検索

3.12. Satellite Server での送信メールの設定

download PDF

Satellite Server からメールメッセージを送信するには、SMTP サーバーまたは sendmail コマンドのいずれかを使用できます。

前提条件

  • スパム対策保護またはグレイリスティング機能を備えた SMTP サーバーの一部で、問題が発生することが知られています。このようなサービスでの送信メールの設定には、リレー用に Satellite Server に vanilla SMTP サービスをインストールして設定するか、代わりに sendmail コマンドを使用します。

手順

  1. Satellite Web UI で、Administer > Settings に移動します。
  2. Email タブをクリックして、希望する配信方法に一致する設定オプションを設定します。変更は即座に反映されます。

    1. 以下の例は、SMTP サーバーを使用する場合の設定オプションの例を示しています。

      表3.1 配信方法に SMTP サーバーを使用する例
      名前値例

      配信方法

      SMTP

      SMTP アドレス

      smtp.example.com

      SMTP 認証

      ログイン

      SMTP HELO/EHLO ドメイン

      example.com

      SMTP パスワード

      パスワード

      SMTP ポート

      25

      SMTP ユーザー名

      user@example.com

      SMTP ユーザー名SMTP パスワード では、SMTP サーバーのログイン認証情報を指定します。

    2. 以下の例では、gmail.com が SMTP サーバーとして使用されています。

      表3.2 gmail.com を SMTP サーバーとして使用する例
      名前値例

      配信方法

      SMTP

      SMTP アドレス

      smtp.gmail.com

      SMTP 認証

      plain

      SMTP HELO/EHLO ドメイン

      smtp.gmail.com

      SMTP enable StartTLS auto

      あり

      SMTP パスワード

      パスワード

      SMTP ポート

      587

      SMTP ユーザー名

      user@gmail.com

    3. 以下の例では、sendmail コマンドが配信方法として使用されています。

      表3.3 配信方法に sendmail を使用する例
      名前値例

      配信方法

      Sendmail

      Sendmail の場所

      /usr/sbin/sendmail

      Sendmail の引数

      -i

      セキュリティー上の理由から、Sendmail の場所と Sendmail 引数の設定はどちらも読み取り専用であり、/etc/foreman/settings.yaml でのみ設定できます。現在、両方の設定を satellite-installer で設定することはできません。詳細は、sendmail 1 の man ページを参照してください。

  3. TLS 認証を使用する SMTP サーバーで電子メールを送信する場合は、以下のいずれかの手順を実行してください。

    • SMTP サーバーの CA 証明書を信頼済みとしてマークします。このようにマークするには、Satellite Server で以下のコマンドを実行します。

      # cp mailca.crt /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
      # update-ca-trust enable
      # update-ca-trust

      ここで、mailca.crt は SMTP サーバーの CA 証明書です。

    • または、Satellite Web UI で、SMTP enable StartTLS auto オプションを No に設定します。
  4. Test email をクリックしてユーザーのメールアドレスにテストメッセージを送信し、設定が機能していることを確認します。メッセージの送信に失敗した場合、Satellite Web UI はエラーを表示します。詳細については、/var/log/foreman/production.log のログを確認してください。
注記

個別ユーザーまたはユーザーグループに対するメール通知の設定に関する詳細は、 Red Hat Satellite の管理メール通知の設定 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.