検索

ネットワークのセキュリティー保護

download PDF
Red Hat Enterprise Linux 9

セキュリティー保護されたネットワークおよびネットワーク通信の設定

Red Hat Customer Content Services

概要

ネットワークのセキュリティーを向上させ、データ侵害や侵入のリスクを軽減するためのツールとテクニックを学びます。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック (英語のみ)

Red Hat ドキュメントに関するご意見やご感想をお寄せください。また、改善点があればお知らせください。

Jira からのフィードバック送信 (アカウントが必要)

  1. Jira の Web サイトにログインします。
  2. 上部のナビゲーションバーで Create をクリックします。
  3. Summary フィールドにわかりやすいタイトルを入力します。
  4. Description フィールドに、ドキュメントの改善に関するご意見を記入してください。ドキュメントの該当部分へのリンクも追加してください。
  5. ダイアログの下部にある Create をクリックします。

第1章 2 台のシステム間で OpenSSH を使用した安全な通信の使用

SSH (Secure Shell) は、クライアント/サーバーアーキテクチャーを使用する 2 つのシステム間で安全な通信を提供し、ユーザーがリモートでサーバーホストシステムにログインできるようにするプロトコルです。FTP、Telnet などの他のリモート通信プロトコルとは異なり、SSH はログインセッションを暗号化するため、侵入者が接続して暗号化されていないパスワードを入手するのが困難になります。

Red Hat Enterprise Linux には、基本的な OpenSSH パッケージ (一般的な openssh パッケージ、openssh-server パッケージ、および openssh-clients パッケージ) が含まれます。OpenSSH パッケージには、OpenSSL パッケージ (openssl-libs) が必要です。このパッケージは、重要な暗号化ライブラリーをいくつかインストールして、暗号化通信を提供する OpenSSH を有効にします。

1.1. SSH と OpenSSH

SSH (Secure Shell) は、リモートマシンにログインしてそのマシンでコマンドを実行するプログラムです。SSH プロトコルは、安全でないネットワーク上で、信頼されていないホスト間で安全な通信を提供します。また、X11 接続と任意の TCP/IP ポートを安全なチャンネルで転送することもできます。

SSH プロトコルは、リモートシェルのログインやファイルコピー用に使用する場合に、システム間の通信の傍受や特定ホストの偽装など、セキュリティーの脅威を軽減します。これは、SSH クライアントとサーバーがデジタル署名を使用してそれぞれの ID を確認するためです。さらに、クライアントシステムとサーバーシステムとの間の通信はすべて暗号化されます。

ホストキーは、SSH プロトコルのホストを認証します。ホスト鍵は、OpenSSH の初回インストール時、またはホストの初回起動時に自動的に生成される暗号鍵です。

OpenSSH は、Linux、UNIX、および同様のオペレーティングシステムでサポートされている SSH プロトコルの実装です。OpenSSH クライアントとサーバー両方に必要なコアファイルが含まれます。OpenSSH スイートは、以下のユーザー空間ツールで構成されます。

  • SSH は、リモートログインプログラム (SSH クライアント) です。
  • sshd は、OpenSSH SSH デーモンです。
  • scp は、安全なリモートファイルコピープログラムです。
  • sftp は、安全なファイル転送プログラムです。
  • ssh-agent は、秘密鍵をキャッシュする認証エージェントです。
  • ssh-add は、秘密鍵の ID を ssh-agent に追加します。
  • ssh-keygen が、ssh の認証キーを生成、管理、および変換します。
  • ssh-copy-id は、ローカルの公開鍵をリモート SSH サーバーの authorized_keys ファイルに追加するスクリプトです。
  • ssh-keyscan - SSH パブリックホストキーを収集します。
注記

RHEL 9 では、Secure copy protocol (SCP) がデフォルトで SSH File Transfer Protocol (SFTP) に置き換えられています。これは、CVE-2020-15778 など、SCP が原因のセキュリティーの問題が発生しているためです。

使用しているシナリオで SFTP が利用できない場合や互換性がない場合は、-O オプションを使用して、元の SCP/RCP プロトコルを強制的に使用できます。

追加情報は Red Hat Enterprise Linux 9 の記事の OpenSSH SCP プロトコルが非推奨に を参照してください。

RHEL の OpenSSH スイートは、SSH バージョン 2 のみをサポートします。このスイートは、旧バージョン (バージョン 1) の既知のエクスプロイトに対して脆弱ではない拡張キー交換アルゴリズムを備えています。

RHEL コア暗号化サブシステムの 1 つである OpenSSH は、システム全体の暗号化ポリシーを使用します。これにより、弱い暗号スイートおよび暗号化アルゴリズムがデフォルト設定で無効になります。ポリシーを変更するには、管理者が update-crypto-policies コマンドを使用して設定を調節するか、システム全体の暗号化ポリシーを手動でオプトアウトする必要があります。

OpenSSH スイートは、2 セットの設定ファイルを使用します。1 つはクライアントプログラム (つまり、sshscp、および sftp) 用で、もう 1 つはサーバー (sshd デーモン) 用です。

システム全体の SSH 設定情報が /etc/ssh/ ディレクトリーに保存されます。ユーザー固有の SSH 設定情報は、ユーザーのホームディレクトリーの ~/.ssh/ に保存されます。OpenSSH 設定ファイルの詳細なリストは、sshd (8) の man ページの FILES セクションを参照してください。

関連情報

1.2. OpenSSH サーバーの設定および起動

ウェルカムバナーと OpenSSH サーバーの IP アドレスを変更できます。より低速な動的ネットワーク設定に切り替えることもできます。

デフォルトの RHEL インストールを行うと、sshd デーモンが起動し、サーバーホストの鍵が自動的に作成されることに注意してください。

前提条件

  • openssh-server パッケージがインストールされている。

手順

  1. sshd サービスがまだ実行されていない場合は、現在のセッションで開始し、ブート時に自動的に開始するように設定します。

    # systemctl enable --now sshd
  2. デフォルトの0.0.0.0 (IPv4) または :: とは異なるアドレスを指定するには、以下を行います。(IPv6) /etc/ssh/sshd_config 設定ファイルの ListenAddress ディレクティブ、および低速な動的ネットワーク設定を使用するには、network-online.target ターゲットユニットの依存関係をsshd.service ユニットファイルに追加します。これを行うには、以下の内容で /etc/systemd/system/sshd.service.d/local.conf ファイルを作成します。

    [Unit]
    Wants=network-online.target
    After=network-online.target
  3. /etc/ssh/sshd_config 設定ファイルの OpenSSH サーバーの設定がシナリオの要件を満たしているかどうかを確認します。
  4. 必要に応じて、/etc/issue ファイルを編集して、クライアント認証を行う前に OpenSSH サーバーに表示される welcome メッセージを変更します。以下に例を示します。

    Welcome to ssh-server.example.com
    Warning: By accessing this server, you agree to the referenced terms and conditions.

    Banner オプションが /etc/ssh/sshd_config でコメントアウトされておらず、その値に /etc/issue が含まれていることを確認します。

    # less /etc/ssh/sshd_config | grep Banner
    Banner /etc/issue

    ログインに成功すると表示されるメッセージを変更するには、サーバーの /etc/motd ファイルを編集する必要があります。詳細は、pam_motd の man ページを参照してください。

  5. systemd 設定を再読み込みし、sshd を再起動して変更を適用します。

    # systemctl daemon-reload
    # systemctl restart sshd

検証

  1. sshd デーモンが実行していることを確認します。

    # systemctl status sshd
    ● sshd.service - OpenSSH server daemon
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sshd.service; enabled; vendor preset: enabled)
       Active: active (running) since Mon 2019-11-18 14:59:58 CET; 6min ago
         Docs: man:sshd(8)
               man:sshd_config(5)
     Main PID: 1149 (sshd)
        Tasks: 1 (limit: 11491)
       Memory: 1.9M
       CGroup: /system.slice/sshd.service
               └─1149 /usr/sbin/sshd -D -oCiphers=aes128-ctr,aes256-ctr,aes128-cbc,aes256-cbc -oMACs=hmac-sha2-256,>
    
    Nov 18 14:59:58 ssh-server-example.com systemd[1]: Starting OpenSSH server daemon...
    Nov 18 14:59:58 ssh-server-example.com sshd[1149]: Server listening on 0.0.0.0 port 22.
    Nov 18 14:59:58 ssh-server-example.com sshd[1149]: Server listening on :: port 22.
    Nov 18 14:59:58 ssh-server-example.com systemd[1]: Started OpenSSH server daemon.
  2. SSH クライアントを使用して SSH サーバーに接続します。

    # ssh user@ssh-server-example.com
    ECDSA key fingerprint is SHA256:dXbaS0RG/UzlTTku8GtXSz0S1++lPegSy31v3L/FAEc.
    Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes
    Warning: Permanently added 'ssh-server-example.com' (ECDSA) to the list of known hosts.
    
    user@ssh-server-example.com's password:

関連情報

  • sshd(8) および sshd_config(5) の man ページ。

1.3. 鍵ベースの認証用の OpenSSH サーバーの設定

システムのセキュリティーを強化するには、OpenSSH サーバーでパスワード認証を無効にして鍵ベースの認証を有効にします。

前提条件

  • openssh-server パッケージがインストールされている。
  • サーバーで sshd デーモンが実行している。

手順

  1. テキストエディターで /etc/ssh/sshd_config 設定を開きます。以下に例を示します。

    # vi /etc/ssh/sshd_config
  2. PasswordAuthentication オプションを no に変更します。

    PasswordAuthentication no

    新しいデフォルトインストール以外のシステムで PubkeyAuthentication no が設定されていないことと、KbdInteractiveAuthentication ディレクティブが no に設定されていることを確認します。リモートで接続している場合は、コンソールもしくは帯域外アクセスを使用せず、パスワード認証を無効にする前に、鍵ベースのログインプロセスをテストします。

  3. NFS がマウントされたホームディレクトリーで鍵ベースの認証を使用するには、SELinux ブール値 use_nfs_home_dirs を有効にします。

    # setsebool -P use_nfs_home_dirs 1
  4. sshd デーモンを再読み込みし、変更を適用します。

    # systemctl reload sshd

関連情報

  • sshd(8)sshd_config(5)、および setsebool(8) の man ページ。

1.4. SSH 鍵ペアの生成

ローカルシステムで SSH 鍵ペアを生成し、生成された公開鍵を OpenSSH サーバーにコピーすることで、パスワードを入力せずに OpenSSH サーバーにログインできます。この方法を許可するようにサーバーを設定する必要があります。

前提条件

  • OpenSSH サーバーに接続する Linux ユーザーとしてログインしている。root で以下の手順を完了すると、鍵を使用できるのが root だけになります。

手順

  1. SSH プロトコルのバージョン 2 用の ECDSA 鍵ペアを生成します。

    $ ssh-keygen -t ecdsa
    Generating public/private ecdsa key pair.
    Enter file in which to save the key (/home/<username>/.ssh/id_ecdsa):
    Enter passphrase (empty for no passphrase):
    Enter same passphrase again:
    Your identification has been saved in /home/<username>/.ssh/id_ecdsa.
    Your public key has been saved in /home/<username>/.ssh/id_ecdsa.pub.
    The key fingerprint is:
    SHA256:Q/x+qms4j7PCQ0qFd09iZEFHA+SqwBKRNaU72oZfaCI <username>@<localhost.example.com>
    The key's randomart image is:
    +---[ECDSA 256]---+
    |.oo..o=++        |
    |.. o .oo .       |
    |. .. o. o        |
    |....o.+...       |
    |o.oo.o +S .      |
    |.=.+.   .o       |
    |E.*+.  .  . .    |
    |.=..+ +..  o     |
    |  .  oo*+o.      |
    +----[SHA256]-----+

    ssh-keygen コマンドまたは Ed25519 鍵ペアに -t rsa オプションを指定して RSA 鍵ペアを生成するには、ssh-keygen -t ed25519 コマンドを実行します。

  2. 公開鍵をリモートマシンにコピーします。

    $ ssh-copy-id <username>@<ssh-server-example.com>
    /usr/bin/ssh-copy-id: INFO: attempting to log in with the new key(s), to filter out any that are already installed
    <username>@<ssh-server-example.com>'s password:
    ...
    Number of key(s) added: 1
    
    Now try logging into the machine, with: "ssh '<username>@<ssh-server-example.com>'" and check to make sure that only the key(s) you wanted were added.

    <username>@<ssh-server-example.com> は、認証情報に置き換えます。

    セッションで ssh-agent プログラムを使用しない場合は、上記のコマンドで、最後に変更した ~/.ssh/id*.pub 公開鍵をコピーします (インストールされていない場合)。別の公開キーファイルを指定したり、ssh-agent により、メモリーにキャッシュされた鍵よりもファイル内の鍵の方が優先順位を高くするには、-i オプションを指定して ssh-copy-id コマンドを使用します。

  3. オプション: システムの再インストール用に、以前に生成した鍵ペアを保持するには、~/.ssh/ ディレクトリーをバックアップします。再インストール後に、このディレクトリーをホームディレクトリーにコピーします。これは、(root を含む) システムの全ユーザーで実行できます。

検証

  1. パスワードなしで OpenSSH サーバーにログインします。

    $ ssh <username>@<ssh-server-example.com>
    Welcome message.
    ...
    Last login: Mon Nov 18 18:28:42 2019 from ::1

関連情報

  • ssh-keygen(1) および ssh-copy-id(1) の man ページ

1.5. スマートカードに保存された SSH 鍵の使用

OpenSSH クライアントでは、スマートカードに保存されている RSA 鍵と ECDSA 鍵を使用できます。スマートカードを使用した認証は、デフォルトのパスワード認証に代わるものです。

前提条件

  • クライアントで、opensc パッケージをインストールして、pcscd サービスを実行している。

手順

  1. PKCS #11 の URI を含む OpenSC PKCS #11 モジュールが提供する鍵のリストを表示し、その出力を keys.pub ファイルに保存します。

    $ ssh-keygen -D pkcs11: > keys.pub
    $ ssh-keygen -D pkcs11:
    ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2E...KKZMzcQZzx pkcs11:id=%02;object=SIGN%20pubkey;token=SSH%20key;manufacturer=piv_II?module-path=/usr/lib64/pkcs11/opensc-pkcs11.so
    ecdsa-sha2-nistp256 AAA...J0hkYnnsM= pkcs11:id=%01;object=PIV%20AUTH%20pubkey;token=SSH%20key;manufacturer=piv_II?module-path=/usr/lib64/pkcs11/opensc-pkcs11.so
  2. リモートサーバー (example.com) でスマートカードを使用した認証を有効にするには、公開鍵をリモートサーバーに転送します。前の手順で作成された keys.pubssh-copy-id コマンドを使用します。

    $ ssh-copy-id -f -i keys.pub username@example.com
  3. 手順 1 の ssh-keygen -D コマンドの出力にある ECDSA 鍵を使用して example.com に接続するには、鍵を一意に参照する URI のサブセットのみを使用できます。以下に例を示します。

    $ ssh -i "pkcs11:id=%01?module-path=/usr/lib64/pkcs11/opensc-pkcs11.so" example.com
    Enter PIN for 'SSH key':
    [example.com] $
  4. ~/.ssh/config ファイルで同じ URI 文字列を使用して、設定を永続化できます。

    $ cat ~/.ssh/config
    IdentityFile "pkcs11:id=%01?module-path=/usr/lib64/pkcs11/opensc-pkcs11.so"
    $ ssh example.com
    Enter PIN for 'SSH key':
    [example.com] $

    OpenSSH は p11-kit-proxy ラッパーを使用し、OpenSC PKCS #11 モジュールが PKCS#11 キットに登録されているため、以前のコマンドを簡素化できます。

    $ ssh -i "pkcs11:id=%01" example.com
    Enter PIN for 'SSH key':
    [example.com] $

PKCS #11 の URI の id= の部分を飛ばすと、OpenSSH が、プロキシーモジュールで利用可能な鍵をすべて読み込みます。これにより、必要な入力の量を減らすことができます。

$ ssh -i pkcs11: example.com
Enter PIN for 'SSH key':
[example.com] $

関連情報

1.6. OpenSSH のセキュリティーの強化

OpenSSH を使用すると、システムを調整してセキュリティーを強化できます。

OpenSSH 設定ファイル /etc/ssh/sshd_config を変更するには、sshd デーモンを再読み込みして有効にする必要があることに注意してください。

# systemctl reload sshd
警告

ほとんどのセキュリティー強化の設定変更により、最新のアルゴリズムまたは暗号スイートに対応していないクライアントとの互換性が低下します。

安全ではない接続プロトコルの無効化

  • SSH を本当の意味で有効なものにするため、OpenSSH スイートに置き換えられる安全ではない接続プロトコルを使用しないようにします。このような接続プロトコルを使用すると、ユーザーのパスワード自体は SSH を使用した 1 回のセッションで保護されても、その後に Telnet を使用してログインした時に傍受されてしまうためです。このため、telnet、rsh、rlogin、ftp などの安全ではないプロトコルを無効にすることを検討してください。

鍵ベースの認証の有効化およびパスワードベースの認証の無効化

  • 認証用パスワードを無効にして鍵のペアのみを許可すると、攻撃対象領域が減ってユーザーの時間を節約できる可能性があります。クライアントにおいて、ssh-keygen ツールを使用して鍵のペアを生成し、ssh-copy-id ユーティリティーを使用して OpenSSH サーバーのクライアントから公開鍵をコピーします。OpenSSH サーバーでパスワードベースの認証を無効にするには、/etc/ssh/sshd_configPasswordAuthentication オプションを no に変更します。

    PasswordAuthentication no

鍵のタイプ

  • ssh-keygen コマンドは、デフォルトで RSA 鍵のペアを生成しますが、-t オプションを使用して ECDSA 鍵または Ed25519 鍵を生成するように指定できます。ECDSA (Elliptic Curve Digital Signature Algorithm) は、同等の対称鍵強度で RSA よりも優れたパフォーマンスを提供します。また、短いキーも生成します。Ed25519 公開鍵アルゴリズムは、RSA、DSA、および ECDSA より安全で高速な歪曲エドワーズ曲線の実装です。

    サーバーホストの鍵の RSA、ECDSA、および Ed25519 がない場合は、OpenSSH が自動的に作成します。RHEL でホストの鍵の作成を設定するには、インスタンス化したサービス sshd-keygen@.service を使用します。たとえば、RSA 鍵タイプの自動作成を無効にするには、次のコマンドを実行します。

