検索

11.7. 増分コンテンツビューへのエラータの追加

download PDF

エラータが利用できるがインストールできない場合には、増分のコンテンツビューバージョンを作成して、エラータをコンテンツホストに追加できます。たとえば、コンテンツビューがバージョン 1.0 の場合は、コンテンツビューバージョン 1.1 になり、公開時に、コンテンツビューバージョン 2.0 になります。

重要

コンテンツビューのバージョンが古い場合、機能拡張エラータを増分的に追加するときに非互換性が発生する可能性があります。これは、機能拡張は通常、リポジトリー内の最新のソフトウェア向けに設計されているためです。

Satellite Web UI の代わりに CLI を使用する場合は、CLI 手順 を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > エラータ に移動します。
  2. エラータ のリストから、適用するエラータの名前をクリックします。
  3. エラータを適用するコンテンツホストを選択し、ホストに適用 をクリックします。これにより、コンテンツビューの増分更新が作成されます。
  4. エラータをコンテンツホストに適用する場合は、Apply Errata to Content Hosts immediately after publishing のチェックボックスを選択します。
  5. 確認 をクリックして、エラータを適用します。

CLI 手順

  1. エラータと対応する ID をリスト表示します。

    # hammer erratum list
  2. 異なるコンテンツビューバージョンと対応する ID をリスト表示します。

    # hammer content-view version list
  3. コンテンツビューバージョンに単一のエラータを適用します。コンマ区切りのリストとして、さらに ID を追加できます。

    # hammer content-view version incremental-update \
    --content-view-version-id 319 --errata-ids 34068b
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.