検索

12.3. コンテンツビューによる OSTree コンテンツの管理

download PDF

コンテンツビューを使用して、アプリケーションライフサイクルで OSTree ブランチを管理します。このプロセスでは、RPM および Puppet モジュールが使用するものと同じ公開とプロモーションのメソッドを使用します。

手順

OSTree のコンテンツビューを作成して、リポジトリーを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite Web UI で コンテンツ > コンテンツビューに移動して、新規ビューの作成をクリックします。
  2. 名前 フィールドには、プレーンテキスト形式のビューの名前を入力します。これにより、自動的に ラベル フィールドにデータが投入されます。
  3. 説明 フィールドには、OSTree コンテンツビューの説明を加えます。
  4. 複合コンテンツビューを使用する場合には、複合ビュー のチェックボックスを選択します。
  5. 保存をクリックします。
  6. OSTree コンテンツ タブに移動して、追加 をクリックします。
  7. 使用するコンテンツの OSTree リポジトリーを選択します。リポジトリーの追加 をクリックして、OSTree コンテンツをこのリポジトリーからコンテンツビューに追加します。
  8. バージョン に移動して、新規バージョンの公開 をクリックします。
  9. 説明 フィールドには、バージョンの説明を入力し、保存 をクリックします。

プロモート をクリックして、アプリケーションライフサイクルの環境でこのコンテンツビューをプロモートすることもできます。

CLI をご利用の場合

  1. リポジトリー ID の一覧を取得します。

    # hammer repository list --organization "_My_Organization_"
  2. コンテンツビューを作成して、リポジトリーを追加します。

    # hammer content-view create \
    --name "OSTree" \
    --description "OSTree for Red Hat Enterprise Linux Atomic Host" \
    --repository-ids 5 \
    --organization "My_Organization"
  3. ビューを公開します。

    # hammer content-view publish \
    --name "OSTree" \
    --description "Example Content View for the OSTree" \
    --organization "My_Organization"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.