検索

6.8.4. ユーザーへの仮想マシンの割り当て

download PDF

自分以外のユーザー向けに仮想マシンを作成する場合は、ユーザーが仮想マシンを使用する前に、ユーザーにロールを割り当てる必要があります。権限は既存のユーザーにのみ割り当てることができる点に注意してください。ユーザーアカウントの作成の詳細は、Administration GuideUsers and Roles を参照してください。

VM ポータルは、User、PowerUser、および UserVmManager の 3 つのデフォルトのロールをサポートしています。ただし、カスタマイズされたロールは、管理ポータルを介して設定できます。デフォルトのロールを以下に説明します。

  • User は仮想マシンに接続して使用できます。このロールは、日常のタスクを実行するデスクトップエンドユーザーに適しています。
  • PowerUserは、仮想マシンを作成し、仮想リソースを閲覧できます。このロールは、従業員に仮想リソースを割り当てる必要のある管理者またはマネージャーに適しています。
  • UserVmManagerは、仮想マシンの編集と削除、ユーザー権限の割り当て、スナップショットの使用、およびテンプレートの使用を行うことができます。仮想環境の設定を変更する必要がある場合に適しています。

仮想マシンを作成すると、UserVmManager特権が自動的に継承されます。これにより、仮想マシンに変更を加えて、管理するユーザー、または Identity Management (IdM) または RHDS グループに属するユーザーにアクセス許可を割り当てることができます。詳細は、Administration Guide を参照してください。

ユーザーへのパーミッションの割り当て

  1. Compute Virtual Machines をクリックし、仮想マシンを選択します。
  2. 仮想マシンの名前をクリックして、詳細ビューに移動します。
  3. Permissions タブをクリックします。
  4. Add をクリックします。
  5. Search テキストボックスに名前、ユーザー名、またはその一部を入力し、Go をクリックします。一致する候補の一覧が結果リストに表示されます。
  6. 権限を割り当てるユーザーのチェックボックスを選択します。
  7. Role to Assign ドロップダウンリストから UserRole を選択します。
  8. OK をクリックします。

この仮想マシンへのアクセスを許可されているユーザーのリストに、ユーザーの名前とロールが表示されます。

注記

ユーザーに仮想マシン 1 台だけのアクセス許可が割り当てられている場合は、仮想マシンにシングルサインオン (SSO) を設定できます。シングルサインオンを有効にすると、ユーザーが VM ポータルにログインし、SPICE コンソールなどを介して仮想マシンに接続すると、ユーザーは仮想マシンに自動的にログインされるので、もう一度ユーザー名とパスワードを入力する必要はありません。シングルサインオンは、仮想マシンごとに有効または無効にできます。仮想マシンのシングルサインオンを有効または無効にする方法は、「仮想マシンのシングルサインオンの設定」を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.