検索

7.3. ライフサイクル環境パスの作成

download PDF

ソフトウェアを開発およびリリースするためのアプリケーションライフサイクルを作成するには、ライブラリー 環境を初期環境として使用して、環境パスを作成します。次に、オプションで環境パスに環境を追加します。

手順

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > ライフサイクル環境 に移動します。
  2. 新規環境パス をクリックして、新しいアプリケーションライフサイクルを開始します。
  3. 名前 フィールドに、環境の名前を入力します。
  4. 説明 フィールドには、お使いの環境の説明を入力します。
  5. 保存 をクリックします。
  6. オプション: 環境パスに環境を追加するには、新しい環境の追加 をクリックし、名前説明 フィールドを入力します。続いて、以前の環境 一覧から以前の環境を選択します。

CLI をご利用の場合

  1. 環境パスを作成するには、hammer lifecycle-environment create コマンドを入力し、--prior オプションでライブラリー環境を指定します。

    # hammer lifecycle-environment create \
    --name "Environment Path Name" \
    --description "Environment Path Description" \
    --prior "Library" \
    --organization "My_Organization"
  2. オプション: 環境パスに環境を追加するには、hammer lifecycle-environment create コマンドを入力し、--prior オプションを使用して親環境を指定します。

    # hammer lifecycle-environment create \
    --name "Environment Name" \
    --description "Environment Description" \
    --prior "Prior Environment Name" \
    --organization "My_Organization"
  3. ライフサイクル環境チェーンを表示するには、以下のコマンドを入力します。

    # hammer lifecycle-environment paths --organization "My_Organization"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.