    # systemctl mask sshd-keygen@rsa.service
    注記

    cloud-init が有効になっているイメージでは、ssh-keygen ユニットが自動的に無効になります。これは、ssh-keygen template サービスが cloud-init ツールに干渉し、ホストキーの生成で問題が発生する可能性があるためです。これらの問題を回避するには、cloud-init が実行している場合に、etc/systemd/system/sshd-keygen@.service.d/disable-sshd-keygen-if-cloud-init-active.conf ドロップイン設定ファイルにより ssh-keygen ユニットが無効になります。

  • SSH 接続の特定の鍵タイプを除外するには、/etc/ssh/sshd_config で該当行をコメントアウトして sshd サービスを再読み込みします。たとえば、Ed25519 ホストキーだけを許可するには、次のコマンドを実行します。

    # HostKey /etc/ssh/ssh_host_rsa_key
    # HostKey /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key
    HostKey /etc/ssh/ssh_host_ed25519_key
    重要

    Ed25519 アルゴリズムは FIPS-140 に準拠していないため、OpenSSH は FIPS モードの Ed25519 キーでは機能しません。

デフォルト以外のポート

  • デフォルトでは、sshd デーモンは TCP ポート 22 をリッスンします。ポートを変更すると、自動ネットワークスキャンに基づく攻撃にシステムがさらされる可能性が減るため、あいまいさによりセキュリティーが向上します。ポートは、/etc/ssh/sshd_config 設定ファイルの Port ディレクティブを使用して指定できます。

    また、デフォルト以外のポートを使用できるように、デフォルトの SELinux ポリシーも更新する必要があります。そのためには、policycoreutils-python-utils パッケージの semanage ツールを使用します。

    # semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp <port_number>

    さらに、firewalld 設定を更新します。

    # firewall-cmd --add-port <port_number>/tcp
    # firewall-cmd --remove-port=22/tcp
    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

    前のコマンドの <port_number> は、Port ディレクティブを使用して指定した新しいポート番号に置き換えます。

Root ログイン

  • PermitRootLogin はデフォルトで prohibit-password に設定されています。これにより、root としてログインしてパスワードを使用する代わりに鍵ベースの認証が使用され、ブルートフォース攻撃を防ぐことでリスクが軽減します。

    警告

    root ユーザーとしてログインを有効にすることは、どのユーザーがどの特権コマンドを実行するかを監査できないため、安全ではありません。管理コマンドを使用するには、ログインして、代わりに sudo を使用します。

X セキュリティー拡張機能の使用

  • Red Hat Enterprise Linux クライアントの X サーバーは、X セキュリティー拡張を提供しません。そのため、クライアントは X11 転送を使用して信頼できない SSH サーバーに接続するときに別のセキュリティー層を要求できません。ほとんどのアプリケーションは、この拡張機能を有効にしても実行できません。

    デフォルトでは、/etc/ssh/ssh_config.d/50-redhat.conf ファイルの ForwardX11Trusted オプションが yes に設定され、ssh -X remote_machine コマンド (信頼できないホスト) と ssh -Y remote_machine コマンド (信頼できるホスト) には違いがありません。

    シナリオで X11 転送機能を必要としない場合は、/etc/ssh/sshd_config 設定ファイルの X11Forwarding ディレクティブを no に設定します。

特定のユーザー、グループ、またはドメインへのアクセス制限

  • /etc/ssh/sshd_config 設定ファイルの AllowUsers ディレクティブおよび AllowGroups ディレクティブを使用すると、特定のユーザー、ドメイン、またはグループのみが OpenSSH サーバーに接続することを許可できます。AllowUsers および AllowGroups を組み合わせて、アクセスをより正確に制限できます。以下に例を示します。

    AllowUsers *@192.168.1.* *@10.0.0.* !*@192.168.1.2
    AllowGroups example-group

    この設定行は、192.168.1.* サブネットおよび 10.0.0.* のサブネットのシステムの全ユーザーからの接続を許可します (192.168.1.2 アドレスのシステムを除く)。すべてのユーザーは、example-group グループに属している必要があります。OpenSSH サーバーは、その他のすべての接続を拒否します。

    OpenSSH サーバーは、/etc/ssh/sshd_config 内のすべての Allow および Deny ディレクティブを渡す接続のみを許可します。たとえば、AllowUsers ディレクティブに、AllowGroups ディレクティブにリストされているグループの一部ではないユーザーがリストされている場合、そのユーザーはログインできません。

    許可リストは、許可されていない新しいユーザーまたはグループもブロックするため、許可リスト (Allow で始まるディレクティブ) の使用は、拒否リスト (Deny で始まるオプション) を使用するよりも安全です。

システム全体の暗号化ポリシーの変更

  • OpenSSH は、RHEL のシステム全体の暗号化ポリシーを使用し、デフォルトのシステム全体の暗号化ポリシーレベルは、現在の脅威モデルに安全な設定を提供します。暗号化の設定をより厳格にするには、現在のポリシーレベルを変更します。

    # update-crypto-policies --set FUTURE
    Setting system policy to FUTURE
    警告

    システムがインターネット上で通信する場合、FUTURE ポリシーの厳密な設定により、相互運用性の問題が発生する可能性があります。

システム全体の暗号化ポリシーにより、SSH プロトコルの特定の暗号のみを無効にすることもできます。詳細は、セキュリティーの強化 ドキュメントの サブポリシーを使用したシステム全体の暗号化ポリシーのカスタマイズ セクションを参照してください。

OpenSSH サーバーのシステム全体の暗号化ポリシーをオプトアウトするには、/etc/ssh/sshd_config.d/ ディレクトリーにあるドロップイン設定ファイルに暗号化ポリシーを指定します。このとき、辞書式順序で 50-redhat.conf ファイルよりも前に来るように、50 未満の 2 桁の数字接頭辞と、.conf という接尾辞を付けます (例: 49-crypto-policy-override.conf)。

詳細は、sshd_config(5) の man ページを参照してください。

OpenSSH クライアントのシステム全体の暗号化ポリシーをオプトアウトするには、次のいずれかのタスクを実行します。

  • 指定のユーザーの場合は、~/.ssh/config ファイルのユーザー固有の設定でグローバルの ssh_config を上書きします。
  • システム全体の場合は、/etc/ssh/ssh_config.d/ ディレクトリーにあるドロップイン設定ファイルに暗号化ポリシーを指定します。このとき、辞書式順序で 50-redhat.conf ファイルよりも前に来るように、50 未満の 2 桁の接頭辞と、.conf という接尾辞を付けます (例: 49-crypto-policy-override.conf)。

関連情報

1.7. SSH ジャンプホストを使用してリモートサーバーに接続

中間サーバー (ジャンプホストとも呼ばれます) を介して、ローカルシステムをリモートサーバーに接続できます。

前提条件

  • ジャンプホストでローカルシステムからの SSH 接続に対応している。
  • リモートサーバーが、ジャンプホストからのみ SSH 接続を受け入れる。

手順

  1. ローカルシステムの ~/.ssh/config ファイルを編集してジャンプホストを定義します。以下に例を示します。

    Host jump-server1
      HostName jump1.example.com
    • Host パラメーターは、ssh コマンドで使用できるホストの名前またはエイリアスを定義します。値は実際のホスト名と一致可能ですが、任意の文字列にすることもできます。
    • HostName パラメーターは、ジャンプホストの実際のホスト名または IP アドレスを設定します。
  2. ProxyJump ディレクティブを使用してリモートサーバーのジャンプ設定を、ローカルシステムの ~/.ssh/config ファイルに追加します。以下に例を示します。

    Host remote-server
      HostName remote1.example.com
      ProxyJump jump-server1
  3. ローカルシステムを使用して、ジャンプサーバー経由でリモートサーバーに接続します。

    $ ssh remote-server

    このコマンドは、設定手順 1 および 2 を省略したときの ssh -J jump-server1 remote-server コマンドと同じです。

  4. ジャンプサーバーをさらに指定することもできます。また、完全なホスト名を指定する場合は、設定ファイルへのホスト定義の追加を飛ばすこともできます。以下に例を示します。

    $ ssh -J jump1.example.com,jump2.example.com,jump3.example.com remote1.example.com

    ジャンプサーバーのユーザー名または SSH ポートが、リモートサーバーの名前およびポートと異なる場合は、上記のコマンドのホスト名のみの表記を変更します。以下に例を示します。

    $ ssh -J johndoe@jump1.example.com:75,johndoe@jump2.example.com:75,johndoe@jump3.example.com:75 joesec@remote1.example.com:220

関連情報

  • ssh_config(5) および ssh(1) の man ページ

1.8. ssh-agent を使用して SSH キーでリモートマシンに接続する手順

パスフレーズを SSH 接続を開始するたびに入力しなくて済むようにするには、ssh-agent ユーティリティーを使用して SSH 秘密鍵をキャッシュします。秘密鍵とパスフレーズのセキュリティーが確保されます。

前提条件

  • SSH デーモンが実行中で、ネットワーク経由で到達可能なリモートホストがある。
  • リモートホストにログインするための IP アドレスまたはホスト名および認証情報を把握している。
  • パスフレーズで SSH キーペアを生成し、公開鍵をリモートマシンに転送している。

手順

  1. オプション: キーを使用してリモートホストに対して認証できることを確認します。

    1. SSH を使用してリモートホストに接続します。

      $ ssh example.user1@198.51.100.1 hostname
    2. 秘密鍵へのアクセス権を付与する鍵の作成時に指定したパスフレーズを入力します。

      $ ssh example.user1@198.51.100.1 hostname
       host.example.com
  2. ssh-agent を起動します。

    $ eval $(ssh-agent)
    Agent pid 20062
  3. ssh-agent にキーを追加します。

    $ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
    Enter passphrase for ~/.ssh/id_rsa:
    Identity added: ~/.ssh/id_rsa (example.user0@198.51.100.12)

検証

  • オプション: SSH を使用してホストマシンにログインします。

    $ ssh example.user1@198.51.100.1
    
    Last login: Mon Sep 14 12:56:37 2020

    パスフレーズを入力する必要がないことに注意してください。

1.9. ssh システムロールを使用したセキュアな通信の設定

管理者は、Ansible Core パッケージを使用すると、sshd システムロールを使用して SSH サーバーを設定できます。また、ssh システムロールを使用して任意の数の RHEL システムで SSH クライアントを一貫して同時に設定できます。

1.9.1. sshd RHEL システムロールの変数

sshd システムロール Playbook では、必要や制限に応じて SSH 設定ファイルのパラメーターを定義できます。

これらの変数が設定されていない場合には、システムロールは RHEL のデフォルト値と同じ sshd_config ファイルを作成します。

どのような場合でも、ブール値は sshd 設定で適切に yesno としてレンダリングされます。リストを使用して複数行の設定項目を定義できます。以下に例を示します。

sshd_ListenAddress:
  - 0.0.0.0
  - '::'

レンダリングは以下のようになります。

ListenAddress 0.0.0.0
ListenAddress ::

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.sshd/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/sshd/ ディレクトリー

1.9.2. sshd RHEL システムロールを使用した OpenSSH サーバーの設定

sshd RHEL システムロールを使用して、Ansible Playbook を実行し、複数の SSH サーバーを設定できます。

注記

sshd RHEL システムロールは、SSH および SSHD 設定を変更する他の RHEL システムロール (ID 管理 RHEL システムロールなど) とともに使用できます。設定が上書きされないようにするには、sshd ロールがネームスペース (RHEL 8 以前のバージョン) またはドロップインディレクトリー (RHEL 9) を使用していることを確認してください。

前提条件

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    ---
    - name: SSH server configuration
      hosts: managed-node-01.example.com
      tasks:
        - name: Configure sshd to prevent root and password login except from particular subnet
          ansible.builtin.include_role:
            name: rhel-system-roles.sshd
          vars:
            sshd:
              PermitRootLogin: no
              PasswordAuthentication: no
              Match:
                - Condition: "Address 192.0.2.0/24"
                  PermitRootLogin: yes
                  PasswordAuthentication: yes

    Playbook は、以下のように、マネージドノードを SSH サーバーとして設定します。

    • パスワードと root ユーザーのログインが無効である
    • 192.0.2.0/24 のサブネットからのパスワードおよび root ユーザーのログインのみが有効である
  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  1. SSH サーバーにログインします。

    $ ssh <username>@<ssh_server>
  2. SSH サーバー上の sshd_config ファイルの内容を確認します。

    $ cat /etc/ssh/sshd_config.d/00-ansible_system_role.conf
    #
    # Ansible managed
    #
    PasswordAuthentication no
    PermitRootLogin no
    Match Address 192.0.2.0/24
      PasswordAuthentication yes
      PermitRootLogin yes
  3. 192.0.2.0/24 サブネットから root としてサーバーに接続できることを確認します。

    1. IP アドレスを確認します。

      $ hostname -I
      192.0.2.1

      IP アドレスが 192.0.2.1 - 192.0.2.254 範囲にある場合は、サーバーに接続できます。

    2. root でサーバーに接続します。

      $ ssh root@<ssh_server>

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.sshd/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/sshd/ ディレクトリー

1.9.3. ssh RHEL システムロールの変数

ssh システムロール Playbook では、必要や制限に応じてクライアント SSH 設定ファイルのパラメーターを定義できます。

これらの変数が設定されていない場合には、システムロールは RHEL のデフォルト値と同じグローバル ssh_config ファイルを作成します。

どのような場合でも、ブール値は ssh 設定で適切に yes または no とレンダリングされます。リストを使用して複数行の設定項目を定義できます。以下に例を示します。

LocalForward:
  - 22 localhost:2222
  - 403 localhost:4003

レンダリングは以下のようになります。

LocalForward 22 localhost:2222
LocalForward 403 localhost:4003
注記

設定オプションでは、大文字と小文字が区別されます。

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.ssh/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/ssh/ ディレクトリー

1.9.4. ssh RHEL システムロールを使用した OpenSSH クライアントの設定

ssh RHEL システムロールを使用して、Ansible Playbook を実行し、複数の SSH クライアントを設定できます。

注記

ssh RHEL システムロールは、SSH および SSHD 設定を変更する他のシステムロール (ID 管理 RHEL システムロールなど) とともに使用できます。設定が上書きされないようにするには、ssh ロールがドロップインディレクトリーを使用していること (RHEL 8 以降ではデフォルト) を確認してください。

前提条件

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    ---
    - name: SSH client configuration
      hosts: managed-node-01.example.com
      tasks:
        - name: "Configure ssh clients"
          ansible.builtin.include_role:
            name: rhel-system-roles.ssh
          vars:
            ssh_user: root
            ssh:
              Compression: true
              GSSAPIAuthentication: no
              ControlMaster: auto
              ControlPath: ~/.ssh/.cm%C
              Host:
                - Condition: example
                  Hostname: server.example.com
                  User: user1
            ssh_ForwardX11: no

    この Playbook は、以下の設定を使用して、マネージドノードで root ユーザーの SSH クライアント設定を行います。

    • 圧縮が有効になっている。
    • ControlMaster multiplexing が auto に設定されている。
    • server.example.com ホストに接続するための example エイリアスが user1 である。
    • example ホストエイリアスが作成済みで、このエイリアスがユーザー名 user1 を持つ server.example.com ホストへの接続を表している。
    • X11 転送が無効化されている。
  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  • SSH 設定ファイルを表示して、管理対象ノードの設定が正しいことを確認します。

    # cat ~/root/.ssh/config
    # Ansible managed
    Compression yes
    ControlMaster auto
    ControlPath ~/.ssh/.cm%C
    ForwardX11 no
    GSSAPIAuthentication no
    Host example
      Hostname example.com
      User user1

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.ssh/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/ssh/ ディレクトリー

1.9.5. 非排他的設定に sshd RHEL システムロールを使用する

通常、sshd システムロールを適用すると、設定全体が上書きされます。これは、たとえば別のシステムロールや Playbook などを使用して、以前に設定を調整している場合に問題を生じる可能性があります。他のオプションを維持しながら、選択した設定オプションにのみ sshd システムロールを適用するには、非排他的設定を使用できます。

非排他的設定は、以下を使用して適用できます。

  • RHEL 8 以前では、設定スニペットを使用します。
  • RHEL 9 以降では、ドロップインディレクトリー内のファイルを使用します。デフォルトの設定ファイルは、/etc/ssh/sshd_config.d/00-ansible_system_role.conf としてドロップインディレクトリーにすでに配置されています。

前提条件

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    • RHEL 8 以前を実行する管理対象ノードの場合:

      ---
      - name: Non-exclusive sshd configuration
        hosts: managed-node-01.example.com
        tasks:
          - name: <Configure SSHD to accept some useful environment variables>
            ansible.builtin.include_role:
              name: rhel-system-roles.sshd
            vars:
              sshd_config_namespace: <my-application>
              sshd:
                # Environment variables to accept
                AcceptEnv:
                  LANG
                  LS_COLORS
                  EDITOR
    • RHEL 9 以降を実行する管理対象ノードの場合:

      - name: Non-exclusive sshd configuration
        hosts: managed-node-01.example.com
        tasks:
          - name: <Configure sshd to accept some useful environment variables>
            ansible.builtin.include_role:
              name: rhel-system-roles.sshd
            vars:
              sshd_config_file: /etc/ssh/sshd_config.d/<42-my-application>.conf
              sshd:
                # Environment variables to accept
                AcceptEnv:
                  LANG
                  LS_COLORS
                  EDITOR

      sshd_config_file 変数では、sshd システムロールによる設定オプションの書き込み先の .conf ファイルを定義します。設定ファイルが適用される順序を指定するには、2 桁の接頭辞 (例: 42-) を使用します。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  • SSH サーバーの設定を確認します。

    • RHEL 8 以前を実行する管理対象ノードの場合:

      # cat /etc/ssh/sshd_config.d/42-my-application.conf
      # Ansible managed
      #
      AcceptEnv LANG LS_COLORS EDITOR
    • RHEL 9 以降を実行する管理対象ノードの場合:

      # cat /etc/ssh/sshd_config
      ...
      # BEGIN sshd system role managed block: namespace <my-application>
      Match all
        AcceptEnv LANG LS_COLORS EDITOR
      # END sshd system role managed block: namespace <my-application>

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.sshd/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/sshd/ ディレクトリー

1.10. 関連情報

第2章 TLS キーと証明書の作成と管理

TLS (Transport Layer Security) プロトコルを使用して、2 つのシステム間で送信される通信を暗号化できます。この標準は、秘密鍵と公開鍵、デジタル署名、および証明書を用いた非対称暗号化を使用します。

2.1. TLS 証明書

TLS (Transport Layer Security) は、クライアントサーバーアプリケーションが情報を安全に受け渡すことを可能にするプロトコルです。TLS は、公開鍵と秘密鍵のペアのシステムを使用して、クライアントとサーバー間で送信される通信を暗号化します。TLS は、SSL (Secure Sockets Layer) の後継プロトコルです。

