検索

9.5. コンテンツビューバージョンのエクスポート

download PDF

コンテンツビューのバージョンを、Satellite Server からアーカイブファイルにエクスポートして、このアーカイブファイルを使用し、別の Satellite Server か、別の Satellite Server の組織に同じコンテンツビューバージョンを作成します。Satellite は、通常のコンテンツビューとして複合コンテンツビューをエクスポートします。複合性は保持されません。エクスポートされたアーカイブをインポートすると、ダウンストリームの Satellite Server で通常のコンテンツビューが作成または更新されます。エクスポートしたアーカイブファイルには、以下のデータが含まれます。

  • コンテンツビューバージョンのメタデータが含まれる JSON ファイル
  • コンテンツビューバージョンに組み込まれる全リポジトリーを含むアーカイブファイル

Satellite Server は、コンテンツビューのバージョンに追加された RPM およびキックスタートファイルのみをエクスポートします。Satellite では、以下の内容はエクスポートされません。

  • Docker コンテンツ
  • コンテンツビューの定義およびメタデータ (パッケージフィルターなど)

前提条件

コンテンツビューをエクスポートするには、エクスポートする Satellite Server が、以下の条件を満たしていることを確認します。

  • エクスポートディレクトリーに、エクスポートに対応できる空き容量があることを確認する。
  • /var/lib/pulp/exports ディレクトリーに、エクスポートプロセス中に作成された一時ファイルにエクスポートされるリポジトリーのサイズと同じ空き容量があることを確認する。
  • エクスポートするコンテンツビュー内の全リポジトリーでダウンロードポリシーを 即時 に設定していることを確認する。詳細は、「ダウンロードポリシーの概要」 を参照してください。
  • エクスポートする製品が、必要な日付に同期されることを確認する。
  • コンテンツをエクスポートするユーザーに Content Exporter ロールがあることを確認します。

コンテンツビューバージョンをエクスポートする方法

  1. エクスポート可能なコンテンツビューのバージョンをリスト表示します。

    # hammer content-view version list \
    --content-view="My_Content_View" \
    --organization="My_Organization"
    
    ---|----------|---------|-------------|-----------------------
    ID | NAME     | VERSION | DESCRIPTION | LIFECYCLE ENVIRONMENTS
    ---|----------|---------|-------------|-----------------------
    5  | view 3.0 | 3.0     |             | Library
    4  | view 2.0 | 2.0     |             |
    3  | view 1.0 | 1.0     |             |
    ---|----------|---------|-------------|----------------------

コンテンツビューバージョンをエクスポートします。

  1. 必要なバージョンのバージョン番号を取得します。以下の例は、エクスポート用のバージョン 1.0 を対象としています。

    # hammer content-export complete version \
    --content-view="Content_View_Name" \
    --version=1.0 \
    --organization="My_Organization"
  2. エクスポートしたコンテンツビューバージョンが含まれるアーカイブが、エクスポートディレクトリーにあることを確認します。

    # ls -lh /var/lib/pulp/exports/My_Organization/Content_View_Name/1.0/2021-02-25T18-59-26-00-00/

コンテンツを正常にインポートするには、tar.gz アーカイブファイル、toc.json および metadata.json などの 3 つのファイルがすべて必要です。

チャンクを使用したエクスポート

多くの場合、エクスポートされたアーカイブのコンテンツのサイズは数ギガバイトになる場合があります。小さいサイズまたはチャンクに分割することを推奨します。分割するには、--chunk-size-gb オプションを指定して hammer content-export コマンドを使用します。以下の例では、--chunk-size-gb=2 を使用してアーカイブを 2 GB のチャンクに分割します。

# hammer content-export complete version \
--chunk-size-gb=2 \
--content-view="Content_View_Name" \
--organization="My_Organization" \
--version=1.0
# ls -lh /var/lib/pulp/exports/My_Organization/view/1.0/2021-02-25T21-15-22-00-00/
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.