検索

第6章 クライアントへの設定の適用

download PDF

この時点で、Satellite 6 Server の Puppet エコシステムが設定され、mymodule モジュールが含まれます。ここでは、このモジュールの設定を登録済みのシステムに適用することを目的としています。

6.1. プロビジョニング時のクライアントへの設定の適用

まず、以下の手順で新規ホストの Puppet 設定を定義します。この手順では、サンプルとしてアップロードされた mymodule を使用します。

プロビジョニング時のクライアントへの設定の適用

  1. Hosts > New host に移動します。
  2. Host タブをクリックします。ホストの Name を入力し、システムの組織とロケーションを選択します。ライフサイクル環境 とそのプロモート済みの コンテンツビュー を選択します。これは、設定に使用する Puppet 環境を定義します。また、Capsule の設定 から Puppet CA および Puppet Master を選択します。選択した Capsule は、設定を制御し、新規ホストのエージェントと通信するサーバーとして機能します。
  3. Puppet Classes タブをクリックして、Available Classes セクションから、適用する設定が含まれる Puppet クラスを選択します。この例では、以下を選択します。

    • mymodule
    • mymodule:httpd
    • mymodule:app
  4. Operating System タブから必要なオプションを選択します。これらのオプションは、独自の Satellite 6 インフラストラクチャーによって異なります。Provisioning templates オプションに Satellite Kickstart Default テンプレートが含まれていることを確認してください。このテンプレートには、新規ホストでの Puppet エージェントのインストールコマンドが含まれています。
  5. Parameters タブをクリックして、Puppet クラスパラメーターにカスタムオーバーライドを提供します。この機能を有効にするには、「スマートクラスパラメーターの設定」 を参照してください。
  6. プロビジョニングオプションをすべて完了したら、Submit をクリックします。

プロビジョニングプロセスが開始されます。Satellite 6は、Satellite Kickstart Defaultプロビジョニングテンプレートの一部として必要な設定ツールをインストールします。このプロビジョニングテンプレートには、以下が含まれます。

<% if puppet_enabled %>
# and add the puppet package
yum -t -y -e 0 install puppet

echo "Configuring puppet"
cat > /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf << EOF
<%= snippet 'puppet.conf' %>
EOF

# Setup puppet to run on system reboot
/sbin/chkconfig --level 345 puppet on

/usr/bin/puppet agent --config /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf -o --tags no_such_tag <%= @host.puppetmaster.blank? ? '' : "--server #{@host.puppetmaster}" %> --no-daemonize
<% end -%>

本セクションでは、以下を実行します。

  • Red Hat Satellite Tools 6.7 リポジトリーから puppet パッケージをインストールします。
  • /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf にあるシステムに Puppet 設定スニペットをインストールします。
  • Puppet サービスがシステムで実行できるようになります。
  • 初めて Puppet を実行し、ノードを初期化します。

プロビジョニングプロセスと設定プロセスが新規ホストで完了したら、Web ブラウザーでユーザー定義のポートでホストにアクセスします。たとえば、http://newhost.example.com:8120/ に移動します。以下のメッセージがブラウザーに表示されるはずです。

Congratulations

Your puppet module has correctly applied your configuration.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.