TLS は、X.509 証明書を使用して、ホスト名や組織などの ID を、デジタル署名を使用する公開鍵にバインドします。X.509 は、公開鍵証明書の形式を定義する標準です。

セキュアなアプリケーションの認証は、アプリケーションの証明書の公開鍵値の整合性によって異なります。攻撃者が公開鍵を独自の公開鍵に置き換えると、真のアプリケーションになりすまして安全なデータにアクセスできるようになります。この種の攻撃を防ぐには、すべての証明書が証明局 (CA) によって署名されている必要があります。CA は、証明書の公開鍵値の整合性を確認する信頼できるノードです。

CA はデジタル署名を追加して公開鍵に署名し、証明書を発行します。デジタル署名は、CA の秘密鍵でエンコードされたメッセージです。CA の公開鍵は、CA の証明書を配布することによって、アプリケーションで使用できるようになります。アプリケーションは、CA の公開鍵を使用して CA のデジタル署名をデコードして、証明書が有効で署名されていることを確認します。

CA によって署名された証明書を取得するには、公開鍵を生成し、署名のために CA に送信する必要があります。これは、証明書署名要求 (CSR) と呼ばれます。CSR には、証明書の識別名 (DN) も含まれています。どちらのタイプの証明書にも提供できる DN 情報には、国を表す 2 文字の国コード、州または県の完全な名前、市または町、組織の名前、メールアドレスを含めることも、空にすることもできます。現在の商用 CA の多くは、Subject Alternative Name 拡張を好み、CSR の DN を無視します。

RHEL は、TLS 証明書GnuTLS と OpenSSL を操作するための 2 つの主要なツールキットを提供します。openssl パッケージの openssl ユーティリティーを使用して、証明書を作成、読み取り、署名、および検証できます。gnutls-utils パッケージで提供される certtool ユーティリティーは、異なる構文を使用して同じ操作を行うことができ、特にバックエンドの異なるライブラリーセットを使用できます。

関連情報

2.2. OpenSSL を使用したプライベート CA の作成

プライベート証明機関 (CA) は、シナリオで内部ネットワーク内のエンティティーを検証する必要がある場合に役立ちます。たとえば、管理下にある CA によって署名された証明書に基づく認証を使用して VPN ゲートウェイを作成する場合、または商用 CA への支払いを希望しない場合は、プライベート CA を使用します。このようなユースケースで証明書に署名するために、プライベート CA は自己署名証明書を使用します。

前提条件

  • sudo を使用して管理コマンドを入力するため の root 権限または権限がある。そのような特権を必要とするコマンドは、# でマークされています。

手順

  1. CA の秘密鍵を生成します。たとえば、次のコマンドは、256 ビットの楕円曲線デジタル署名アルゴリズム (ECDSA) キーを作成します。

    $ openssl genpkey -algorithm ec -pkeyopt ec_paramgen_curve:P-256 -out <ca.key>

    キー生成プロセスの時間は、ホストのハードウェアとエントロピー、選択したアルゴリズム、およびキーの長さによって異なります。

  2. 前のコマンドで生成された秘密鍵を使用して署名された証明書を作成します。

    $ openssl req -key <ca.key> -new -x509 -days 3650 -addext keyUsage=critical,keyCertSign,cRLSign -subj "/CN=<Example CA>" -out <ca.crt>

    生成された ca.crt ファイルは、10 年間、他の証明書の署名に使用できる自己署名 CA 証明書です。プライベート CA の場合、<Example CA> を共通名 (CN) として任意の文字列に置き換えることができます。

  3. CA の秘密鍵に安全なアクセス許可を設定します。次に例を示します。

    # chown <root>:<root> <ca.key>
    # chmod 600 <ca.key>

次のステップ

  • 自己署名 CA 証明書をクライアントシステムのトラストアンカーとして使用するには、CA 証明書をクライアントにコピーし、クライアントのシステム全体のトラストストアに root として追加します。

    # trust anchor <ca.crt>

    詳細は、3章共通システム証明書の使用 を参照してください。

検証

  1. 証明書署名要求 (CSR) を作成し、CA を使用して要求に署名します。CA は、CSR に基づいて証明書を正常に作成する必要があります。次に例を示します。

    $ openssl x509 -req -in <client-cert.csr> -CA <ca.crt> -CAkey <ca.key> -CAcreateserial -days 365 -extfile <openssl.cnf> -extensions <client-cert> -out <client-cert.crt>
    Signature ok
    subject=C = US, O = Example Organization, CN = server.example.com
    Getting CA Private Key

    詳細は、「プライベート CA を使用した OpenSSL での CSR の証明書の発行」 を参照してください。

  2. 自己署名 CA に関する基本情報を表示します。

    $ openssl x509 -in <ca.crt> -text -noout
    Certificate:
    …
            X509v3 extensions:
                …
                X509v3 Basic Constraints: critical
                    CA:TRUE
                X509v3 Key Usage: critical
                    Certificate Sign, CRL Sign
    …
  3. 秘密鍵の一貫性を確認します。

    $ openssl pkey -check -in <ca.key>
    Key is valid
    -----BEGIN PRIVATE KEY-----
    MIGHAgEAMBMGByqGSM49AgEGCCqGSM49AwEHBG0wawIBAQQgcagSaTEBn74xZAwO
    18wRpXoCVC9vcPki7WlT+gnmCI+hRANCAARb9NxIvkaVjFhOoZbGp/HtIQxbM78E
    lwbDP0BI624xBJ8gK68ogSaq2x4SdezFdV1gNeKScDcU+Pj2pELldmdF
    -----END PRIVATE KEY-----

関連情報

  • openssl (1)ca (1)genpkey (1)x509(1)、および req (1) の man ページ

2.3. OpenSSL を使用した TLS サーバー証明書の秘密鍵と CSR の作成

認証局 (CA) からの有効な TLS 証明書がある場合にのみ、TLS 暗号化通信チャネルを使用できます。証明書を取得するには、最初にサーバーの秘密鍵と証明書署名要求 (CSR) を作成する必要があります。

手順

  1. 以下のようにサーバーシステムで秘密鍵を生成します。

    $ openssl genpkey -algorithm ec -pkeyopt ec_paramgen_curve:P-256 -out <server-private.key>
  2. オプション: 次の例のように、選択したテキストエディターを使用して、CSR の作成を簡素化する設定ファイルを準備します。

    $ vim <example_server.cnf>
    [server-cert]
    keyUsage = critical, digitalSignature, keyEncipherment, keyAgreement
    extendedKeyUsage = serverAuth
    subjectAltName = @alt_name
    
    [req]
    distinguished_name = dn
    prompt = no
    
    [dn]
    C = <US>
    O = <Example Organization>
    CN = <server.example.com>
    
    [alt_name]
    DNS.1 = <example.com>
    DNS.2 = <server.example.com>
    IP.1 = <192.168.0.1>
    IP.2 = <::1>
    IP.3 = <127.0.0.1>

    extendedKeyUsage = serverAuth オプションは、証明書の使用を制限します。

  3. 前に作成した秘密鍵を使用して CSR を作成します。

    $ openssl req -key <server-private.key> -config <example_server.cnf> -new -out <server-cert.csr>

    -config オプションを省略すると、req ユーティリティーは次のような追加情報の入力を求めます。

    You are about to be asked to enter information that will be incorporated
    into your certificate request.
    What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
    There are quite a few fields but you can leave some blank
    For some fields there will be a default value,
    If you enter '.', the field will be left blank.
    -----
    Country Name (2 letter code) [XX]: <US>
    State or Province Name (full name) []: <Washington>
    Locality Name (eg, city) [Default City]: <Seattle>
    Organization Name (eg, company) [Default Company Ltd]: <Example Organization>
    Organizational Unit Name (eg, section) []:
    Common Name (eg, your name or your server's hostname) []: <server.example.com>
    Email Address []: <server@example.com>

次のステップ

検証

  1. 要求された証明書を CA から取得したら、次の例のように、証明書の中で人間が判読できる部分が要件と一致することを確認します。

    $ openssl x509 -text -noout -in <server-cert.crt>
    Certificate:
    …
            Issuer: CN = Example CA
            Validity
                Not Before: Feb  2 20:27:29 2023 GMT
                Not After : Feb  2 20:27:29 2024 GMT
            Subject: C = US, O = Example Organization, CN = server.example.com
            Subject Public Key Info:
                Public Key Algorithm: id-ecPublicKey
                    Public-Key: (256 bit)
    …
            X509v3 extensions:
                X509v3 Key Usage: critical
                    Digital Signature, Key Encipherment, Key Agreement
                X509v3 Extended Key Usage:
                    TLS Web Server Authentication
                X509v3 Subject Alternative Name:
                    DNS:example.com, DNS:server.example.com, IP Address:192.168.0.1, IP
    …

関連情報

  • openssl(1)x509(1)genpkey(1)req(1)、および config(5) man ページ

2.4. OpenSSL を使用した TLS クライアント証明書の秘密鍵と CSR の作成

認証局 (CA) からの有効な TLS 証明書がある場合にのみ、TLS 暗号化通信チャネルを使用できます。証明書を取得するには、最初にクライアントの秘密鍵と証明書署名要求 (CSR) を作成する必要があります。

手順

  1. 次の例のように、クライアントシステムで秘密鍵を生成します。

    $ openssl genpkey -algorithm ec -pkeyopt ec_paramgen_curve:P-256 -out <client-private.key>
  2. オプション: 次の例のように、選択したテキストエディターを使用して、CSR の作成を簡素化する設定ファイルを準備します。

    $ vim <example_client.cnf>
    [client-cert]
    keyUsage = critical, digitalSignature, keyEncipherment
    extendedKeyUsage = clientAuth
    subjectAltName = @alt_name
    
    [req]
    distinguished_name = dn
    prompt = no
    
    [dn]
    CN = <client.example.com>
    
    [clnt_alt_name]
    email= <client@example.com>

    extendedKeyUsage = clientAuth オプションは、証明書の使用を制限します。

  3. 前に作成した秘密鍵を使用して CSR を作成します。

    $ openssl req -key <client-private.key> -config <example_client.cnf> -new -out <client-cert.csr>

    -config オプションを省略すると、req ユーティリティーは次のような追加情報の入力を求めます。

    You are about to be asked to enter information that will be incorporated
    into your certificate request.
    …
    Common Name (eg, your name or your server's hostname) []: <client.example.com>
    Email Address []: <client@example.com>

次のステップ

検証

  1. 次の例のように、証明書の中で人間が判読できる部分が要件と一致することを確認します。

    $ openssl x509 -text -noout -in <client-cert.crt>
    Certificate:
    …
                X509v3 Extended Key Usage:
                    TLS Web Client Authentication
                X509v3 Subject Alternative Name:
                    email:client@example.com
    …

関連情報

  • openssl(1)x509(1)genpkey(1)req(1)、および config(5) man ページ

2.5. プライベート CA を使用した OpenSSL での CSR の証明書の発行

システムが TLS 暗号化通信チャネルを確立できるようにするには、認証局 (CA) が有効な証明書をシステムに提供する必要があります。プライベート CA がある場合は、システムからの証明書署名要求 (CSR) に署名することにより、要求された証明書を作成できます。

前提条件

手順

  1. オプション: 任意のテキストエディターを使用して、次の例のように、証明書に拡張機能を追加するための OpenSSL 設定ファイルを準備します。

    $ vim <openssl.cnf>
    [server-cert]
    extendedKeyUsage = serverAuth
    
    [client-cert]
    extendedKeyUsage = clientAuth
  2. x509 ユーティリティーを使用して、CSR に基づいて証明書を作成します。次に例を示します。

    $ openssl x509 -req -in <server-cert.csr> -CA <ca.crt> -CAkey <ca.key> -days 365 -extfile <openssl.cnf> -extensions <server-cert> -out <server-cert.crt>
    Signature ok
    subject=C = US, O = Example Organization, CN = server.example.com
    Getting CA Private Key

関連情報

  • openssl(1)ca(1)、および x509(1) man ページ

2.6. GnuTLS を使用したプライベート CA の作成

プライベート証明機関 (CA) は、シナリオで内部ネットワーク内のエンティティーを検証する必要がある場合に役立ちます。たとえば、管理下にある CA によって署名された証明書に基づく認証を使用して VPN ゲートウェイを作成する場合、または商用 CA への支払いを希望しない場合は、プライベート CA を使用します。このようなユースケースで証明書に署名するために、プライベート CA は自己署名証明書を使用します。

前提条件

  • sudo を使用して管理コマンドを入力するため の root 権限または権限がある。そのような特権を必要とするコマンドは、# でマークされています。
  • システムにはすでに GnuTLS がインストールされている。インストールしていない場合は、次のコマンドを使用できます。

    $ dnf install gnutls-utils

手順

  1. CA の秘密鍵を生成します。たとえば、次のコマンドは、256 ビットの楕円曲線デジタル署名アルゴリズム (ECDSA) キーを作成します。

    $ certtool --generate-privkey --sec-param High --key-type=ecdsa --outfile <ca.key>

    キー生成プロセスの時間は、ホストのハードウェアとエントロピー、選択したアルゴリズム、およびキーの長さによって異なります。

  2. 証明書のテンプレートファイルを作成します。

    1. 任意のテキストエディターでファイルを作成します。以下に例を示します。

      $ vi <ca.cfg>
    2. ファイルを編集して、必要な証明書の詳細を含めます。

      organization = "Example Inc."
      state = "Example"
      country = EX
      cn = "Example CA"
      serial = 007
      expiration_days = 365
      ca
      cert_signing_key
      crl_signing_key
  3. 手順 1 で生成した秘密鍵を使用して署名された証明書を作成します。

    生成された <ca.crt> ファイルは、1 年間他の証明書に署名するために使用できる自己署名 CA 証明書です。<ca.crt> ファイルは公開キー (証明書) です。ロードされたファイル <ca.key> が秘密鍵です。このファイルは安全な場所に保管してください。

    $ certtool --generate-self-signed --load-privkey <ca.key> --template <ca.cfg> --outfile <ca.crt>
  4. CA の秘密鍵に安全なアクセス許可を設定します。次に例を示します。

    # chown <root>:<root> <ca.key>
    # chmod 600 <ca.key>

次のステップ

  • 自己署名 CA 証明書をクライアントシステムのトラストアンカーとして使用するには、CA 証明書をクライアントにコピーし、クライアントのシステム全体のトラストストアに root として追加します。

    # trust anchor <ca.crt>

    詳細は、3章共通システム証明書の使用 を参照してください。

検証

  1. 自己署名 CA に関する基本情報を表示します。

    $ certtool --certificate-info --infile <ca.crt>
    Certificate:
    …
        	X509v3 extensions:
            	…
            	X509v3 Basic Constraints: critical
                	CA:TRUE
            	X509v3 Key Usage: critical
                	Certificate Sign, CRL Sign
  2. 証明書署名要求 (CSR) を作成し、CA を使用して要求に署名します。CA は、CSR に基づいて証明書を正常に作成する必要があります。次に例を示します。

    1. CA の秘密鍵を生成します。

      $ certtool --generate-privkey --outfile <example-server.key>
    2. 任意のテキストエディターで新しい設定ファイルを開きます。以下に例を示します。

      $ vi <example-server.cfg>
    3. ファイルを編集して、必要な証明書の詳細を含めます。

      signing_key
      encryption_key
      key_agreement
      
      tls_www_server
      
      country = "US"
      organization = "Example Organization"
      cn = "server.example.com"
      
      dns_name = "example.com"
      dns_name = "server.example.com"
      ip_address = "192.168.0.1"
      ip_address = "::1"
      ip_address = "127.0.0.1"
    4. 以前に作成した秘密鍵を使用してリクエストを生成します

      $ certtool --generate-request --load-privkey <example-server.key> --template <example-server.cfg> --outfile <example-server.crq>
    5. 証明書を生成し、CA の秘密鍵で署名します。

      $ certtool --generate-certificate --load-request <example-server.crq> --load-ca-certificate <ca.crt> --load-ca-privkey <ca.key> --outfile <example-server.crt>

      関連情報

      • certtool(1) および trust(1) の man ページ

2.7. GnuTLS を使用した TLS サーバー証明書の秘密鍵と CSR の作成

証明書を取得するには、最初にサーバーの秘密鍵と証明書署名要求 (CSR) を作成する必要があります。

手順

  1. 以下のようにサーバーシステムで秘密鍵を生成します。

    $ certtool --generate-privkey --sec-param High --outfile <example-server.key>
  2. オプション: 次の例のように、選択したテキストエディターを使用して、CSR の作成を簡素化する設定ファイルを準備します。

    $ vim <example_server.cnf>
    signing_key
    encryption_key
    key_agreement
    
    tls_www_server
    
    country = "US"
    organization = "Example Organization"
    cn = "server.example.com"
    
    dns_name = "example.com"
    dns_name = "server.example.com"
    ip_address = "192.168.0.1"
    ip_address = "::1"
    ip_address = "127.0.0.1"
  3. 前に作成した秘密鍵を使用して CSR を作成します。

    $ certtool --generate-request --template <example-server.cfg> --load-privkey <example-server.key> --outfile <example-server.crq>

    --template オプションを省略すると、certool ユーティリティーは次のような追加情報の入力を求めます。

    You are about to be asked to enter information that will be incorporated
    into your certificate request.
    What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
    There are quite a few fields but you can leave some blank
    For some fields there will be a default value,
    If you enter '.', the field will be left blank.
    -----
    Generating a PKCS #10 certificate request...
    Country name (2 chars): <US>
    State or province name: <Washington>
    Locality name: <Seattle>
    Organization name: <Example Organization>
    Organizational unit name:
    Common name: <server.example.com>

次のステップ

検証

  1. 要求された証明書を CA から取得したら、次の例のように、証明書の中で人間が判読できる部分が要件と一致することを確認します。

    $ certtool --certificate-info --infile <example-server.crt>
    Certificate:
    …
            Issuer: CN = Example CA
            Validity
                Not Before: Feb  2 20:27:29 2023 GMT
                Not After : Feb  2 20:27:29 2024 GMT
            Subject: C = US, O = Example Organization, CN = server.example.com
            Subject Public Key Info:
                Public Key Algorithm: id-ecPublicKey
                    Public-Key: (256 bit)
    …
            X509v3 extensions:
                X509v3 Key Usage: critical
                    Digital Signature, Key Encipherment, Key Agreement
                X509v3 Extended Key Usage:
                    TLS Web Server Authentication
                X509v3 Subject Alternative Name:
                    DNS:example.com, DNS:server.example.com, IP Address:192.168.0.1, IP
    …

