検索

第7章 アプリケーションライフサイクルの管理

download PDF

本章では、Satellite のアプリケーションライフサイクルと、Satellite と Capsule のアプリケーションライフサイクルの作成と削除の方法を概説します。

7.1. アプリケーションライフサイクルの概要

アプリケーションライフサイクル は、Red Hat Satellite 6 のコンテンツ管理機能の中心となる概念です。アプリケーションライフサイクルは、特定の段階で特定のシステムとソフトウェアがどのように見えるかを定義します。たとえば、アプリケーションライフサイクルは単純である可能性があり、開発段階と実稼働段階のみが存在する可能性があります。この場合、アプリケーションライフサイクルは以下のようになります。

  • 開発
  • 実稼働

ただし、より複雑なアプリケーションライフサイクルには、ベータリリースやテストフェーズなど、追加の段階が含まれる場合があります。これにより、アプリケーションライフサイクルに別のステージが追加されます。

  • 開発
  • テスト
  • ベータリリース
  • 実稼働

Red Hat Satellite 6 は、仕様に合わせて各アプリケーションライフサイクルの段階をカスタマイズする方法を提供します。

Red Hat Satellite 6 では、アプリケーションライフサイクルの各段階は 環境 と呼ばれます。各環境はコンテンツの特定のコレクションを使用します。Red Hat Satellite 6 では、これらのコンテンツコレクションはコンテンツビューとして定義されます。各コンテンツビューは、特定の環境に含めるリポジトリー、パッケージ、および Puppet モジュールを定義できるフィルターとなります。これにより、ユーザーは各環境に指定する特定のコンテンツセットを定義できるようになります。

たとえば、メールサーバーには、実際に使用する実稼働レベルのサーバーがあり、最新のメールサーバーパッケージを試すテストサーバーがある単純なアプリケーションライフサイクルのみが必要となります。テストサーバーが初期フェーズをパスしたら、実稼働レベルのサーバーが新しいパッケージを使用するように設定できます。

別の例としては、ソフトウェア製品の開発ライフサイクルがあります。開発環境でソフトウェアの新しい部分を開発するには、品質保証環境でソフトウェアをテストしてベータ版としてプレリリースした後に、実稼働レベルのアプリケーションとしてソフトウェアをリリースします。

図7.1 Red Hat Satellite 6 アプリケーションライフサイクル

Red Hat Satellite 6 アプリケーションライフサイクル
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.