検索

7.9. Sysprep を使用した仮想マシンの設定の自動化

download PDF

sysprep は、ホスト名、ネットワークインターフェイス、認証キーの設定、ユーザーの設定、Active Directory への接続など、Windows 仮想マシンの設定を自動化するのに使用するツールです。Sysprep は、すべての Windows バージョンにインストールされます。

Red Hat Virtualization は、仮想化技術を利用して、1 つのテンプレートに基づいて仮想ワークステーションをデプロイすることで、Sysprep を強化します。Red Hat Virtualization は、各仮想ワークステーション用にカスタマイズした自動回答ファイルを作成します。

Sysprep は、完全な無人インストール用の応答ファイルを生成します。さまざまな Windows オペレーティングシステムのデフォルト値は、/usr/share/ovirt-engine/conf/sysprep/ ディレクトリーにあります。カスタム Sysprep ファイルを作成し、/etc/ovirt-engine /osinfo.conf.d/ディレクトリーのosinfo ファイルから参照することもできます。これらのファイルは、Sysprep のテンプレートとして機能します。これらのファイルのフィールドは、必要に応じてコピーおよび編集できます。この定義は、Edit Virtual Machine ウィンドウの Initial Run フィールドに入力された値を上書きします。

Windows 仮想マシンのプールを作成する際にカスタムの sysprep ファイルを作成し、さまざまなオペレーティングシステムおよびドメインに対応できます。詳細は、Administration GuideCreating a Virtual Machine Pool を参照してください。

オーバーライドファイルは /etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/ の下に作成し、/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/00-defaults.properties の後に配置されるファイル名にし、.properties で終わる必要があります。(例:/etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/10-productkeys.properties)。最後のファイルが優先され、それより前の他のファイルはすべて上書きされます。

Windows オペレーティングシステムのデフォルト値を /etc/ovirt-engine/osinfo.conf.d/00-defaults.properties からオーバーライドファイルにコピーし、productKey.value フィールドおよび sysprepPath.value フィールドに値を入力します。

例7.2 Windows 7 のデフォルト設定値

# Windows7(11, OsType.Windows, false),false
os.windows_7.id.value = 11
os.windows_7.name.value = Windows 7
os.windows_7.derivedFrom.value = windows_xp
os.windows_7.sysprepPath.value = ${ENGINE_USR}/conf/sysprep/sysprep.w7
os.windows_7.productKey.value =
os.windows_7.devices.audio.value = ich6
os.windows_7.devices.diskInterfaces.value.3.3 = IDE, VirtIO_SCSI, VirtIO
os.windows_7.devices.diskInterfaces.value.3.4 = IDE, VirtIO_SCSI, VirtIO
os.windows_7.devices.diskInterfaces.value.3.5 = IDE, VirtIO_SCSI, VirtIO
os.windows_7.isTimezoneTypeInteger.value = false

7.9.1. テンプレートでの Sysprep の設定

この手順を使用して、テンプレートに追加する標準の Sysprep 設定を指定できます。あるいは、このテンプレートに基づいて仮想マシンを作成する際に Sysprep 設定を設定することもできます。

置換文字列を使用して、/usr/share/ovirt-engine/conf/sysprep/ ディレクトリーのデフォルトファイルで提供される値を置換できます。たとえば、"<Domain><![CDATA[$JoinDomain$]]></Domain>"を使用して、参加するドメインを指定できます。

重要

Sysprep の実行中に仮想マシンを再起動しないでください。

前提条件

  • Windows 仮想マシンのパラメーターが正しく定義されている。

    定義されていない場合は、Compute Virtual Machines をクリックし、Editをクリックし、Operating System および Cluster フィールドに必要な情報を入力します。

  • 正しいプロダクトキーが Manager のオーバーライドファイルで定義されている。

Sysprep を使用したテンプレートの準備

  1. 必要なパッチおよびソフトウェアで Windows 仮想マシンをビルドします。
  2. Windows 仮想マシンをシールします。「テンプレートとしてのデプロイメントの準備段階での仮想マシンのシーリング」 を参照してください。
  3. Windows 仮想マシンに基づいてテンプレートを作成します。「テンプレートの作成」 を参照してください。
  4. 追加の変更が必要な場合は、テキストエディターで Sysprep ファイルを更新します。

このテンプレートを使用して新規仮想マシンをプロビジョニングできるようになりました。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.