検索

6.17.2. SPICE を使用する Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降の仮想マシンの設定

download PDF

SPICE は仮想環境向けに設計されたリモートディスプレイプロトコルで、仮想化デスクトップまたはサーバーを表示できます。SPICE は、高品質のユーザーエクスペリエンスを提供し、CPU の消費を低く保ち、高品質なビデオストリーミングをサポートします。

Linux マシンで SPICE を使用すると、仮想マシンのコンソールでのマウスカーソルの動きが大幅に改善されます。SPICE を使用するには、X-Windows システムに追加の QXL ドライバーが必要です。QXL ドライバーは、Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降と共に提供されます。それ以前のバージョンには対応していません。Red Hat Enterprise Linux を実行している仮想マシンに SPICE をインストールすると、グラフィカルユーザーインターフェイスのパフォーマンスが大幅に改善されます。

注記

通常、これはユーザーがグラフィカルユーザーインターフェイスを使用する必要がある仮想マシンに最も有用です。仮想サーバーを作成するシステム管理者は、サーバーでのグラフィカルユーザーインターフェイスの使用が最小限であれば、SPICE を設定しないことを好む場合があります。

6.17.2.1. QXL ドライバーのインストールおよび設定

Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降を実行する仮想マシンに QXL ドライバーを手動でインストールする必要があります。QXL ドライバーがデフォルトでインストールされるため、Red Hat Enterprise Linux 6 または Red Hat Enterprise Linux 7 を実行する仮想マシンではこの作業は不要です。

QXL ドライバーのインストール

  1. Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンにログインします。
  2. QXL ドライバーをインストールします。

    # yum install xorg-x11-drv-qxl

グラフィカルインターフェイスまたはコマンドラインのいずれかを使用して QXL ドライバーを設定できます。以下のいずれか一方の手順を実行します。

GNOME での QXL ドライバーの設定

  1. System をクリックします。
  2. Administration をクリックします。
  3. Display をクリックします。
  4. Hardware タブをクリックします。
  5. Video Cards Configure をクリックします。
  6. qxl を選択し、OK をクリックします。
  7. 仮想マシンからログアウトし、ログインし直して X-Windows を再起動します。

コマンドラインでの QXL ドライバーの設定

  1. /etc/X11/xorg.conf をバックアップします。

    # cp /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.$$.backup
  2. /etc/X11/xorg.conf の Device セクションに以下の変更を加えます。

    Section 	"Device"
    Identifier	"Videocard0"
    Driver		"qxl"
    Endsection
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.