • 1h
  • 2d
  • 3w

有効期限は、イメージがレジストリーにプッシュされた時点から始まります。

4.2.2. リポジトリーからのタグの有効期限の設定

タグの有効期限は Red Hat Quay UI で設定できます。

手順

  1. リポジトリーに移動し、ナビゲーションペインで Tags をクリックします。
  2. イメージタグの Settings または gear アイコンをクリックし、Change Expiration を選択します。
  3. プロンプトが表示されたら日付と時刻を選択し、Change Expiration を選択します。有効期限に達するとタグがリポジトリーから削除されるように設定されます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.