関連情報

  • certtool(1) の man ページ

2.8. GnuTLS を使用した TLS クライアント証明書の秘密鍵と CSR の作成

証明書を取得するには、最初にクライアントの秘密鍵と証明書署名要求 (CSR) を作成する必要があります。

手順

  1. 次の例のように、クライアントシステムで秘密鍵を生成します。

    $ certtool --generate-privkey --sec-param High --outfile <example-client.key>
  2. オプション: 次の例のように、選択したテキストエディターを使用して、CSR の作成を簡素化する設定ファイルを準備します。

    $ vim <example_client.cnf>
    signing_key
    encryption_key
    
    tls_www_client
    
    cn = "client.example.com"
    email = "client@example.com"
  3. 前に作成した秘密鍵を使用して CSR を作成します。

    $ certtool --generate-request --template <example-client.cfg> --load-privkey <example-client.key> --outfile <example-client.crq>

    --template オプションを省略すると、certtool ユーティリティーは次のような追加情報の入力を求めます。

    Generating a PKCS #10 certificate request...
    Country name (2 chars): <US>
    State or province name: <Washington>
    Locality name: <Seattle>
    Organization name: <Example Organization>
    Organizational unit name:
    Common name: <server.example.com>

次のステップ

検証

  1. 次の例のように、証明書の中で人間が判読できる部分が要件と一致することを確認します。

    $ certtool --certificate-info --infile <example-client.crt>
    Certificate:
    …
                X509v3 Extended Key Usage:
                    TLS Web Client Authentication
                X509v3 Subject Alternative Name:
                    email:client@example.com
    …

関連情報

  • certtool(1) の man ページ

2.9. プライベート CA を使用した GnuTLS での CSR の証明書の発行

システムが TLS 暗号化通信チャネルを確立できるようにするには、認証局 (CA) が有効な証明書をシステムに提供する必要があります。プライベート CA がある場合は、システムからの証明書署名要求 (CSR) に署名することにより、要求された証明書を作成できます。

前提条件

手順

  1. オプション: 任意のテキストエディターを使用して、次の例のように、証明書に拡張機能を追加するための GnuTLS 設定ファイルを準備します。

    $ vi <server-extensions.cfg>
    honor_crq_extensions
    ocsp_uri = "http://ocsp.example.com"
  2. certtool ユーティリティーを使用して、CSR に基づいて証明書を作成します。次に例を示します。

    $ certtool --generate-certificate --load-request <example-server.crq> --load-ca-privkey <ca.key> --load-ca-certificate <ca.crt> --template <server-extensions.cfg> --outfile <example-server.crt>

関連情報

  • certtool(1) の man ページ

第3章 共通システム証明書の使用

共有システム証明書ストレージは、NSS、GnuTLS、OpenSSL、および Java が、システムの証明書アンカーと、拒否リスト情報を取得するデフォルトソースを共有します。トラストストアには、デフォルトで、Mozilla CA リスト (信頼できるリストおよび信頼できないリスト) が含まれています。システムでは、コア Mozilla CA リストを更新したり、別の証明書リストを選択したりできます。

3.1. システム全体のトラストストア

RHEL では、統合されたシステム全体のトラストストアが /etc/pki/ca-trust/ ディレクトリーおよび /usr/share/pki/ca-trust-source/ ディレクトリーに置かれています。/usr/share/pki/ca-trust-source/ のトラスト設定は、/etc/pki/ca-trust/ の設定よりも低い優先順位で処理されます。

証明書ファイルは、インストールされているサブディレクトリーによって扱われ方が異なります。

  • トラストアンカーの所属先

    • /usr/share/pki/ca-trust-source/anchors/ または
    • /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
  • 信頼されていない証明書の保存先

    • /usr/share/pki/ca-trust-source/blocklist/ または
    • /etc/pki/ca-trust/source/blocklist/
  • 拡張 BEGIN TRUSTED ファイル形式の証明書の配置先

    • /usr/share/pki/ca-trust-source/ または
    • /etc/pki/ca-trust/source/
注記

階層暗号化システムでは、トラストアンカーとは、他のパーティーが信頼できると想定する権威あるエンティティーです。X.509 アーキテクチャーでは、ルート証明書はトラストチェーンの元となるトラストアンカーです。チェーンの検証を有効にするには、信頼元がまずトラストアンカーにアクセスできる必要があります。

関連情報

  • update-ca-trust(8) および trust(1) の man ページ

3.2. 新しい証明書の追加

新しいソースでシステムのアプリケーションを確認するには、対応する証明書をシステム全体のストアに追加し、update-ca-trust コマンドを使用します。

前提条件

  • ca-certificates パッケージがシステムにインストールされている。

手順

  1. システムで信頼されている CA のリストに、シンプルな PEM または DER のファイルフォーマットに含まれる証明書を追加するには、/usr/share/pki/ca-trust-source/anchors/ ディレクトリーまたは /etc/pki/ca-trust/source/anchors/ ディレクトリーに証明書ファイルをコピーします。以下に例を示します。

    # cp ~/certificate-trust-examples/Cert-trust-test-ca.pem /usr/share/pki/ca-trust-source/anchors/
  2. システム全体のトラストストア設定を更新するには、update-ca-trust コマンドを実行します。

    # update-ca-trust
注記

update-ca-trust を事前に実行しなくても、Firefox ブラウザーは追加された証明書を使用できますが、CA を変更するたびに update-ca-trust コマンドを入力してください。Firefox、Chromium および GNOME Web などのブラウザーはファイルをキャッシュするので、ブラウザーのキャッシュをクリアするか、ブラウザーを再起動して、現在のシステム証明書の設定を読み込む必要がある場合があります。

関連情報

  • update-ca-trust(8) および trust(1) の man ページ

3.3. 信頼されているシステム証明書の管理

trust コマンドを使用すると、システム全体の共有トラストストアの証明書を便利な方法で管理できます。

  • トラストアンカーのリスト表示、抽出、追加、削除、または変更を行うには、trust コマンドを使用します。このコマンドの組み込みヘルプを表示するには、引数を付けずに、または --help ディレクティブを付けて実行します。

    $ trust
    usage: trust command <args>...
    
    Common trust commands are:
      list             List trust or certificates
      extract          Extract certificates and trust
      extract-compat   Extract trust compatibility bundles
      anchor           Add, remove, change trust anchors
      dump             Dump trust objects in internal format
    
    See 'trust <command> --help' for more information
  • すべてのシステムのトラストアンカーおよび証明書のリストを表示するには、trust list コマンドを実行します。

    $ trust list
    pkcs11:id=%d2%87%b4%e3%df%37%27%93%55%f6%56%ea%81%e5%36%cc%8c%1e%3f%bd;type=cert
        type: certificate
        label: ACCVRAIZ1
        trust: anchor
        category: authority
    
    pkcs11:id=%a6%b3%e1%2b%2b%49%b6%d7%73%a1%aa%94%f5%01%e7%73%65%4c%ac%50;type=cert
        type: certificate
        label: ACEDICOM Root
        trust: anchor
        category: authority
    ...
  • トラストアンカーをシステム全体のトラストストアに保存するには、trust anchor サブコマンドを使用し、証明書のパスを指定します。<path.to/certificate.crt> を、証明書およびそのファイル名へのパスに置き換えます。

    # trust anchor <path.to/certificate.crt>
  • 証明書を削除するには、証明書のパス、または証明書の ID を使用します。

    # trust anchor --remove <path.to/certificate.crt>
    # trust anchor --remove "pkcs11:id=<%AA%BB%CC%DD%EE>;type=cert"

関連情報

  • trust コマンドのすべてのサブコマンドは、以下のような詳細な組み込みヘルプを提供します。

    $ trust list --help
    usage: trust list --filter=<what>
    
      --filter=<what>     filter of what to export
                            ca-anchors        certificate anchors
    ...
      --purpose=<usage>   limit to certificates usable for the purpose
                            server-auth       for authenticating servers
    ...

関連情報

  • update-ca-trust(8) および trust(1) の man ページ

第4章 TLS の計画および実施

TLS (トランスポート層セキュリティー) は、ネットワーク通信のセキュリティー保護に使用する暗号化プロトコルです。優先する鍵交換プロトコル、認証方法、および暗号化アルゴリズムを設定してシステムのセキュリティー設定を強化する際には、対応するクライアントの範囲が広ければ広いほど、セキュリティーのレベルが低くなることを認識しておく必要があります。反対に、セキュリティー設定を厳密にすると、クライアントとの互換性が制限され、システムからロックアウトされるユーザーが出てくる可能性もあります。可能な限り厳密な設定を目指し、互換性に必要な場合に限り、設定を緩めるようにしてください。

4.1. SSL プロトコルおよび TLS プロトコル

Secure Sockets Layer (SSL) プロトコルは、元々はインターネットを介した安全な通信メカニズムを提供するために、Netscape Corporation により開発されました。その後、このプロトコルは、Internet Engineering Task Force (IETF) により採用され、Transport Layer Security (TLS) に名前が変更になりました。

TLS プロトコルは、アプリケーションプロトコル層と、TCP/IP などの信頼性の高いトランスポート層の間にあります。これは、アプリケーションプロトコルから独立しているため、さまざまなプロトコルの下に階層化できます。(HTTP、FTP、SMTP など)

プロトコルのバージョン推奨される使用方法

SSL v2

使用しないでください。深刻なセキュリティー上の脆弱性があります。RHEL 7 以降、コア暗号ライブラリーから削除されました。

SSL v3

使用しないでください。深刻なセキュリティー上の脆弱性があります。RHEL 8 以降、コア暗号ライブラリーから削除されました。

TLS 1.0

使用は推奨されません。相互運用性を保証した方法では軽減できない既知の問題があり、最新の暗号スイートには対応しません。RHEL 9 では、すべての暗号化ポリシーで無効になります。

TLS 1.1

必要に応じて相互運用性の目的で使用します。最新の暗号スイートには対応しません。RHEL 9 では、すべての暗号化ポリシーで無効になります。

TLS 1.2

最新の AEAD 暗号スイートに対応します。このバージョンは、システム全体のすべての暗号化ポリシーで有効になっていますが、このプロトコルの必須ではない部分に脆弱性があります。また、TLS 1.2 では古いアルゴリズムも使用できます。

TLS 1.3

推奨されるバージョン。TLS 1.3 は、既知の問題があるオプションを取り除き、より多くのネゴシエーションハンドシェイクを暗号化することでプライバシーを強化し、最新の暗号アルゴリズムをより効果的に使用することで速度を速めることができます。TLS 1.3 は、システム全体のすべての暗号化ポリシーでも有効になっています。

4.2. RHEL 9 における TLS のセキュリティー上の検討事項

RHEL 9 では、TLS 設定はシステム全体の暗号化ポリシーメカニズムを使用して実行されます。1.2 未満の TLS バージョンはサポートされなくなりました。DEFAULTFUTURE、および LEGACY 暗号化ポリシーは、TLS 1.2 および 1.3 のみを許可します。詳細は、Using system-wide cryptographic policies を参照してください。

RHEL 9 に含まれるライブラリーが提供するデフォルト設定は、ほとんどのデプロイメントで十分に安全です。TLS 実装は、可能な場合は、安全なアルゴリズムを使用する一方で、レガシーなクライアントまたはサーバーとの間の接続は妨げません。セキュリティーが保護されたアルゴリズムまたはプロトコルに対応しないレガシーなクライアントまたはサーバーの接続が期待できないまたは許可されない場合に、厳密なセキュリティー要件の環境で、強化設定を適用します。

TLS 設定を強化する最も簡単な方法は、update-crypto-policies --set FUTURE コマンドを実行して、システム全体の暗号化ポリシーレベルを FUTURE に切り替えます。

警告

LEGACY 暗号化ポリシーで無効にされているアルゴリズムは、Red Hat の RHEL 9 セキュリティーのビジョンに準拠しておらず、それらのセキュリティープロパティーは信頼できません。これらのアルゴリズムを再度有効化するのではなく、使用しないようにすることを検討してください。たとえば、古いハードウェアとの相互運用性のためにそれらを再度有効化することを決めた場合は、それらを安全でないものとして扱い、ネットワークの相互作用を個別のネットワークセグメントに分離するなどの追加の保護手段を適用します。パブリックネットワーク全体では使用しないでください。

RHEL システム全体の暗号化ポリシーに従わない場合、またはセットアップに適したカスタム暗号化ポリシーを作成する場合は、カスタム設定で必要なプロトコル、暗号スイート、および鍵の長さについて、以下の推奨事項を使用します。

4.2.1. プロトコル

最新バージョンの TLS は、最高のセキュリティーメカニズムを提供します。TLS 1.2 は、LEGACY 暗号化ポリシーを使用する場合でも最小バージョンになりました。古いプロトコルバージョンを再度有効にするには、暗号化ポリシーをオプトアウトするか、カスタムポリシーを提供することで可能ですが、この結果生成される設定はサポートされません。

RHEL 9 は TLS バージョン 1.3 をサポートしていますが、このプロトコルのすべての機能が RHEL 9 コンポーネントで完全にサポートされているわけではない点に注意してください。たとえば、接続レイテンシーを短縮する 0-RTT (Zero Round Trip Time) 機能は、Apache Web サーバーではまだ完全にはサポートされていません。

警告

FIPS モードで実行されている RHEL 9.2 以降のシステムでは、FIPS 140-3 標準の要件に従って、TLS 1.2 接続で Extended Master Secret (EMS) 拡張機能 (RFC 7627) を使用する必要があります。したがって、EMS または TLS 1.3 をサポートしていないレガシークライアントは、FIPS モードで実行されている RHEL 9 サーバーに接続できません。FIPS モードの RHEL 9 クライアントは、EMS なしで TLS 1.2 のみをサポートするサーバーに接続できません。TLS Extension "Extended Master Secret" enforced with Red Hat Enterprise Linux 9.2 を参照してください。

4.2.2. 暗号化スイート

旧式で、安全ではない暗号化スイートではなく、最近の、より安全なものを使用してください。暗号化スイートの eNULL および aNULL は、暗号化や認証を提供しないため、常に無効にしてください。RC4 や HMAC-MD5 をベースとした暗号化スイートには深刻な欠陥があるため、可能な場合はこれも無効にしてください。いわゆるエクスポート暗号化スイートも同様です。エクスポート暗号化スイートは意図的に弱くなっているため、侵入が容易になっています。

128 ビット未満のセキュリティーしか提供しない暗号化スイートでは直ちにセキュリティーが保護されなくなるというわけではありませんが、使用できる期間が短いため考慮すべきではありません。アルゴリズムが 128 ビット以上のセキュリティーを使用している場合は、少なくとも数年間は解読不可能であることが期待されているため、強く推奨されます。3DES 暗号は 168 ビットを使用していると言われていますが、実際に提供されているのは 112 ビットのセキュリティーであることに注意してください。

サーバーの鍵が危険にさらされた場合でも、暗号化したデータの機密性を保証する (完全な) 前方秘匿性 (PFS) に対応する暗号スイートを常に優先します。ここでは、速い RSA 鍵交換は除外されますが、ECDHE および DHE は使用できます。この 2 つを比べると、ECDHE の方が速いため推奨されます。

また、AES-GCM などの AEAD 暗号は、パディングオラクル攻撃の影響は受けないため、CBC モード暗号よりも推奨されます。さらに、多くの場合、特にハードウェアに AES 用の暗号化アクセラレーターがある場合、AES-GCM は CBC モードの AES よりも高速です。

ECDSA 証明書で ECDHE 鍵交換を使用すると、トランザクションは純粋な RSA 鍵交換よりもさらに高速になります。レガシークライアントに対応するため、サーバーには証明書と鍵のペアを 2 つ (新しいクライアント用の ECDSA 鍵と、レガシー用の RSA 鍵) インストールできます。

4.2.3. 公開鍵の長さ

RSA 鍵を使用する際は、SHA-256 以上で署名され、鍵の長さが 3072 ビット以上のものが常に推奨されます (これは、実際に 128 ビットであるセキュリティーに対して十分な大きさです)。

警告

システムのセキュリティー強度は、チェーンの中の最も弱いリンクが示すものと同じになります。たとえば、強力な暗号化だけではすぐれたセキュリティーは保証されません。鍵と証明書も同様に重要で、認証機関 (CA) が鍵の署名に使用するハッシュ機能と鍵もまた重要になります。

4.3. アプリケーションで TLS 設定の強化

RHEL では、システム全体の暗号化ポリシー は、暗号化ライブラリーを使用するアプリケーションが、既知の安全でないプロトコル、暗号化、またはアルゴリズムを許可しないようにするための便利な方法を提供します。

暗号化設定をカスタマイズして、TLS 関連の設定を強化する場合は、このセクションで説明する暗号化設定オプションを使用して、必要最小量でシステム全体の暗号化ポリシーを上書きできます。

いずれの設定を選択しても、サーバーアプリケーションが サーバー側が指定した順序 で暗号を利用することを確認し、使用される暗号化スイートの選択がサーバーでの設定順に行われるように設定してください。

4.3.1. TLS を使用するように Apache HTTP サーバーを設定

Apache HTTP Server は、TLS のニーズに OpenSSL ライブラリーおよび NSS ライブラリーの両方を使用できます。RHEL 9 では、mod_ss パッケージで mod_ssl 機能が提供されます。

# dnf install mod_ssl

mod_ssl パッケージは、/etc/httpd/conf.d/ssl.conf 設定ファイルをインストールします。これは、Apache HTTP Server の TLS 関連の設定を変更するのに使用できます。

httpd-manual パッケージをインストールして、TLS 設定を含む Apache HTTP Server の完全ドキュメントを取得します。/etc/httpd/conf.d/ssl.conf 設定ファイルで利用可能なディレクティブの詳細は、/usr/share/httpd/manual/mod/mod_ssl.html を参照してください。さまざまな設定の例は、/usr/share/httpd/manual/ssl/ssl_howto.html ファイルに記載されています。

/etc/httpd/conf.d/ssl.conf 設定ファイルの設定を修正する場合は、少なくとも下記の 3 つのディレクティブを確認してください。

SSLProtocol
このディレクティブを使用して、許可する TLS または SSL のバージョンを指定します。
SSLCipherSuite
優先する暗号化スイートを指定する、もしくは許可しないスイートを無効にするディレクティブです。
SSLHonorCipherOrder
コメントを解除して、このディレクティブを on に設定すると、接続先のクライアントは指定した暗号化の順序に従います。

たとえば、TLS 1.2 プロトコルおよび 1.3 プロトコルだけを使用する場合は、以下を実行します。

SSLProtocol             all -SSLv3 -TLSv1 -TLSv1.1

詳細は、Deploying web servers and reverse proxiesConfiguring TLS encryption on an Apache HTTP Server の章を参照してください。

