検索

15.6. 管理ポータルからのユーザー管理タスク

download PDF

15.6.1. ユーザーの追加および VM ユーザーポータルパーミッションの割り当て

ユーザーにロールとパーミッションを割り当てる前には、そのユーザーを予め作成しておく必要があります。以下の手順で割り当てるロールとパーミッションにより、ユーザーは VM ユーザーポータルにログインして仮想マシンを作成することができるパーミッションが付与されます。この手順は、グループアカウントにも適用することができます。

ユーザーの追加および VM ユーザーポータルパーミッションの割り当て

  1. ヘッダーバーで 管理 設定 をクリックして 設定 ウィンドウを開きます。
  2. システム権限 をクリックします。
  3. 追加 をクリックすると、ユーザーへのシステム権限の追加 ウィンドウが開きます。
  4. 検索 下のプロファイルを選択します。このプロファイルが検索対象のドメインです。検索テキストフィールドに名前またはその一部を入力して 検索 をクリックします。もしくは、検索 をクリックして、全ユーザーとグループの一覧を表示します。
  5. 対象となるユーザーまたはグループのチェックボックスにチェックを入れます。
  6. 割り当てるロール から割り当てる適切なロールを選択します。UserRole ロールは VM ユーザーポータルにログインするためのパーミッションをアカウントに付与します。
  7. OK をクリックします。

VM ユーザーポータルにログインして、そのユーザーアカウントにログインのパーミッションが付与されていることを確認します。

15.6.2. ユーザー情報の確認

ユーザー情報の確認

  1. 管理 ユーザー をクリックし、認証済みのユーザー一覧を表示します。
  2. ユーザー名をクリックして詳細ビューを表示します。通常、そのユーザーのドメイン名、メールアドレス、ステータスなどの全般情報が表示される 全般 タブが選択されます。
  3. その他のタブでは、ユーザーのグループやパーミッション、クォータ、イベントを表示することができます。

たとえば、ユーザーが属するグループを表示するには、ディレクトリーグループ タブをクリックします。

15.6.3. リソースに対するユーザーパーミッションの表示

ユーザーには、特定のリソースまたはリソースの階層に対するパーミッションを割り当てることができます。各リソースに対するパーミッションが割り当てられたユーザーを表示することができます。

リソースに対するユーザーパーミッションの表示

  1. リソースを特定し、その名前をクリックして詳細ビューを表示します。
  2. パーミッション タブをクリックして、選択したリソースに割り当てられたユーザー、ユーザーのロール、継承されたパーミッションを一覧表示します。

15.6.4. ユーザーの削除

ユーザーアカウントが必要なくなった場合には、Red Hat Virtualization から削除してください。

ユーザーの削除

  1. 管理 ユーザー をクリックし、認証済みのユーザー一覧を表示します。
  2. 削除するユーザーを選択します。そのユーザーが仮想マシンを実行していないことを確認します。
  3. 削除 をクリックして、OK をクリックします。

ユーザーが Red Hat Virtualization から削除されましたが、外部のディレクトリーからは削除されていません。

15.6.5. ログイン中のユーザーの確認

セッション時間およびその他の情報と共に、現在ログイン中のユーザーを確認することができます。管理 アクティブなユーザーセッション をクリックすると、ログイン中の各ユーザーの セッション DB IDユーザー名認証プロバイダーユーザー IDソース IP アドレスセッション開始時刻、および 最後にセッションがアクティブだった時刻 が表示されます。

15.6.6. ユーザーセッションの終了

ログイン中のユーザーのセッションを終了することができます。

ユーザーセッションの終了

  1. 管理 アクティブなユーザーセション をクリックします。
  2. 終了するユーザーセッションを選択します。
  3. セッションの終了 をクリックします。
  4. OK をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.