検索

6.8.3. 仮想マシンのユーザーロールの説明

download PDF

次の表は、仮想マシンユーザーに適用可能なユーザーのロールと特権を示しています。これらのロールは、仮想マシンの管理およびアクセス用の VM ポータルにアクセスできますが、管理ポータルのパーミッションはありません。

表6.2 Red Hat Virtualization システムのユーザーロール
ロール権限注記

UserRole

仮想マシンおよびプールにアクセスし、使用できる。

VM ポータルにログインして、仮想マシンとプールを使用できます。

PowerUserRole

仮想マシンおよびテンプレートを作成および管理できる。

このロールを Configure ウィンドウで環境全体のユーザーまたは特定のデータセンターやクラスターのユーザーに適用します。たとえば、PowerUserRole がデータセンターレベルに適用されると、PowerUser はデータセンターで仮想マシンおよびテンプレートを作成できます。PowerUserRole は、VmCreatorDiskCreator、およびTemplateCreatorのロールを割り当てることと同じです。

UserVmManager

仮想マシンのシステム管理者。

仮想マシンの管理、スナップショットの作成と使用が可能。VM ポータルで仮想マシンを作成したユーザーには、そのマシンの UserVmManager ロールが自動的に割り当てられます。

UserTemplateBasedVm

テンプレートのみを使用できる限定的な権限。

テンプレートを使用して仮想マシンを作成するための特権のレベル。

VmCreator

VM ポータルで仮想マシンを作成できる。

このロールは特定の仮想マシンには適用されません。Configure ウィンドウで環境全体のユーザーにこのロールを適用します。このロールをクラスターに適用する場合、データセンター全体または特定のストレージドメインに DiskCreator ロールを適用する必要もあります。

VnicProfileUser

仮想マシンの論理ネットワークおよびネットワークインターフェイスユーザー。

論理ネットワークの作成時にAllow all users to use this Network オプションが選択されている場合に、VnicProfileUser アクセス許可が論理ネットワークのすべてのユーザーに割り当てられます。その後、ユーザーは仮想マシンネットワークインターフェイスを論理ネットワークにアタッチしたり、論理ネットワークからデタッチしたりできます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.