検索

第5章 設定管理のためのクライアントおよびサーバー設定

download PDF

Red Hat Satellite 6 の設定プロセスの重要な部分は、内部 Satellite Capsule または外部 Satellite Capsule のいずれかで Puppet クライアント(Puppet エージェントと呼ばれる)が Puppet サーバー(Puppet マスターと呼ばれる)と通信できるようにすることです。本章では、Red Hat Satellite 6 が Puppet マスターと Puppet エージェントの両方を設定する方法を検証します。

5.1. Red Hat Satellite Server での Puppet の設定

Red Hat Satellite 6 は、全 Satellite Capsule 上の Puppet マスターの主な設定を制御します。追加の設定は不要であり、これらの設定ファイルを手動で変更しないようにすることが推奨されます。たとえば、メインの /etc/puppetlabs/puppet/puppet.conf 設定ファイルには、以下の [master] セクションが含まれます。

[master]
    autosign       = $confdir/autosign.conf { mode = 664 }
    reports        = foreman
    external_nodes = /etc/puppetlabs/code/node.rb
    node_terminus  = exec
    ca             = true
    ssldir         = /var/lib/puppet/ssl
    certname       = sat6.example.com
    strict_variables = false

    manifest       = /etc/puppetlabs/code/environments/$environment/manifests/site.pp
    modulepath     = /etc/puppetlabs/code/environments/$environment/modules
    config_version =

このセクションには、さまざまな環境の設定の作成に Satellite 6 が使用する変数($environmentなど)が含まれます。

一部の Puppet 設定オプションが Satellite 6 Web UI に表示されます。Administer > Settings に移動して、Puppet サブタブを選択します。このページには、Puppet 設定オプションのセットと、それぞれの説明が記載されています。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.