4.3.2. TLS を使用するように Nginx HTTP およびプロキシーサーバーを設定

Nginx で TLS 1.3 サポートを有効にするには、/etc/nginx/nginx.conf 設定ファイルの server セクションで、ssl_protocols オプションに TLSv1.3 値を追加します。

server {
    listen 443 ssl http2;
    listen [::]:443 ssl http2;
    ....
    ssl_protocols TLSv1.2 TLSv1.3;
    ssl_ciphers
    ....
}

詳細は、Deploying web servers and reverse proxiesAdding TLS encryption to an Nginx web server の章を参照してください。

4.3.3. TLS を使用するように Dovecot メールサーバーを設定

Dovecot メールサーバーのインストールが TLS を使用するように設定するには、/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf 設定ファイルを修正します。このファイルで利用可能な基本的な設定ディレクティブの一部は、/usr/share/doc/dovecot/wiki/SSL.DovecotConfiguration.txt ファイルで説明されています。このファイルは Dovecot の標準インストールに含まれています。

/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf 設定ファイルの設定を修正する場合は、少なくとも下記の 3 つのディレクティブを確認してください。

ssl_protocols
このディレクティブを使用して、許可または無効にする TLS または SSL のバージョンを指定します。
ssl_cipher_list
優先する暗号化スイートを指定する、もしくは許可しないスイートを無効にするディレクティブです。
ssl_prefer_server_ciphers
コメントを解除して、このディレクティブを yes に設定すると、接続先のクライアントは指定した暗号化の順序に従います。

たとえば、/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf 内の次の行が、TLS 1.1 以降だけを許可します。

ssl_protocols = !SSLv2 !SSLv3 !TLSv1

第5章 IPsec を使用した VPN の設定

RHEL 9 では、IPsec プロトコルを使用して仮想プライベートネットワーク (VPN) を設定できます。これは、Libreswan アプリケーションによりサポートされます。

5.1. IPsec VPN 実装としての Libreswan

RHEL では、IPsec プロトコルを使用して仮想プライベートネットワーク (VPN) を設定できます。これは、Libreswan アプリケーションによりサポートされます。Libreswan は、Openswan アプリケーションの延長であり、Openswan ドキュメントの多くの例は Libreswan でも利用できます。

VPN の IPsec プロトコルは、IKE (Internet Key Exchange) プロトコルを使用して設定されます。IPsec と IKE は同義語です。IPsec VPN は、IKE VPN、IKEv2 VPN、XAUTH VPN、Cisco VPN、または IKE/IPsec VPN とも呼ばれます。Layer 2 Tunneling Protocol (L2TP) も使用する IPsec VPN のバリアントは、通常、L2TP/IPsec VPN と呼ばれ、optional のリポジトリーによって提供される xl2tpd パッケージが必要です。

Libreswan は、オープンソースのユーザー空間の IKE 実装です。IKE v1 および v2 は、ユーザーレベルのデーモンとして実装されます。IKE プロトコルも暗号化されています。IPsec プロトコルは Linux カーネルで実装され、Libreswan は、VPN トンネル設定を追加および削除するようにカーネルを設定します。

IKE プロトコルは、UDP ポート 500 および 4500 を使用します。IPsec プロトコルは、以下の 2 つのプロトコルで構成されます。

  • 暗号セキュリティーペイロード (ESP) (プロトコル番号が 50)
  • 認証ヘッダー (AH) (プロトコル番号 51)

AH プロトコルの使用は推奨されていません。AH のユーザーは、null 暗号化で ESP に移行することが推奨されます。

IPsec プロトコルは、以下の 2 つの操作モードを提供します。

  • トンネルモード (デフォルト)
  • トランスポートモード

IKE を使用せずに IPsec を使用してカーネルを設定できます。これは、手動キーリング と呼ばれます。また、ip xfrm コマンドを使用して手動キーを設定できますが、これはセキュリティー上の理由からは強く推奨されません。Libreswan は、Netlink インターフェイスを使用して Linux カーネルと通信します。カーネルはパケットの暗号化と復号化を実行します。

Libreswan は、ネットワークセキュリティーサービス (NSS) 暗号化ライブラリーを使用します。NSS は、連邦情報処理標準 (FIPS) の公開文書 140-2 での使用が認定されています。

重要

Libreswan および Linux カーネルが実装する IKE/IPsec の VPN は、RHEL で使用することが推奨される唯一の VPN 技術です。その他の VPN 技術は、そのリスクを理解せずに使用しないでください。

RHEL では、Libreswan はデフォルトで システム全体の暗号化ポリシー に従います。これにより、Libreswan は、デフォルトのプロトコルとして IKEv2 を含む現在の脅威モデルに対して安全な設定を使用するようになります。詳細は、Using system-wide crypto policies を参照してください。

IKE/IPsec はピアツーピアプロトコルであるため、Libreswan では、ソースおよび宛先、またはサーバーおよびクライアントという用語を使用しません。終了点 (ホスト) を参照する場合は、代わりに左と右という用語を使用します。これにより、ほとんどの場合、両方の終了点で同じ設定も使用できます。ただし、管理者は通常、ローカルホストに左を使用し、リモートホストに右を使用します。

leftidrightid オプションは、認証プロセス内の各ホストの識別として機能します。詳細は、man ページの ipsec.conf(5) を参照してください。

5.2. Libreswan の認証方法

Libreswan は複数の認証方法をサポートしますが、それぞれは異なるシナリオとなっています。

事前共有キー (PSK)

事前共有キー (PSK) は、最も簡単な認証メソッドです。セキュリティー上の理由から、PSK は 64 文字未満は使用しないでください。FIPS モードでは、PSK は、使用される整合性アルゴリズムに応じて、、最低強度の要件に準拠する必要があります。authby=secret 接続を使用して PSK を設定できます。

Raw RSA 鍵

Raw RSA 鍵 は、静的なホスト間またはサブネット間の IPsec 設定で一般的に使用されます。各ホストは、他のすべてのホストのパブリック RSA 鍵を使用して手動で設定され、Libreswan はホストの各ペア間で IPsec トンネルを設定します。この方法は、多数のホストでは適切にスケーリングされません。

ipsec newhostkey コマンドを使用して、ホストで Raw RSA 鍵を生成できます。ipsec showhostkey コマンドを使用して、生成された鍵をリスト表示できます。leftrsasigkey= の行は、CKA ID キーを使用する接続設定に必要です。Raw RSA 鍵に authby=rsasig 接続オプションを使用します。

X.509 証明書

X.509 証明書 は、共通の IPsec ゲートウェイに接続するホストが含まれる大規模なデプロイメントに一般的に使用されます。中央の 認証局 (CA) は、ホストまたはユーザーの RSA 証明書に署名します。この中央 CA は、個別のホストまたはユーザーの取り消しを含む、信頼のリレーを行います。

たとえば、openssl コマンドおよび NSS certutil コマンドを使用して X.509 証明書を生成できます。Libreswan は、leftcert= 設定オプションの証明書のニックネームを使用して NSS データベースからユーザー証明書を読み取るため、証明書の作成時にニックネームを指定します。

カスタム CA 証明書を使用する場合は、これを Network Security Services(NSS) データベースにインポートする必要があります。ipsec import コマンドを使用して、PKCS #12 形式の証明書を Libreswan NSS データベースにインポートできます。

警告

Libreswan は、section 3.1 of RFC 4945 で説明されているように、すべてのピア証明書のサブジェクト代替名 (SAN) としてインターネット鍵 Exchange(IKE) ピア ID を必要とします。require-id-on-certificated= オプションを変更してこのチェックを無効にすると、システムが中間者攻撃に対して脆弱になる可能性があります。

SHA-2 で RSA を使用した X.509 証明書に基づく認証に authby=rsasig 接続オプションを使用します。authby=ecdsa に設定し、authby=rsa-sha2 を介した SHA-2 による RSA Probabilistic Signature Scheme (RSASSA-PSS) デジタル署名ベースの認証を設定することにより、SHA-2 を使用する ECDSA デジタル署名に対してさらに制限することができます。デフォルト値は authby=rsasig,ecdsa です。

証明書と authby= 署名メソッドが一致する必要があります。これにより、相互運用性が向上し、1 つのデジタル署名システムでの認証が維持されます。

NULL 認証

null 認証 は、認証なしでメッシュの暗号化を取得するために使用されます。これは、パッシブ攻撃は防ぎますが、アクティブ攻撃は防ぎません。ただし、IKEv2 は非対称認証メソッドを許可するため、NULL 認証はインターネットスケールのオポチュニスティック IPsec にも使用できます。このモデルでは、クライアントはサーバーを認証しますが、サーバーはクライアントを認証しません。このモデルは、TLS を使用して Web サイトのセキュリティーを保護するのと似ています。NULL 認証に authby=null を使用します。

量子コンピューターに対する保護

上記の認証方法に加えて、Post-quantum Pre-shared Key (PPK) メソッドを使用して、量子コンピューターによる潜在的な攻撃から保護することができます。個々のクライアントまたはクライアントグループは、帯域外で設定された事前共有鍵に対応する PPK ID を指定することにより、独自の PPK を使用できます。

事前共有キーで IKEv1 を使用すると、量子攻撃者から保護されます。IKEv2 の再設計は、この保護をネイティブに提供しません。Libreswan は、Post-quantum Pre-shared Key (PPK) を使用して、量子攻撃から IKEv2 接続を保護します。

任意の PPK 対応を有効にする場合は、接続定義に ppk=yes を追加します。PPK が必要な場合は ppk=insist を追加します。次に、各クライアントには、帯域外で通信する (および可能であれば量子攻撃に対して安全な) シークレット値を持つ PPK ID を付与できます。PPK はランダム性において非常に強力で、辞書の単語に基づいていません。PPK ID と PPK データは、次のように ipsec.secrets ファイルに保存されます。

@west @east : PPKS "user1" "thestringismeanttobearandomstr"

PPKS オプションは、静的な PPK を参照します。実験的な関数は、ワンタイムパッドに基づいた動的 PPK を使用します。各接続では、ワンタイムパッドの新しい部分が PPK として使用されます。これを使用すると、ファイル内の動的な PPK の部分がゼロで上書きされ、再利用を防ぐことができます。複数のタイムパッドマテリアルが残っていないと、接続は失敗します。詳細は、man ページの ipsec.secrets(5) を参照してください。

警告

動的 PPK の実装はサポート対象外のテクノロジープレビューとして提供されます。注意して使用してください。

5.3. Libreswan のインストール

Libreswan IPsec/IKE 実装を通じて VPN を設定する前に、対応するパッケージをインストールし、ipsec サービスを開始して、ファイアウォールでサービスを許可する必要があります。

前提条件

  • AppStream リポジトリーが有効になっている。

手順

  1. libreswan パッケージをインストールします。

    # dnf install libreswan
  2. Libreswan を再インストールする場合は、古いデータベースファイルを削除し、新しいデータベースを作成します。

    # systemctl stop ipsec
    # rm /var/lib/ipsec/nss/*db
    # ipsec initnss
  3. ipsec サービスを開始して有効にし、システムの起動時にサービスを自動的に開始できるようにします。

    # systemctl enable ipsec --now
  4. ファイアウォールで、ipsec サービスを追加して、IKE プロトコル、ESP プロトコル、および AH プロトコルの 500/UDP ポートおよび 4500/UDP ポートを許可するように設定します。

    # firewall-cmd --add-service="ipsec"
    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

5.4. ホスト間の VPN の作成

raw RSA キーによる認証を使用して、 および と呼ばれる 2 つのホスト間に、ホストツーホスト IPsec VPN を作成するように Libreswan を設定できます。

前提条件

  • Libreswan がインストールされ、ipsec サービスが各ノードで開始している。

手順

  1. 各ホストで Raw RSA 鍵ペアを生成します。

    # ipsec newhostkey
  2. 前の手順で生成した鍵の ckaid を返します。 で次のコマンドを実行して、その ckaid を使用します。以下に例を示します。

    # ipsec showhostkey --left --ckaid 2d3ea57b61c9419dfd6cf43a1eb6cb306c0e857d

    上のコマンドの出力により、設定に必要な leftrsasigkey= 行が生成されます。次のホスト () でも同じ操作を行います。

    # ipsec showhostkey --right --ckaid a9e1f6ce9ecd3608c24e8f701318383f41798f03
  3. /etc/ipsec.d/ ディレクトリーで、新しい my_host-to-host.conf ファイルを作成します。上の手順の ipsec showhostkey コマンドの出力から、RSA ホストの鍵を新規ファイルに書き込みます。以下に例を示します。

    conn mytunnel
        leftid=@west
        left=192.1.2.23
        leftrsasigkey=0sAQOrlo+hOafUZDlCQmXFrje/oZm [...] W2n417C/4urYHQkCvuIQ==
        rightid=@east
        right=192.1.2.45
        rightrsasigkey=0sAQO3fwC6nSSGgt64DWiYZzuHbc4 [...] D/v8t5YTQ==
        authby=rsasig
  4. 鍵をインポートしたら、ipsec サービスを再起動します。

    # systemctl restart ipsec
  5. 接続を読み込みます。

    # ipsec auto --add mytunnel
  6. トンネルを確立します。

    # ipsec auto --up mytunnel
  7. ipsec サービスの開始時に自動的にトンネルを開始するには、以下の行を接続定義に追加します。

    auto=start

5.5. サイト間 VPN の設定

2 つのネットワークを結合してサイト間の IPsec VPN を作成する場合は、その 2 つのホスト間の IPsec トンネルを作成します。これにより、ホストは終了点として動作し、1 つまたは複数のサブネットからのトラフィックが通過できるように設定されます。したがって、ホストを、ネットワークのリモート部分にゲートウェイとして見なすことができます。

サイト間の VPN の設定は、設定ファイル内で複数のネットワークまたはサブネットを指定する必要がある点のみが、ホスト間の VPN とは異なります。

前提条件

手順

  1. ホスト間の VPN の設定が含まれるファイルを、新規ファイルにコピーします。以下に例を示します。

    # cp /etc/ipsec.d/my_host-to-host.conf /etc/ipsec.d/my_site-to-site.conf
  2. 上の手順で作成したファイルに、サブネット設定を追加します。以下に例を示します。

    conn mysubnet
         also=mytunnel
         leftsubnet=192.0.1.0/24
         rightsubnet=192.0.2.0/24
         auto=start
    
    conn mysubnet6
         also=mytunnel
         leftsubnet=2001:db8:0:1::/64
         rightsubnet=2001:db8:0:2::/64
         auto=start
    
    # the following part of the configuration file is the same for both host-to-host and site-to-site connections:
    
    conn mytunnel
        leftid=@west
        left=192.1.2.23
        leftrsasigkey=0sAQOrlo+hOafUZDlCQmXFrje/oZm [...] W2n417C/4urYHQkCvuIQ==
        rightid=@east
        right=192.1.2.45
        rightrsasigkey=0sAQO3fwC6nSSGgt64DWiYZzuHbc4 [...] D/v8t5YTQ==
        authby=rsasig

5.6. リモートアクセスの VPN の設定

ロードウォーリアーとは、モバイルクライアントと動的に割り当てられた IP アドレスを使用する移動するユーザーのことです。モバイルクライアントは、X.509 証明書を使用して認証します。

以下の例では、IKEv2 の設定を示しています。IKEv1 XAUTH プロトコルは使用していません。

サーバー上では以下の設定になります。

conn roadwarriors
    ikev2=insist
    # support (roaming) MOBIKE clients (RFC 4555)
    mobike=yes
    fragmentation=yes
    left=1.2.3.4
    # if access to the LAN is given, enable this, otherwise use 0.0.0.0/0
    # leftsubnet=10.10.0.0/16
    leftsubnet=0.0.0.0/0
    leftcert=gw.example.com
    leftid=%fromcert
    leftxauthserver=yes
    leftmodecfgserver=yes
    right=%any
    # trust our own Certificate Agency
    rightca=%same
    # pick an IP address pool to assign to remote users
    # 100.64.0.0/16 prevents RFC1918 clashes when remote users are behind NAT
    rightaddresspool=100.64.13.100-100.64.13.254
    # if you want remote clients to use some local DNS zones and servers
    modecfgdns="1.2.3.4, 5.6.7.8"
    modecfgdomains="internal.company.com, corp"
    rightxauthclient=yes
    rightmodecfgclient=yes
    authby=rsasig
    # optionally, run the client X.509 ID through pam to allow or deny client
    # pam-authorize=yes
    # load connection, do not initiate
    auto=add
    # kill vanished roadwarriors
    dpddelay=1m
    dpdtimeout=5m
    dpdaction=clear

ロードウォーリアーのデバイスであるモバイルクライアントでは、上記の設定に多少変更を加えて使用します。

conn to-vpn-server
    ikev2=insist
    # pick up our dynamic IP
    left=%defaultroute
    leftsubnet=0.0.0.0/0
    leftcert=myname.example.com
    leftid=%fromcert
    leftmodecfgclient=yes
    # right can also be a DNS hostname
    right=1.2.3.4
    # if access to the remote LAN is required, enable this, otherwise use 0.0.0.0/0
    # rightsubnet=10.10.0.0/16
    rightsubnet=0.0.0.0/0
    fragmentation=yes
    # trust our own Certificate Agency
    rightca=%same
    authby=rsasig
    # allow narrowing to the server’s suggested assigned IP and remote subnet
    narrowing=yes
    # support (roaming) MOBIKE clients (RFC 4555)
    mobike=yes
    # initiate connection
    auto=start

5.7. メッシュ VPN の設定

any-to-any VPN とも呼ばれるメッシュ VPN ネットワークは、全ノードが IPsec を使用して通信するネットワークです。この設定では、IPsec を使用できないノードの例外が許可されます。メッシュの VPN ネットワークは、以下のいずれかの方法で設定できます。

  • IPSec を必要とする。
  • IPsec を優先するが、平文通信へのフォールバックを可能にする。

ノード間の認証は、X.509 証明書または DNSSEC (DNS Security Extensions) を基にできます。

これらの接続は通常の Libreswan 設定であるため、オポチュニスティック IPsec に通常の IKEv2 認証方法を使用できます。ただし、right=%opportunisticgroup エントリーで定義されるオポチュニスティック IPsec を除きます。一般的な認証方法は、一般に共有される認証局 (CA) を使用して、X.509 証明書に基づいてホストを相互に認証させる方法です。クラウドデプロイメントでは通常、標準の手順の一部として、クラウド内の各ノードに証明書を発行します。

