検索

2.4. 新しいリポジトリーの同期

download PDF

Capsule Server と Satellite Client をアップグレードする前に、新しい 6.14 リポジトリーを有効にして同期する必要があります。

手順

  1. Satellite Web UI で、Content > Red Hat Repositories に移動します。
  2. Recommended Repositories を、On の位置に切り替えます。
  3. 結果の一覧から、以下のリポジトリーを展開して、Enable アイコンをクリックして、リポジトリーを有効にします。

    • Satellite クライアントをアップグレードするには、クライアントが使用するすべての Red Hat Enterprise Linux バージョンで Red Hat Satellite Client 6 リポジトリーを有効にします。
    • Capsule Server を使用している場合に、Capsule Server をアップグレードするには、以下のリポジトリーも有効にします。

      Red Hat Satellite Capsule 6.14 (for RHEL 8 x86_64) (RPMs)

      Red Hat Satellite Maintenance 6.14 (for RHEL 8 x86_64) (RPMs)

      Red Hat Enterprise Linux 8 (for x86_64 - BaseOS) (RPMs)

      Red Hat Enterprise Linux 8 (for x86_64 - AppStream) (RPMs)

    注記

    6.14 リポジトリーが利用できない場合は、Red Hat Subscription Manifest を更新します。Satellite Web UI で、Content > Subscriptions に移動し、Manage Manifest をクリックして、Refresh をクリックします。

  4. Satellite Web UI で、Content > Sync Status に移動します。
  5. 製品の横にある矢印をクリックして、利用可能なリポジトリーを表示します。
  6. 6.14 のリポジトリーを選択します。Red Hat Satellite Client 6 には、6.14 バージョンがないことに注意してください。代わりに Red Hat Satellite Client 6 を選択してください。
  7. Synchronize Now をクリックします。

    重要

    リポジトリーを同期しようとしたときにエラーが発生した場合は、マニフェストをリフレッシュしてください。問題が解決しない場合は、サポートリクエストを作成してください。カスタマーポータルまたは Satellite Web UI からマニフェストを削除しないでください。削除すると、コンテンツホストのエンタイトルメントがすべて削除されます。

  8. コンテンツビューを使用して Capsule Server のベースオペレーティングシステムへの更新を制御する場合、そのコンテンツビューを新しいリポジトリーで更新し、更新済みのバージョンを公開して、プロモートします。詳細は、コンテンツの管理コンテンツビューの管理 を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.