検索

9.11. コンテンツビューバージョンのインポート

download PDF

エクスポートされたコンテンツビューバージョンをインポートして、別の Satellite Server 上の組織に同じコンテンツを持つバージョンを作成できます。コンテンツビューバージョンのエクスポートの詳細は、「コンテンツビューバージョンのエクスポート」 を参照してください。

コンテンツビューバージョンをインポートすると、メジャーバージョン番号、マイナーバージョン番号が同じで、同じパッケージ、エラータを含む同じリポジトリーが含まれます。カスタムリポジトリー、製品、およびコンテンツビューは、インポートする組織に存在しない場合は自動的に作成されます。

前提条件

  • エクスポートファイルは、/var/lib/pulp/imports の下のディレクトリーにある必要があります。
  • エクスポートされたコンテンツに Red Hat リポジトリーがある場合は、インポートする組織のマニフェストには、エクスポート内に含まれる製品のサブスクリプションが含まれている必要があります。
  • コンテンツビューバージョンをインポートするユーザーには、Content Importer ロールが必要です。

手順

  1. エクスポートしたファイルを、インポート先の Satellite Server の /var/lib/pulp/imports のサブディレクトリーにコピーします。
  2. インポートディレクトリーとその内容の所有権を pulp:pulp に設定します。

    # chown -R pulp:pulp /var/lib/pulp/imports/2021-02-25T21-15-22-00-00/
  3. 所有権が正しく設定されていることを確認します。

    # ls -lh /var/lib/pulp/imports/2021-02-25T21-15-22-00-00/
  4. コンテンツビューバージョンを Satellite Server にインポートするには、次のコマンドを入力します。

    # hammer content-import version \
    --organization-id=My_Organization_ID \
    --path=/var/lib/pulp/imports/2021-02-25T21-15-22-00-00/

    フルパス /var/lib/pulp/imports/My_Exported_Version_Dir を入力する必要があることに注意してください。相対パスは機能しません。

  5. コンテンツビューバージョンが正常にインポートされたことを確認するには、組織のコンテンツビューバージョンをリスト表示します。

    # hammer content-view version list \
    --organization-id=My_Organization_ID
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.