重要

1 つのホストが侵害されると、グループの PSK シークレットも侵害されるため、PreSharedKey (PSK) 認証は使用しないでください。

NULL 認証を使用すると、認証なしでノード間に暗号化をデプロイできます。これを使用した場合、受動的な攻撃者からのみ保護されます。

以下の手順では、X.509 証明書を使用します。この証明書は、Dogtag Certificate System などの任意の種類の CA 管理システムを使用して生成できます。Dogtag は、各ノードの証明書が PKCS #12 形式 (.p12 ファイル) で利用可能であることを前提としています。これには、秘密鍵、ノード証明書、およびその他のノードの X.509 証明書を検証するのに使用されるルート CA 証明書が含まれます。

各ノードでは、その X.509 証明書を除いて、同じ設定を使用します。これにより、ネットワーク内で既存ノードを再設定せずに、新規ノードを追加できます。PKCS #12 ファイルには分かりやすい名前が必要であるため、名前には node を使用します。これにより、すべてのノードに対して、この名前を参照する設定ファイルが同一になります。

前提条件

  • Libreswan がインストールされ、ipsec サービスが各ノードで開始している。
  • 新しい NSS データベースが初期化されている。

    1. すでに古い NSS データベースがある場合は、古いデータベースファイルを削除します。

      # systemctl stop ipsec
      # rm /var/lib/ipsec/nss/*db
    2. 次のコマンドを使用して、新しいデータベースを初期化できます。

      # ipsec initnss

手順

  1. 各ノードで PKCS #12 ファイルをインポートします。この手順では、PKCS #12 ファイルの生成に使用するパスワードが必要になります。

    # ipsec import nodeXXX.p12
  2. IPsec required (private)、IPsec optional (private-or-clear)、および No IPsec (clear) プロファイルに、以下のような 3 つの接続定義を作成します。

    # cat /etc/ipsec.d/mesh.conf
    conn clear
    	auto=ondemand 1
    	type=passthrough
    	authby=never
    	left=%defaultroute
    	right=%group
    
    conn private
    	auto=ondemand
    	type=transport
    	authby=rsasig
    	failureshunt=drop
    	negotiationshunt=drop
    	ikev2=insist
    	left=%defaultroute
    	leftcert=nodeXXXX
    	leftid=%fromcert 2
    	rightid=%fromcert
    	right=%opportunisticgroup
    
    conn private-or-clear
    	auto=ondemand
    	type=transport
    	authby=rsasig
    	failureshunt=passthrough
    	negotiationshunt=passthrough
    	# left
    	left=%defaultroute
    	leftcert=nodeXXXX 3
    	leftid=%fromcert
    	leftrsasigkey=%cert
    	# right
    	rightrsasigkey=%cert
    	rightid=%fromcert
    	right=%opportunisticgroup
1
auto 変数にはいくつかのオプションがあります。

ondemand 接続オプションは、IPsec 接続を開始するオポチュニスティック IPsec や、常にアクティブにする必要のない明示的に設定した接続に使用できます。このオプションは、カーネル内にトラップ XFRM ポリシーを設定し、そのポリシーに一致する最初のパケットを受信したときに IPsec 接続を開始できるようにします。

オポチュニスティック IPsec を使用する場合も、明示的に設定した接続を使用する場合も、次のオプションを使用すると、IPsec 接続を効果的に設定および管理できます。

add オプション
接続設定をロードし、リモート開始に応答できるように準備します。ただし、接続はローカル側から自動的に開始されません。コマンド ipsec auto --up を使用して、IPsec 接続を手動で開始できます。
start オプション
接続設定をロードし、リモート開始に応答できるように準備します。さらに、リモートピアへの接続を即座に開始します。このオプションは、永続的かつ常にアクティブな接続に使用できます。
2
leftid 変数と rightid 変数は、IPsec トンネル接続の右チャネルと左チャネルを指定します。これらの変数を使用して、ローカル IP アドレスの値、またはローカル証明書のサブジェクト DN を取得できます (設定している場合)。
3
leftcert 変数は、使用する NSS データベースのニックネームを定義します。
  1. ネットワークの IP アドレスを対応するカテゴリーに追加します。たとえば、すべてのノードが 10.15.0.0/16 ネットワーク内に存在し、すべてのノードで IPsec 暗号化を使用する必要がある場合は、次のコマンドを実行します。

    # echo "10.15.0.0/16" >> /etc/ipsec.d/policies/private
  2. 特定のノード (10.15.34.0/24 など) を IPsec の有無にかかわらず機能させるには、そのノードを private-or-clear グループに追加します。

    # echo "10.15.34.0/24" >> /etc/ipsec.d/policies/private-or-clear
  3. ホストを、10.15.1.2 など、IPsec の機能がない clear グループに定義する場合は、次のコマンドを実行します。

    # echo "10.15.1.2/32" >> /etc/ipsec.d/policies/clear

    /etc/ipsec.d/policies ディレクトリーのファイルは、各新規ノードのテンプレートから作成することも、Puppet または Ansible を使用してプロビジョニングすることもできます。

    すべてのノードでは、例外のリストが同じか、異なるトラフィックフローが期待される点に注意してください。したがって、あるノードで IPsec が必要になり、別のノードで IPsec を使用できないために、ノード間の通信ができない場合もあります。

  4. ノードを再起動して、設定したメッシュに追加します。

    # systemctl restart ipsec

検証

  1. ping コマンドを使用して IPsec トンネルを開きます。

    # ping <nodeYYY>
  2. インポートされた証明書を含む NSS データベースを表示します。

    # certutil -L -d sql:/etc/ipsec.d
    
    Certificate Nickname    Trust Attributes
                            SSL,S/MIME,JAR/XPI
    
    west                    u,u,u
    ca                      CT,,
  3. ノード上の開いているトンネルを確認します。

    # ipsec trafficstatus
    006 #2: "private#10.15.0.0/16"[1] ...<nodeYYY>, type=ESP, add_time=1691399301, inBytes=512, outBytes=512, maxBytes=2^63B, id='C=US, ST=NC, O=Example Organization, CN=east'

関連情報

5.8. FIPS 準拠の IPsec VPN のデプロイ

Libreswan を使用して、FIPS 準拠の IPsec VPN ソリューションをデプロイできます。これを行うには、FIPS モードの Libreswan で使用できる暗号化アルゴリズムと無効になっている暗号化アルゴリズムを特定します。

前提条件

  • AppStream リポジトリーが有効になっている。

手順

  1. libreswan パッケージをインストールします。

    # dnf install libreswan
  2. Libreswan を再インストールする場合は、古い NSS データベースを削除します。

    # systemctl stop ipsec
    
    # rm /var/lib/ipsec/nss/*db
  3. ipsec サービスを開始して有効にし、システムの起動時にサービスを自動的に開始できるようにします。

    # systemctl enable ipsec --now
  4. ファイアウォールで、ipsec サービスを追加して、IKE プロトコル、ESP プロトコル、および AH プロトコルの 500 および 4500 UDP ポートを許可するように設定します。

    # firewall-cmd --add-service="ipsec"
    # firewall-cmd --runtime-to-permanent
  5. システムを FIPS モードに切り替えます。

    # fips-mode-setup --enable
  6. システムを再起動して、カーネルを FIPS モードに切り替えます。

    # reboot

検証

  1. Libreswan が FIPS モードで実行されていることを確認します。

    # ipsec whack --fipsstatus
    000 FIPS mode enabled
  2. または、systemd ジャーナルで ipsec ユニットのエントリーを確認します。

    $ journalctl -u ipsec
    ...
    Jan 22 11:26:50 localhost.localdomain pluto[3076]: FIPS Mode: YES
  3. FIPS モードで使用可能なアルゴリズムを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec pluto --selftest 2>&1 | head -6
    Initializing NSS using read-write database "sql:/var/lib/ipsec/nss"
    FIPS Mode: YES
    NSS crypto library initialized
    FIPS mode enabled for pluto daemon
    NSS library is running in FIPS mode
    FIPS HMAC integrity support [disabled]
  4. FIPS モードで無効化されたアルゴリズムをクエリーするには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec pluto --selftest 2>&1 | grep disabled
    Encryption algorithm CAMELLIA_CTR disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm CAMELLIA_CBC disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm NULL disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm CHACHA20_POLY1305 disabled; not FIPS compliant
    Hash algorithm MD5 disabled; not FIPS compliant
    PRF algorithm HMAC_MD5 disabled; not FIPS compliant
    PRF algorithm AES_XCBC disabled; not FIPS compliant
    Integrity algorithm HMAC_MD5_96 disabled; not FIPS compliant
    Integrity algorithm HMAC_SHA2_256_TRUNCBUG disabled; not FIPS compliant
    Integrity algorithm AES_XCBC_96 disabled; not FIPS compliant
    DH algorithm MODP1536 disabled; not FIPS compliant
    DH algorithm DH31 disabled; not FIPS compliant
  5. FIPS モードで許可されているすべてのアルゴリズムと暗号のリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec pluto --selftest 2>&1 | grep ESP | grep FIPS | sed "s/^.*FIPS//"
    aes_ccm, aes_ccm_c
    aes_ccm_b
    aes_ccm_a
    NSS(CBC)  3des
    NSS(GCM)  aes_gcm, aes_gcm_c
    NSS(GCM)  aes_gcm_b
    NSS(GCM)  aes_gcm_a
    NSS(CTR)  aesctr
    NSS(CBC)  aes
    aes_gmac
    NSS       sha, sha1, sha1_96, hmac_sha1
    NSS       sha512, sha2_512, sha2_512_256, hmac_sha2_512
    NSS       sha384, sha2_384, sha2_384_192, hmac_sha2_384
    NSS       sha2, sha256, sha2_256, sha2_256_128, hmac_sha2_256
    aes_cmac
    null
    NSS(MODP) null, dh0
    NSS(MODP) dh14
    NSS(MODP) dh15
    NSS(MODP) dh16
    NSS(MODP) dh17
    NSS(MODP) dh18
    NSS(ECP)  ecp_256, ecp256
    NSS(ECP)  ecp_384, ecp384
    NSS(ECP)  ecp_521, ecp521

5.9. パスワードによる IPsec NSS データベースの保護

デフォルトでは、IPsec サービスは、初回起動時に空のパスワードを使用して Network Security Services (NSS) データベースを作成します。セキュリティーを強化するために、パスワード保護を追加できます。

前提条件

  • /var/lib/ipsec/nss/ ディレクトリーには NSS データベースファイルが含まれます。

手順

  1. Libreswan の NSS データベースのパスワード保護を有効にします。

    # certutil -N -d sql:/var/lib/ipsec/nss
    Enter Password or Pin for "NSS Certificate DB":
    Enter a password which will be used to encrypt your keys.
    The password should be at least 8 characters long,
    and should contain at least one non-alphabetic character.
    
    Enter new password:
  2. 前の手順で設定したパスワードを含む /etc/ipsec.d/nsspassword ファイルを作成します。次に例を示します。

    # cat /etc/ipsec.d/nsspassword
    NSS Certificate DB:_<password>_

    nsspassword ファイルは次の構文を使用します。

    <token_1>:<password1>
    <token_2>:<password2>

    デフォルトの NSS ソフトウェアトークンは NSS Certificate DB です。システムが FIPS モードで実行し場合は、トークンの名前が NSS FIPS 140-2 Certificate DB になります。

  3. 選択したシナリオに応じて、nsspassword ファイルの完了後に ipsec サービスを起動または再起動します。

    # systemctl restart ipsec

検証

  1. NSS データベースに空でないパスワードを追加した後に、ipsec サービスが実行中であることを確認します。

    # systemctl status ipsec
    ● ipsec.service - Internet Key Exchange (IKE) Protocol Daemon for IPsec
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/ipsec.service; enabled; vendor preset: disable>
       Active: active (running)...
  2. 必要に応じて、初期化の成功を示すエントリーが Journal ログに含まれていることを確認します。

    # journalctl -u ipsec
    ...
    pluto[6214]: Initializing NSS using read-write database "sql:/var/lib/ipsec/nss"
    pluto[6214]: NSS Password from file "/etc/ipsec.d/nsspassword" for token "NSS Certificate DB" with length 20 passed to NSS
    pluto[6214]: NSS crypto library initialized
    ...

関連情報

5.10. TCP を使用するように IPsec VPN を設定

Libreswan は、RFC 8229 で説明されているように、IKE パケットおよび IPsec パケットの TCP カプセル化に対応します。この機能により、UDP 経由でトラフィックが転送されないように、IPsec VPN をネットワークに確立し、セキュリティーのペイロード (ESP) を強化できます。フォールバックまたはメインの VPN トランスポートプロトコルとして TCP を使用するように VPN サーバーおよびクライアントを設定できます。TCP カプセル化にはパフォーマンスコストが大きくなるため、UDP がシナリオで永続的にブロックされている場合に限り、TCP を主な VPN プロトコルとして使用してください。

前提条件

手順

  1. config setup セクションの /etc/ipsec.conf ファイルに以下のオプションを追加します。

    listen-tcp=yes
  2. UDP で最初の試行に失敗した場合に TCP カプセル化をフォールバックオプションとして使用するには、クライアントの接続定義に以下の 2 つのオプションを追加します。

    enable-tcp=fallback
    tcp-remoteport=4500

    または、UDP を永続的にブロックしている場合は、クライアントの接続設定で以下のオプションを使用します。

    enable-tcp=yes
    tcp-remoteport=4500

5.11. IPsec 接続を高速化するために、ESP ハードウェアオフロードの自動検出と使用を設定

Encapsulating Security Payload (ESP) をハードウェアにオフロードすると、Ethernet で IPsec 接続が加速します。デフォルトでは、Libreswan は、ハードウェアがこの機能に対応しているかどうかを検出するため、ESP ハードウェアのオフロードを有効にします。機能が無効になっているか、明示的に有効になっている場合は、自動検出に戻すことができます。

前提条件

  • ネットワークカードは、ESP ハードウェアオフロードに対応します。
  • ネットワークドライバーは、ESP ハードウェアのオフロードに対応します。
  • IPsec 接続が設定され、動作する。

手順

  1. ESP ハードウェアオフロードサポートの自動検出を使用する接続の /etc/ipsec.d/ ディレクトリーにある Libreswan 設定ファイルを編集します。
  2. 接続の設定で nic-offload パラメーターが設定されていないことを確認します。
  3. nic-offload を削除した場合は、ipsec を再起動します。

    # systemctl restart ipsec

検証

  1. IPsec 接続が使用するイーサネットデバイスの tx_ipsec および rx_ipsec カウンターを表示します。

    # ethtool -S enp1s0 | egrep "_ipsec"
         tx_ipsec: 10
         rx_ipsec: 10
  2. IPsec トンネルを介してトラフィックを送信します。たとえば、リモート IP アドレスに ping します。

    # ping -c 5 remote_ip_address
  3. イーサネットデバイスの tx_ipsec および rx_ipsec カウンターを再度表示します。

    # ethtool -S enp1s0 | egrep "_ipsec"
         tx_ipsec: 15
         rx_ipsec: 15

    カウンターの値が増えると、ESP ハードウェアオフロードが動作します。

5.12. IPsec 接続を加速化するためにボンディングでの ESP ハードウェアオフロードの設定

Encapsulating Security Payload (ESP) をハードウェアにオフロードすると、IPsec 接続が加速します。フェイルオーバーの理由でネットワークボンディングを使用する場合、ESP ハードウェアオフロードを設定する要件と手順は、通常のイーサーネットデバイスを使用する要件と手順とは異なります。たとえば、このシナリオでは、ボンディングでオフロードサポートを有効にし、カーネルはボンディングのポートに設定を適用します。

前提条件

  • ボンディングのすべてのネットワークカードが、ESP ハードウェアオフロードをサポートしている。
  • ネットワークドライバーが、ボンドデバイスで ESP ハードウェアオフロードに対応している。RHEL では、ixgbe ドライバーのみがこの機能をサポートします。
  • ボンディングが設定されており動作する。
  • ボンディングで active-backup モードを使用している。ボンディングドライバーは、この機能の他のモードはサポートしていません。
  • IPsec 接続が設定され、動作する。

手順

  1. ネットワークボンディングで ESP ハードウェアオフロードのサポートを有効にします。

    # nmcli connection modify bond0 ethtool.feature-esp-hw-offload on

    このコマンドにより、bond0 接続での ESP ハードウェアオフロードのサポートが有効になります。

  2. bond0 接続を再度アクティブにします。

    # nmcli connection up bond0
  3. ESP ハードウェアオフロードに使用すべき接続の /etc/ipsec.d/ ディレクトリーにある Libreswan 設定ファイルを編集し、nic-offload=yes ステートメントを接続エントリーに追加します。

    conn example
        ...
        nic-offload=yes
  4. ipsec サービスを再起動します。

    # systemctl restart ipsec

検証

  1. ボンディングのアクティブなポートを表示します。

    # grep "Currently Active Slave" /proc/net/bonding/bond0
    Currently Active Slave: enp1s0
  2. アクティブなポートの tx_ipsec カウンターおよび rx_ipsec カウンターを表示します。

    # ethtool -S enp1s0 | egrep "_ipsec"
         tx_ipsec: 10
         rx_ipsec: 10
  3. IPsec トンネルを介してトラフィックを送信します。たとえば、リモート IP アドレスに ping します。

    # ping -c 5 remote_ip_address
  4. アクティブなポートの tx_ipsec カウンターおよび rx_ipsec カウンターを再度表示します。

    # ethtool -S enp1s0 | egrep "_ipsec"
         tx_ipsec: 15
         rx_ipsec: 15

    カウンターの値が増えると、ESP ハードウェアオフロードが動作します。

5.13. RHEL システムロールを使用した IPsec による VPN 接続の設定

vpn システムロールを使用すると、Red Hat Ansible Automation Platform を使用して RHEL システムで VPN 接続を設定できます。これを使用して、ホスト間、ネットワーク間、VPN リモートアクセスサーバー、およびメッシュ設定をセットアップできます。

ホスト間接続の場合、ロールは、必要に応じてキーを生成するなど、デフォルトのパラメーターを使用して、vpn_connections のリスト内のホストの各ペア間に VPN トンネルを設定します。または、リストされているすべてのホスト間にオポチュニスティックメッシュ設定を作成するように設定することもできます。このロールは、hosts の下にあるホストの名前が Ansible インベントリーで使用されているホストの名前と同じであり、それらの名前を使用してトンネルを設定できることを前提としています。

注記

vpn RHEL システムロールは、現在 VPN プロバイダーとして、IPsec 実装である Libreswan のみをサポートしています。

5.13.1. vpn RHEL システムロールを使用して IPsec によるホスト間 VPN を作成する

vpn システムロールを使用して、コントロールノードで Ansible Playbook を実行することにより、ホスト間接続を設定できます。これにより、インベントリーファイルにリストされているすべての管理対象ノードが設定されます。

