検索

6.17.2.2. SPICE を使用するための仮想マシンのタブレットおよびマウスの設定

download PDF

/etc/X11/xorg.conf ファイルを編集し、仮想マシンのタブレットデバイスの SPICE を有効にします。

SPICE を使用するための仮想マシンのタブレットおよびマウスの設定

  1. ゲストでタブレットデバイスが利用可能であることを確認します。

    # /sbin/lsusb -v | grep 'QEMU USB Tablet'
    If there is no output from the command, do not continue configuring the tablet.
  2. /etc/X11/xorg.conf をバックアップします。

    # cp /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.$$.backup
  3. /etc/X11/xorg.conf に以下の変更を加えます。

    Section "ServerLayout"
    Identifier     "single head configuration"
    Screen      0  "Screen0" 0 0
    InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
    InputDevice    "Tablet" "SendCoreEvents"
    InputDevice    "Mouse" "CorePointer"
    EndSection
    
    Section "InputDevice"
    Identifier  "Mouse"
    Driver      "void"
    #Option      "Device" "/dev/input/mice"
    #Option      "Emulate3Buttons" "yes"
    EndSection
    
    Section "InputDevice"
    Identifier  "Tablet"
    Driver      "evdev"
    Option      "Device" "/dev/input/event2"
    Option "CorePointer" "true"
    EndSection
  4. 仮想マシンからログアウトし、ログインし直して X-Windows を再起動します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.