検索

10.4. 自動アタッチの有効化

download PDF

アクティベーションキーで自動アタッチを有効にし、キーに関連付けられているサブスクリプションがある場合は、サブスクリプション管理サービスが、現在インストールされている製品、アーキテクチャー、およびサービスレベルなどの設定に基づいて、最適な関連サブスクリプションを選択してアタッチします。

自動アタッチを有効にして、キーに関連付けられたサブスクリプションを持たないことができます。このタイプのキーは、仮想マシンが物理サブスクリプションを消費するのではなく、ハイパーバイザーからホストベースのサブスクリプションを継承する場合に、仮想マシンを登録するために一般的に使用されます。詳細は、『 Red Hat Satellite での仮想マシンサブスクリプション の設定』を参照してください。

自動アタッチはデフォルトで有効になっています。アクティベーションキーに関連付けられているすべてのサブスクリプションを強制的にアタッチする場合は、このオプションを無効にします。

手順

自動アタッチを有効にするには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > アクティベーションキー に移動します。
  2. 編集するアクティべーションキーの名前をクリックします。
  3. サブスクリプション タブをクリックします。
  4. 自動アタッチの隣にある編集アイコンをクリックします。
  5. チェックボックスにチェックを入れて自動アタッチを有効にするか、チェックを外して無効にします。
  6. 保存 をクリックします。

CLI をご利用の場合

アクティベーションキーで自動アタッチを有効にするには、以下を実行します。

# hammer activation-key update --name "My_Activation_Key" \
--organization "My_Organization" --auto-attach true
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.