検索

15.5. Red Hat Satellite のカスタムファイルタイプリポジトリーからホストにファイルをダウンロードする手順

download PDF

curl -O を実行して、HTTPS (HTTP での公開 リポジトリーを選択している場合は HTTP でも可能) でクライアントにファイルをダウンロードします。

前提条件

手順

ファイルをカスタムファイルタイプリポジトリーからホストにダウンロードするには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > 製品 に移動します。
  2. カスタム製品の名前を選択します。
  3. ファイルタイプリポジトリーの名前を選択します。
  4. HTTP 経由での公開 が有効になっているかどうかを確認します。有効になっていない場合は、HTTPS を使用するための証明書が必要です。
  5. リポジトリーを公開した URL をコピーします。

CLI をご利用の場合

  1. ファイルタイプリポジトリーを一覧表示します。

    # hammer repository list --content-type file
    ---|----------|-----------------|--------------|----
    ID | NAME     | PRODUCT         | CONTENT TYPE | URL
    ---|----------|-----------------|--------------|----
    7  | My Files | My File Product | file         |
    ---|----------|-----------------|--------------|----
  2. リポジトリー情報を表示します。

    # hammer repository info --name "My Files" --product "My File Product" --organization-id 1

    HTTP が有効になっている場合には、出力は次のようになります。

    Publish Via HTTP:   yes
    Published At:       http://satellite.example.com/pulp/isos/uuid/

    HTTP が有効になっていない場合には、出力は次のようになります。

    Publish Via HTTP:   no
    Published At:       https://satellite.example.com/pulp/isos/uuid/
  3. クライアントに、適切な HTTP または HTTPS の形式でコマンドを入力します。

    HTTP の場合:

    # curl -O satellite.example.com/pulp/isos/uuid/my_file

    HTTPS の場合:

    # curl -O --cert ./Default\ Organization-key-cert.pem --cacert katello-server-ca.crt satellite.example.com/pulp/isos/uuid/my_file
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.