前提条件

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    - name: Host to host VPN
      hosts: managed-node-01.example.com, managed-node-02.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.vpn
      vars:
        vpn_connections:
          - hosts:
              managed-node-01.example.com:
              managed-node-02.example.com:
        vpn_manage_firewall: true
        vpn_manage_selinux: true

    この Playbook は、システムロールによって自動生成されたキーを使用した事前共有キー認証を使用して、接続 managed-node-01.example.com-to-managed-node-02.example.com を設定します。vpn_manage_firewallvpn_manage_selinux は両方とも true に設定されているため、vpn ロールは firewall ロールと selinux ロールを使用して、vpn ロールが使用するポートを管理します。

    管理対象ホストから、インベントリーファイルにリストされていない外部ホストへの接続を設定するには、ホストの vpn_connections リストに次のセクションを追加します。

        vpn_connections:
          - hosts:
              managed-node-01.example.com:
              <external_node>:
                hostname: <IP_address_or_hostname>

    これにより、追加の接続 managed-node-01.example.com-to-<external_node> が 1 つ設定されます。

    注記

    接続は管理対象ノードでのみ設定され、外部ノードでは設定されません。

  2. オプション: vpn_connections 内の追加セクション (コントロールプレーンやデータプレーンなど) を使用して、マネージドノードに複数の VPN 接続を指定できます。

    - name: Multiple VPN
      hosts: managed-node-01.example.com, managed-node-02.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.vpn
      vars:
        vpn_connections:
          - name: control_plane_vpn
            hosts:
              managed-node-01.example.com:
                hostname: 192.0.2.0 # IP for the control plane
              managed-node-02.example.com:
                hostname: 192.0.2.1
          - name: data_plane_vpn
            hosts:
              managed-node-01.example.com:
                hostname: 10.0.0.1 # IP for the data plane
              managed-node-02.example.com:
                hostname: 10.0.0.2
  3. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  4. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  1. マネージドノードで、接続が正常にロードされていることを確認します。

    # ipsec status | grep <connection_name>

    <connection_name> は、このノードからの接続の名前に置き換えます (例: managed_node1-to-managed_node2)。

    注記

    デフォルトでは、ロールは、各システムの観点から作成する接続ごとにわかりやすい名前を生成します。たとえば、managed_node1managed_node2 との間の接続を作成するときに、managed_node1 上のこの接続のわかりやすい名前は managed_node1-to-managed_node2 ですが、managed_node2 では、この接続の名前は managed_node2-to-managed_node1 となります。

  2. マネージドノードで、接続が正常に開始されたことを確認します。

    # ipsec trafficstatus | grep <connection_name>
  3. オプション: 接続が正常にロードされない場合は、次のコマンドを入力して手動で接続を追加します。これにより、接続の確立に失敗した理由を示す、より具体的な情報が提供されます。

    # ipsec auto --add <connection_name>
    注記

    接続のロードおよび開始のプロセスで発生する可能性のあるエラーは、/var/log/pluto.log ファイルに報告されます。これらのログは解析が難しいため、代わりに接続を手動で追加して、標準出力からログメッセージを取得してください。

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.vpn/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/vpn/ ディレクトリー

5.13.2. vpn RHEL システムロールを使用して IPsec によるオポチュニスティックメッシュ VPN 接続を作成する

vpn システムロールを使用して、コントロールノードで Ansible Playbook を実行することにより、認証に証明書を使用するオポチュニスティックメッシュ VPN 接続を設定できます。これにより、インベントリーファイルにリストされているすべての管理対象ノードが設定されます。

前提条件

  • コントロールノードと管理対象ノードの準備が完了している。
  • 管理対象ノードで Playbook を実行できるユーザーとしてコントロールノードにログインしている。
  • 管理対象ノードへの接続に使用するアカウントに、そのノードに対する sudo 権限がある。
  • /etc/ipsec.d/ ディレクトリーの IPsec ネットワークセキュリティーサービス (NSS) 暗号ライブラリーに、必要な証明書が含まれている。

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    - name: Mesh VPN
      hosts: managed-node-01.example.com, managed-node-02.example.com, managed-node-03.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.vpn
      vars:
        vpn_connections:
          - opportunistic: true
            auth_method: cert
            policies:
              - policy: private
                cidr: default
              - policy: private-or-clear
                cidr: 198.51.100.0/24
              - policy: private
                cidr: 192.0.2.0/24
              - policy: clear
                cidr: 192.0.2.7/32
        vpn_manage_firewall: true
        vpn_manage_selinux: true

    証明書による認証は、Playbook で auth_method: cert パラメーターを定義することによって設定されます。デフォルトでは、ノード名が証明書のニックネームとして使用されます。この例では、managed-node-01.example.com です。インベントリーで cert_name 属性を使用して、さまざまな証明書名を定義できます。

    この例の手順では、Ansible Playbook の実行元のシステムであるコントロールノードが、両方の管理対象ノードと同じ Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 番号 (192.0.2.0/24) を共有し、IP アドレス 192.0.2.7 を持ちます。したがって、コントロールノードは、CIDR 192.0.2.0/24 用に自動的に作成されるプライベートポリシーに該当します。

    再生中の SSH 接続の損失を防ぐために、コントロールノードの明確なポリシーがポリシーのリストに含まれています。ポリシーリストには、CIDR がデフォルトと等しい項目もあることに注意してください。これは、この Playbook がデフォルトポリシーのルールを上書きして、private-or-clear ではなく private にするためです。

    vpn_manage_firewallvpn_manage_selinux は両方とも true に設定されているため、vpn ロールは firewall ロールと selinux ロールを使用して、vpn ロールが使用するポートを管理します。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.vpn/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/vpn/ ディレクトリー

5.14. システム全体の暗号化ポリシーをオプトアウトする IPsec 接続の設定

接続向けのシステム全体の暗号化ポリシーのオーバーライド

RHEL のシステム全体の暗号化ポリシーでは、%default と呼ばれる特別な接続が作成されます。この接続には、ikev2 オプション、esp オプション、および ike オプションのデフォルト値が含まれます。ただし、接続設定ファイルに上記のオプションを指定すると、デフォルト値を上書きできます。

たとえば、次の設定では、AES および SHA-1 または SHA-2 で IKEv1 を使用し、AES-GCM または AES-CBC で IPsec (ESP) を使用する接続が可能です。

conn MyExample
  ...
  ikev2=never
  ike=aes-sha2,aes-sha1;modp2048
  esp=aes_gcm,aes-sha2,aes-sha1
  ...

AES-GCM は IPsec (ESP) および IKEv2 で利用できますが、IKEv1 では利用できません。

全接続向けのシステム全体の暗号化ポリシーの無効化

すべての IPsec 接続のシステム全体の暗号化ポリシーを無効にするには、/etc/ipsec.conf ファイルで次の行をコメントアウトします。

include /etc/crypto-policies/back-ends/libreswan.config

次に、接続設定ファイルに ikev2=never オプションを追加してください。

5.15. IPsec VPN 設定のトラブルシューティング

IPsec VPN 設定に関連する問題は主に、一般的な理由が原因で発生する可能性が高くなっています。このような問題が発生した場合は、問題の原因が以下のシナリオのいずれかに該当するかを確認して、対応するソリューションを適用します。

基本的な接続のトラブルシューティング

VPN 接続関連の問題の多くは、管理者が不適当な設定オプションを指定してエンドポイントを設定した新しいデプロイメントで発生します。また、互換性のない値が新たに実装された場合に、機能していた設定が突然動作が停止する可能性があります。管理者が設定を変更した場合など、このような結果になることがあります。また、管理者が暗号化アルゴリズムなど、特定のオプションに異なるデフォルト値を使用して、ファームウェアまたはパッケージの更新をインストールした場合などです。

IPsec VPN 接続が確立されていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

# ipsec trafficstatus
006 #8: "vpn.example.com"[1] 192.0.2.1, type=ESP, add_time=1595296930, inBytes=5999, outBytes=3231, id='@vpn.example.com', lease=100.64.13.5/32

出力が空の場合や、エントリーで接続名が表示されない場合など、トンネルが破損します。

接続に問題があることを確認するには、以下を実行します。

  1. vpn.example.com 接続をもう一度読み込みます。

    # ipsec auto --add vpn.example.com
    002 added connection description "vpn.example.com"
  2. 次に、VPN 接続を開始します。

    # ipsec auto --up vpn.example.com

ファイアウォール関連の問題

最も一般的な問題は、IPSec エンドポイントの 1 つ、またはエンドポイント間にあるルーターにあるファイアウォールで Internet Key Exchange (IKE) パケットがドロップされるという点が挙げられます。

  • IKEv2 の場合には、以下の例のような出力は、ファイアウォールに問題があることを示しています。

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    181 "vpn.example.com"[1] 192.0.2.2 #15: initiating IKEv2 IKE SA
    181 "vpn.example.com"[1] 192.0.2.2 #15: STATE_PARENT_I1: sent v2I1, expected v2R1
    010 "vpn.example.com"[1] 192.0.2.2 #15: STATE_PARENT_I1: retransmission; will wait 0.5 seconds for response
    010 "vpn.example.com"[1] 192.0.2.2 #15: STATE_PARENT_I1: retransmission; will wait 1 seconds for response
    010 "vpn.example.com"[1] 192.0.2.2 #15: STATE_PARENT_I1: retransmission; will wait 2 seconds for
    ...
  • IKEv1 の場合は、最初のコマンドの出力は以下のようになります。

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    002 "vpn.example.com" #9: initiating Main Mode
    102 "vpn.example.com" #9: STATE_MAIN_I1: sent MI1, expecting MR1
    010 "vpn.example.com" #9: STATE_MAIN_I1: retransmission; will wait 0.5 seconds for response
    010 "vpn.example.com" #9: STATE_MAIN_I1: retransmission; will wait 1 seconds for response
    010 "vpn.example.com" #9: STATE_MAIN_I1: retransmission; will wait 2 seconds for response
    ...

IPsec の設定に使用される IKE プロトコルは暗号化されているため、tcpdump ツールを使用して、トラブルシューティングできるサブセットは一部のみです。ファイアウォールが IKE パケットまたは IPsec パケットをドロップしている場合は、tcpdump ユーティリティーを使用して原因を見つけることができます。ただし、tcpdump は IPsec VPN 接続に関する他の問題を診断できません。

  • eth0 インターフェイスで VPN および暗号化データすべてのネゴシエーションを取得するには、次のコマンドを実行します。

    # tcpdump -i eth0 -n -n esp or udp port 500 or udp port 4500 or tcp port 4500

アルゴリズム、プロトコル、およびポリシーが一致しない場合

VPN 接続では、エンドポイントが IKE アルゴリズム、IPsec アルゴリズム、および IP アドレス範囲に一致する必要があります。不一致が発生した場合には接続は失敗します。以下の方法のいずれかを使用して不一致を特定した場合は、アルゴリズム、プロトコル、またはポリシーを調整して修正します。

  • リモートエンドポイントが IKE/IPsec を実行していない場合は、そのパケットを示す ICMP パケットが表示されます。以下に例を示します。

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    000 "vpn.example.com"[1] 192.0.2.2 #16: ERROR: asynchronous network error report on wlp2s0 (192.0.2.2:500), complainant 198.51.100.1: Connection refused [errno 111, origin ICMP type 3 code 3 (not authenticated)]
    ...
  • IKE アルゴリズムが一致しない例:

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    003 "vpn.example.com"[1] 193.110.157.148 #3: dropping unexpected IKE_SA_INIT message containing NO_PROPOSAL_CHOSEN notification; message payloads: N; missing payloads: SA,KE,Ni
  • IPsec アルゴリズムが一致しない例:

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    182 "vpn.example.com"[1] 193.110.157.148 #5: STATE_PARENT_I2: sent v2I2, expected v2R2 {auth=IKEv2 cipher=AES_GCM_16_256 integ=n/a prf=HMAC_SHA2_256 group=MODP2048}
    002 "vpn.example.com"[1] 193.110.157.148 #6: IKE_AUTH response contained the error notification NO_PROPOSAL_CHOSEN

    また、IKE バージョンが一致しないと、リモートエンドポイントが応答なしの状態でリクエストをドロップする可能性がありました。これは、すべての IKE パケットをドロップするファイアウォールと同じです。

  • IKEv2 (Traffic Selectors - TS) の IP アドレス範囲が一致しない例:

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    1v2 "vpn.example.com" #1: STATE_PARENT_I2: sent v2I2, expected v2R2 {auth=IKEv2 cipher=AES_GCM_16_256 integ=n/a prf=HMAC_SHA2_512 group=MODP2048}
    002 "vpn.example.com" #2: IKE_AUTH response contained the error notification TS_UNACCEPTABLE
  • IKEv1 の IP アドレス範囲で一致しない例:

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    031 "vpn.example.com" #2: STATE_QUICK_I1: 60 second timeout exceeded after 0 retransmits.  No acceptable response to our first Quick Mode message: perhaps peer likes no proposal
  • IKEv1 で PreSharedKeys (PSK) を使用する場合には、どちらでも同じ PSK に配置されなければ、IKE メッセージ全体の読み込みができなくなります。

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    003 "vpn.example.com" #1: received Hash Payload does not match computed value
    223 "vpn.example.com" #1: sending notification INVALID_HASH_INFORMATION to 192.0.2.23:500
  • IKEv2 では、 mismatched-PSK エラーが原因で AUTHENTICATION_FAILED メッセージが表示されます。

    # ipsec auto --up vpn.example.com
    ...
    002 "vpn.example.com" #1: IKE SA authentication request rejected by peer: AUTHENTICATION_FAILED

最大伝送単位 (MTU)

ファイアウォールが IKE または IPSec パケットをブロックする以外で、ネットワークの問題の原因として、暗号化パケットのパケットサイズの増加が最も一般的です。ネットワークハードウェアは、最大伝送単位 (MTU) を超えるパケットを 1500 バイトなどのサイズに断片化します。多くの場合、断片化されたパケットは失われ、パケットの再アセンブルに失敗します。これにより、小さいサイズのパケットを使用する ping テスト時には機能し、他のトラフィックでは失敗するなど、断続的な問題が発生します。このような場合に、SSH セッションを確立できますが、リモートホストに 'ls -al /usr' コマンドに入力した場合など、すぐにターミナルがフリーズします。

この問題を回避するには、トンネル設定ファイルに mtu=1400 のオプションを追加して、MTU サイズを縮小します。

または、TCP 接続の場合は、MSS 値を変更する iptables ルールを有効にします。

# iptables -I FORWARD -p tcp --tcp-flags SYN,RST SYN -j TCPMSS --clamp-mss-to-pmtu

各シナリオで上記のコマンドを使用して問題が解決されない場合は、set-mss パラメーターで直接サイズを指定します。

# iptables -I FORWARD -p tcp --tcp-flags SYN,RST SYN -j TCPMSS --set-mss 1380

ネットワークアドレス変換 (NAT)

IPsec ホストが NAT ルーターとしても機能すると、誤ってパケットが再マッピングされる可能性があります。以下の設定例はこの問題について示しています。

conn myvpn
    left=172.16.0.1
    leftsubnet=10.0.2.0/24
    right=172.16.0.2
    rightsubnet=192.168.0.0/16
…

アドレスが 172.16.0.1 のシステムには NAT ルールが 1 つあります。

iptables -t nat -I POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE

アドレスが 10.0.2.33 のシステムがパケットを 192.168.0.1 に送信する場合に、ルーターは IPsec 暗号化を適用する前にソースを 10.0.2.33 から 172.16.0.1 に変換します。

次に、ソースアドレスが 10.0.2.33 のパケットは conn myvpn 設定と一致しなくなるので、IPsec ではこのパケットが暗号化されません。

この問題を解決するには、ルーターのターゲット IPsec サブネット範囲の NAT を除外するルールを挿入します。以下に例を示します。

iptables -t nat -I POSTROUTING -s 10.0.2.0/24 -d 192.168.0.0/16 -j RETURN

カーネル IPsec サブシステムのバグ

たとえば、バグが原因で IKE ユーザー空間と IPsec カーネルの同期が解除される場合など、カーネル IPsec サブシステムに問題が発生する可能性があります。このような問題がないかを確認するには、以下を実行します。

$ cat /proc/net/xfrm_stat
XfrmInError                 0
XfrmInBufferError           0
...

