検索

6.13.3. エクスポートドメインからの仮想マシンのインポート

download PDF

エクスポートドメインに仮想マシンがあります。仮想マシンを新しいデータセンターにインポートする前に、エクスポートドメインを移行先データセンターにアタッチする必要があります。

宛先データセンターへの仮想マシンのインポート

  1. Storage Domains をクリックし、エクスポートドメインを選択します。エクスポートドメインのステータスは Active である必要があります。
  2. エクスポートドメイン名をクリックして、詳細ビューに移動します。
  3. VM Import タブをクリックして、インポートする利用可能な仮想マシンを一覧表示します。
  4. インポートする 1 つ以上の仮想マシンを選択し、Import をクリックします。
  5. Target Cluster を選択します。
  6. Collapse Snapshots チェックボックスを選択して、スナップショットの復元ポイントを削除し、テンプレートベースの仮想マシンにテンプレートを追加します。
  7. インポートする仮想マシンをクリックし、Disks サブタブをクリックします。このタブから、Allocation Policy および Storage Domain ドロップダウンリストを使用して、仮想マシンが使用するディスクがシンプロビジョニングされるかまたは事前割り当てされるかどうかを選択できます。また、ディスクが保存されるストレージドメインを選択することもできます。どのインポートするディスクが、その仮想マシンのブートディスクとして機能するかを示すアイコンも表示されます。
  8. OK をクリックして、仮想マシンをインポートします。

    仮想マシンが仮想化環境に存在する場合、Import Virtual Machine Conflict ウィンドウが開きます。

    以下のラジオボタンのいずれかを選択します。

    • Don't import
    • Import as clonedNew Name フィールドに仮想マシンの一意の名前を入力します。
  9. オプションで Apply to all チェックボックスを選択して、同じ接尾辞を持つ重複した仮想マシンをすべてインポートしてから、接尾辞をSuffix to add to the cloned VMs フィールドに入力します。
  10. OK をクリックします。
重要

単一のインポート操作中には、同じアーキテクチャーを共有する仮想マシンのみをインポートできます。インポートする仮想マシンのいずれかが、インポートするその他の仮想マシンのアーキテクチャーと異なる場合、警告が表示され、同じアーキテクチャーを持つ仮想マシンのみがインポートされるように、選択内容を変更するように求められます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.