検索

8.7. 複合コンテンツビューの作成

download PDF

手順

複合コンテンツビューを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Satellite Web UI で コンテンツ > コンテンツビューに移動して、新規ビューの作成をクリックします。
  2. 名前 フィールドで、ビューの名前を入力します。Red Hat Satellite 6 では、入力した名前から、ラベル フィールドに自動的に入力されます。
  3. 説明 フィールドに、ビューの説明を入力します。
  4. 複合ビュー? チェックボックスを選択して、複合コンテンツビューを作成します。
  5. オプション: コンテンツビューが再公開されると複合コンテンツビューが自動的に再公開されるようにするには、自動公開 チェックボックスを選択します。
  6. 保存 をクリックします。
  7. コンテンツビューの追加 エリアで、複合コンテンツビューに追加するコンテンツビューを選択して、コンテンツビューの追加 をクリックします。
  8. 新規バージョンの公開 をクリックして、複合コンテンツビューを公開します。説明 フィールドに説明を入力し、保存 をクリックします。
  9. プロモート をクリックし、複合コンテンツビューをプロモートするライフサイクル環境を選択し、説明を入力して、バージョンのプロモート をクリックします。

CLI をご利用の場合

  1. 複合コンテンツビューを作成する前に、既存のコンテンツビューのバージョン ID を一覧表示します。

    # hammer content-view version list \
    --organization "My_Organization"
  2. 新しい複合コンテンツビューを作成します。--auto-publish オプションを yes に設定すると、そのコンテンツビューを含むコンテンツビューが再公開されると、複合コンテンツビューは自動的に再公開されます。

    # hammer content-view create \
    --composite \
    --auto-publish yes \
    --name "Example_Composite_Content_View" \
    --description "Example Composite Content View" \
    --organization "My_Organization"
  3. コンポーネントのコンテンツビューを複合コンテンツビューに追加します。コンテンツビューのバージョン ID を追加して、--latest オプションを使用する必要があります。複合コンテンツビューに、複数のコンポーネントのコンテンツビューを追加するには、追加するすべてのコンテンツビューに対してこの手順を繰り返します。

    # hammer content-view component add \
    --component-content-view-id Content_View_Version_ID \
    --latest \
    --composite-content-view "Example_Composite_Content_View"
  4. 複合コンテンツビューを公開します。

    # hammer content-view publish \
    --name "Example_Composite_Content_View" \
    --description "Initial version of Composite Content View" \
    --organization "My_Organization"
  5. すべての環境で複合コンテンツビューをプロモートします。

    # hammer content-view version promote \
    --content-view "Example_Composite_Content_View" \
    --version 1 \
    --to-lifecycle-environment "Development" \
    --organization "My_Organization"
    # hammer content-view version promote \
    --content-view "Example_Composite_Content_View" \
    --version 1 \
    --to-lifecycle-environment "Testing" \
    --organization "My_Organization"
    # hammer content-view version promote \
    --content-view "Example_Composite_Content_View" \
    --version 1 \
    --to-lifecycle-environment "Production" \
    --organization "My_Organization"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.