上記のコマンドの出力でゼロ以外の値が表示されると、問題があることを示しています。この問題が発生した場合は、新しい サポートケース を作成し、1 つ前のコマンドの出力と対応する IKE ログを添付してください。

Libreswan のログ

デフォルトでは、Libreswan は syslog プロトコルを使用してログに記録します。journalctl コマンドを使用して、IPsec に関連するログエントリーを検索できます。ログへの対応するエントリーは pluto IKE デーモンにより送信されるため、以下のように、キーワード pluto を検索します。

$ journalctl -b | grep pluto

ipsec サービスのライブログを表示するには、次のコマンドを実行します。

$ journalctl -f -u ipsec

ロギングのデフォルトレベルで設定問題が解決しない場合は、/etc/ipsec.conf ファイルの config setup セクションに plutodebug=all オプションを追加してデバッグログを有効にします。

デバッグロギングは多くのエントリーを生成し、journald サービスまたは syslogd サービスレートのいずれかが syslog メッセージを制限する可能性があることに注意してください。完全なログを取得するには、ロギングをファイルにリダイレクトします。/etc/ipsec.conf を編集し、config setup セクションに logfile=/var/log/pluto.log を追加します。

第6章 ネットワークサービスのセキュリティー保護

Red Hat Enterprise Linux 9 は、さまざまな種類のネットワークサーバーをサポートしています。RHEL 9 ネットワークサービスを使用すると、システムのセキュリティーが DoS 攻撃 (Denial of Service)、DDoS 攻撃 (Distributed Denial of Service)、スクリプト脆弱性攻撃、バッファーオーバーフロー攻撃など、さまざまな種類の攻撃のリスクにさらされる可能性があります。

攻撃に対するシステムのセキュリティーを強化するには、使用しているアクティブなネットワークサービスを監視することが重要です。たとえば、ネットワークサービスがマシンで実行されている場合に、そのデーモンはネットワークポートでの接続をリッスンするのでセキュリティーが低下する可能性があります。ネットワークに対する攻撃に対する公開を制限するには、未使用のすべてのサービスをオフにする必要があります。

6.1. rpcbind サービスのセキュリティー保護

rpcbind サービスは、Network Information Service (NIS) や Network File System (NFS) などの Remote Procedure Calls (RPC) サービス用の動的ポート割り当てデーモンです。その認証メカニズムは弱く、制御するサービスに幅広いポート範囲を割り当てる可能性があるため、rpcbind をセキュア化することが重要です。

すべてのネットワークへのアクセスを制限し、サーバーのファイアウォールルールを使用して特定の例外を定義することにより、rpcbind のセキュリティーを確保できます。

注記
  • NFSv3 サーバーでは、rpcbind サービスが必要です。
  • NFSv4 では rpcbind サービスは必要ありません。

前提条件

  • rpcbind パッケージがインストールされている。
  • Firewalld パッケージがインストールされ、サービスが実行されている。

手順

  1. 次に、ファイアウォールルールを追加します。

    • TCP 接続を制限し、111 ポート経由の 192.168.0.0/24 ホストからのパッケージだけを受け入れます。

      # firewall-cmd --add-rich-rule='rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop'
    • TCP 接続を制限し、111 ポート経由のローカルホストからのパッケージだけを受け入れます。

      # firewall-cmd --add-rich-rule='rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="127.0.0.1" accept'
    • UDP 接続を制限し、111 ポート経由の 192.168.0.0/24 ホストからのパッケージだけを受け入れます。

      # firewall-cmd --permanent --add-rich-rule='rule family="ipv4" port port="111" protocol="udp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop'

      ファイアウォール設定を永続化するには、ファイアウォールルールを追加するときに --permanent オプションを使用します。

  2. ファイアウォールをリロードして、新しいルールを適用します。

    # firewall-cmd --reload

検証手順

  • ファイアウォールルールをリストします。

    # firewall-cmd --list-rich-rule
    rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop
    rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="127.0.0.1" accept
    rule family="ipv4" port port="111" protocol="udp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop

関連情報

6.2. rpc.mountd サービスのセキュリティー保護

rpc.mountd デーモンは、NFS マウントプロトコルのサーバー側を実装します。NFS マウントプロトコルは、NFS バージョン 3 (RFC 1813) で使用されます。

rpc.mountd サービスは、サーバーにファイアウォールルールを追加することでセキュリティー保護できます。すべてのネットワークへのアクセスを制限し、ファイアウォールルールを使用して特定の例外を定義できます。

前提条件

  • rpc.mountd パッケージがインストールされている。
  • Firewalld パッケージがインストールされ、サービスが実行されている。

手順

  1. 以下のように、サーバーにファイアウォールルールを追加します。

    • 192.168.0.0/24 ホストからの mountd 接続を許可します。

      # firewall-cmd --add-rich-rule 'rule family="ipv4" service name="mountd" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop'
    • ローカルホストからの mountd 接続を受け入れます。

      # firewall-cmd --permanent --add-rich-rule 'rule family="ipv4" source address="127.0.0.1" service name="mountd" accept'

      ファイアウォール設定を永続化するには、ファイアウォールルールを追加するときに --permanent オプションを使用します。

  2. ファイアウォールをリロードして、新しいルールを適用します。

    # firewall-cmd --reload

検証手順

  • ファイアウォールルールをリストします。

    # firewall-cmd --list-rich-rule
    rule family="ipv4" service name="mountd" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop
    rule family="ipv4" source address="127.0.0.1" service name="mountd" accept

6.3. NFS サービスの保護

Kerberos を使用してすべてのファイルシステム操作を認証および暗号化して、ネットワークファイルシステムバージョン 4 (NFSv4) のセキュリティーを保護できます。ネットワークアドレス変換 (NAT) またはファイアウォールで NFSv4 を使用する場合に、/etc/default/nfs ファイルを変更することで委譲をオフにできます。委譲は、サーバーがファイルの管理をクライアントに委譲する手法です。

対照的に、NFSv3 ではファイルのロックとマウントに Kerberos は使用されません。

NFS サービスは、すべてのバージョンの NFS で TCP を使用してトラフィックを送信します。このサービスは、RPCSEC_GSS カーネルモジュールの一部として Kerberos ユーザーおよびグループ認証をサポートします。

NFS を利用すると、リモートのホストがネットワーク経由でファイルシステムをマウントし、そのファイルシステムを、ローカルにマウントしているファイルシステムのように操作できるようになります。集約サーバーのリソースを統合して、ファイルシステムを共有するときに /etc/nfsmount.conf ファイルの NFS マウントオプションをさらにカスタマイズできます。

6.3.1. NFS サーバーのセキュリティーを保護するエクスポートオプション

NFS サーバーは、/etc/exports ファイル内のどのファイルシステムにどのファイルシステムをエクスポートするかなど、ディレクトリーとホストのリスト構造を決定します。

警告

/etc/exports ファイルの構文に余分なスペースがあると、設定が大幅に変更される可能性があります。

以下の例では、/tmp/nfs/ ディレクトリーは bob.example.com ホストと共有され、読み取りおよび書き込みのパーミッションを持ちます。

/tmp/nfs/     bob.example.com(rw)

以下の例は上記と同じになりますが、同じディレクトリーを読み取り専用パーミッションで bob.example.com ホストに共有し、ホスト名の後の 1 つのスペース文字が原因で読み取りと書き込み権限で すべてのユーザー に共有します。

/tmp/nfs/     bob.example.com (rw)

showmount -e <hostname> コマンドを入力すると、システム上の共有ディレクトリーを確認できます。

/etc/exports ファイルでは次のエクスポートオプションを使用できます。

警告

ファイルシステムのサブディレクトリーをエクスポートするのはセキュアではないため、ファイルシステム全体をエクスポートしてください。攻撃者が、部分的にエクスポートされたファイルシステムのエクスポートされていない部分にアクセスする可能性があります。

ro
NFS ボリュームを読み取り専用としてエクスポートします。
rw
NFS ボリュームに対する読み取りおよび書き込み要求を許可します。書き込みアクセスが許可されると攻撃のリスクが高まるため、このオプションは注意して使用してください。rw オプションを使用してディレクトリーをマウントする必要がある場合は、起こりうるリスクを軽減するために、すべてのユーザーがディレクトリーに書き込み可能にしないようにしてください。
root_squash
uid/gid 0 からの要求を匿名の uid/gid にマップします。これは、bin ユーザーや staff グループなど、同様に機密である可能性の高い他の uid または gid には適用されません。
no_root_squash
root squash をオフにします。デフォルトでは、NFS 共有は root ユーザーを、非特権ユーザーである nobody ユーザーに変更します。これにより、root が作成したすべてのファイルの所有者が nobody に変更され、setuid ビットが設定されたプログラムのアップロードができなくなります。no_root_squash オプションを使用すると、リモートの root ユーザーは共有ファイルシステムの任意のファイルを変更し、他のユーザーに対してアプリケーションが Trojans に感染した状態のままにします。
secure
予約ポートへのエクスポートを制限します。デフォルトでは、サーバーは予約済みポートからのクライアント通信のみを許可します。ただし、多くのネットワークで、クライアント上で root ユーザーになるのは簡単です。そのため、サーバーで予約されたポートからの通信が特権であると仮定することは安全ではありません。そのため、予約ポートの制限は効果が限定的です。Kerberos、ファイアウォール、および特定クライアントへのエクスポートを制限することに依存すると良いでしょう。

また、NFS サーバーをエクスポートする際に、以下のベストプラクティスを考慮してください。

  • 一部のアプリケーションでは、パスワードをプレーンテキストまたは弱い暗号化形式で保存するため、ホームディレクトリーをエクスポートすることはリスクがあります。アプリケーションコードを確認して改善することで、リスクを軽減できます。
  • 一部のユーザーは SSH キーにパスワードを設定していないため、この場合もホームディレクトリーによるリスクが発生します。パスワードの使用を強制するか、Kerberos を使用することで、これらのリスクを軽減できます。
  • NFS エクスポートを必要なクライアントのみに制限します。NFS サーバーで showmount -e コマンドを使用して、サーバーのエクスポート内容を確認します。特に必要のないものはエクスポートしないでください。
  • 攻撃のリスクを減らすために、不要なユーザーがサーバーにログインできないようにしてください。サーバーにアクセスできるユーザーを定期的に確認してください。

関連情報

6.3.2. NFS クライアントのセキュリティーを保護するマウントオプション

mount コマンドに次のオプションを渡すと、NFS ベースのクライアントのセキュリティーを強化できます。

nosuid
nosuid オプションを使用して set-user-identifier または set-group-identifier ビットを無効にします。これにより、リモートユーザーが setuid プログラムを実行してより高い特権を取得するのを防ぎ、setuid オプションの反対となるこのオプションを使用できます。
noexec
noexec オプションを使用して、クライアント上の実行可能なファイルをすべて無効にします。これを使用して、ユーザーが共有ファイルシステムに配置されたファイルを誤って実行するのを防ぎます。
nodev
nodev オプションを使用して、クライアントがデバイスファイルをハードウェアデバイスとして処理するのを防ぎます。
resvport
resvport オプションを使用して、通信を予約済みポートに制限し、特権送信元ポートを使用してサーバーと通信できます。予約済みポートは、root ユーザーなどの特権ユーザーおよびプロセス用に予約されています。
NFS サーバーの sec オプションを使用して、マウントポイント上のファイルにアクセスするための RPCGSS セキュリティーフレーバーを選択します。有効なセキュリティーフレーバーは、nonesyskrb5krb5i、および krb5p です。
重要

krb5-libs パッケージが提供する MIT Kerberos ライブラリーは、新しいデプロイメントで Data Encryption Standard (DES) アルゴリズムに対応しなくなりました。DES は、セキュリティーと互換性の理由から、Kerberos ライブラリーでは非推奨であり、デフォルトで無効になっています。互換性の理由でご使用の環境で DES が必要な場合を除き、DES の代わりに新しくより安全なアルゴリズムを使用してください。

6.3.3. ファイアウォールでの NFS のセキュリティー保護

NFS サーバーでファイアウォールを保護するには、必要なポートのみを開いてください。他のサービスには NFS 接続ポート番号を使用しないでください。

前提条件

  • nfs-utils パッケージがインストールされている。
  • Firewalld パッケージがインストールされ、実行されている。

手順

  • NFSv4 では、ファイアウォールは TCP ポート 2049 を開く必要があります。
  • NFSv3 では、2049 で 4 つのポートを追加で開きます。

    1. rpcbind サービスは NFS ポートを動的に割り当て、ファイアウォールルールの作成時に問題が発生する可能性があります。このプロセスを簡素化するには、/etc/nfs.conf ファイルを使用して、使用するポートを指定します。

      1. [mountd] セクションの mountd (rpc.mountd) の TCP および UDP ポートを port=<value> 形式で設定します。
      2. [statd] セクションの statd (rpc.statd) の TCP および UDP ポートを port=<value> 形式で設定します。
    2. /etc/nfs.conf ファイルで NFS ロックマネージャー (nlockmgr) の TCP および UDP ポートを設定します。

      1. [lockd] セクションの nlockmgr (rpc.statd) の TCP ポートを port=value 形式で設定します。または、/etc/modprobe.d/lockd.conf ファイルの nlm_tcpport オプションを使用することもできます。
      2. [lockd] セクションの nlockmgr (rpc.statd) の UDP ポートを udp-port=value 形式で設定します。または、/etc/modprobe.d/lockd.conf ファイルの nlm_udpport オプションを使用することもできます。

検証手順

  • NFS サーバー上のアクティブなポートと RPC プログラムをリスト表示します。

    $ rpcinfo -p

関連情報

6.4. FTP サービスのセキュリティー保護

ファイル転送プロトコル (FTP) を使用して、ネットワーク経由でファイルを転送できます。ユーザー認証を含むサーバーとの FTP トランザクションは、すべて暗号化されるわけではないため、サーバーがセキュアに設定されていることを確認してください。

RHEL 9 は、2 つの FTP サーバーを提供します。

Red Hat Content Accelerator (tux)
FTP 機能を備えたカーネル空間 Web サーバー。
Very Secure FTP Daemon (vsftpd)
セキュリティーを重視した、FTP サービスのスタンドアロンの実装。

vsftpd FTP サービスをセットアップするためのセキュリティーガイドラインを以下に示します。

6.4.1. FTP グリーティングバナーのセキュリティー保護

ユーザーが FTP サービスに接続すると、FTP はグリーティングバナーを表示します。このバナーには、デフォルトでバージョン情報が含まれています。攻撃者がこの情報を利用してシステムの弱点を特定する可能性があります。デフォルトのバナーを変更することで、この情報を非表示にすることができます。

/etc/banners/ftp.msg ファイルを編集して、単一行のメッセージを直接含めるか、複数行のメッセージを含めることができる別のファイルを参照して、カスタムバナーを定義できます。

手順

  • 1 行のメッセージを定義するには、次のオプションを /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイルに追加します。

    ftpd_banner=Hello, all activity on ftp.example.com is logged.
  • 別のファイルでメッセージを定義するには以下を実行します。

    • バナーメッセージを含む .msg ファイルを作成します。(例: /etc/vendors/ftp .msg)

      ######### Hello, all activity on ftp.example.com is logged. #########

      複数のバナーの管理を簡素化するには、すべてのバナーを /etc/vendors/ ディレクトリーに配置します。

    • バナーファイルへのパスを /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイルの banner_file オプションに追加します。

      banner_file=/etc/banners/ftp.msg

検証

  • 変更されたバナーを表示します。

    $ ftp localhost
    Trying ::1…
    Connected to localhost (::1).
    Hello, all activity on ftp.example.com is logged.

6.4.2. FTP での匿名アクセスとアップロードの防止

デフォルトでは、vsftpd パッケージをインストールすると、/var/ftp/ ディレクトリーと、ディレクトリーに対する読み取り専用権限を持つ匿名ユーザー用のディレクトリーツリーが作成されます。匿名ユーザーはデータにアクセスできるため、これらのディレクトリーに機密データを保存しないでください。

システムのセキュリティーを強化するために、匿名ユーザーが特定のディレクトリーにファイルをアップロードできるが、データは読み取れないように、FTP サーバーを設定できます。次の手順では、匿名ユーザーが root ユーザー所有のディレクトリーにファイルをアップロードできるが変更できないようにする必要があります。

手順

  • /var/ftp/pub/ ディレクトリーに書き込み専用ディレクトリーを作成します。

    # mkdir /var/ftp/pub/upload
    # chmod 730 /var/ftp/pub/upload
    # ls -ld /var/ftp/pub/upload
    drwx-wx---. 2 root ftp 4096 Nov 14 22:57 /var/ftp/pub/upload
  • /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイルに以下の行を追加します。

    anon_upload_enable=YES
    anonymous_enable=YES
  • オプション: システムで SELinux が有効で Enforcing に設定されている場合には、SELinux ブール属性 allow_ftpd_anon_write および allow_ftpd_full_access を有効にします。
警告

匿名ユーザーによるディレクトリーの読み取りと書き込みを許可すると、盗まれたソフトウェアのリポジトリーになってしまう可能性があります。

6.4.3. FTP のユーザーアカウントのセキュリティー保護

FTP は、認証のために安全でないネットワークを介して暗号化されていないユーザー名とパスワードを送信します。システムユーザーが自分のユーザーアカウントからサーバーにアクセスできないようにして、FTP のセキュリティーを向上させることができます。

以下の手順のうち、お使いの設定に該当するものをできるだけ多く実行してください。

手順

  • /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイルに次の行を追加して、vsftpd サーバーのすべてのユーザーアカウントを無効にします。

    local_enable=NO
  • /etc/pam.d/vsftpd PAM 設定ファイルにユーザー名を追加して、特定のアカウントまたは特定のアカウントグループ (root ユーザーや sudo 権限を持つユーザーなど) の FTP アクセスを無効にします。
  • /etc/vsftpd/ftpusers ファイルにユーザー名を追加して、ユーザーアカウントを無効にします。

6.4.4. 関連情報

  • ftpd_selinux(8) の man ページ

6.5. HTTP サーバーのセキュリティー保護

6.5.1. httpd.conf のセキュリティー強化

/etc/httpd/conf/httpd.conf ファイルでセキュリティーオプションを設定して、Apache HTTP のセキュリティーを強化できます。

システムで実行されているすべてのスクリプトが正しく機能することを常に確認してから、本番環境に移行してください。

root ユーザーのみが、スクリプトまたは Common Gateway Interface (CGI) を含むディレクトリーへの書き込み権限を持っていることを確認してください。ディレクトリーの所有権を、書き込み権限を持つ root に変更するには、次のコマンドを入力します。

# chown root <directory_name>
# chmod 755 <directory_name>

/etc/httpd/conf/httpd.conf ファイルでは、次のオプションを設定できます。

FollowSymLinks
このディレクティブはデフォルトで有効になっており、ディレクトリー内のシンボリックリンクをたどります。
Indexes
このディレクティブはデフォルトで有効になっています。訪問者がサーバー上のファイルを閲覧できないようにするには、このディレクティブを削除してください。
UserDir
このディレクティブは、システム上にユーザーアカウントが存在することを確認できるため、デフォルトでは無効になっています。/root/ 以外のすべてのユーザーディレクトリーのユーザーディレクトリーブラウジングをアクティブにするには、UserDir enabledUserDir disabled の root ディレクティブを使用します。無効化されたアカウントのリストにユーザーを追加するには、UserDir disabled 行にスペースで区切られたユーザーのリストを追加します。
ServerTokens

このディレクティブは、クライアントに送り返されるサーバー応答ヘッダーフィールドを制御します。以下のパラメーターを使用するとログの出力をカスタマイズできます。

ServerTokens Full

以下のように、Web サーバーのバージョン番号、サーバーのオペレーティングシステムの詳細、インストールされている Apache モジュールなど、利用可能なすべての情報を指定します。

Apache/2.4.37 (Red Hat Enterprise Linux) MyMod/1.2
ServerTokens Full-Release

以下のように、利用可能なすべての情報をリリースバージョンとともに指定します。

Apache/2.4.37 (Red Hat Enterprise Linux) (Release 41.module+el8.5.0+11772+c8e0c271)
ServerTokens Prod / ServerTokens ProductOnly

以下のように、Web サーバー名を指定します。

Apache
ServerTokens Major

以下のように、Web サーバーのメジャーリリースバージョンを指定します。

Apache/2
ServerTokens Minor

以下のように、Web サーバーのマイナーリリースバージョンを指定します。

Apache/2.4
ServerTokens Min / ServerTokens Minimal

以下のように、Web サーバーの最小リリースバージョンを指定します。

Apache/2.4.37
ServerTokens OS

以下のように、Web サーバーのリリースバージョンとオペレーティングシステムを指定します。

Apache/2.4.37 (Red Hat Enterprise Linux)

ServerTokens Prod オプションを使用して、攻撃者がシステムに関する貴重な情報を入手するリスクを軽減します。

重要

IncludesNoExec ディレクティブを削除しないでください。デフォルトでは、Server-Side Includes (SSI) モジュールは、コマンドを実行できません。これを変更すると、攻撃者がシステムにコマンドを入力できるようになる可能性があります。

httpd モジュールの削除

httpd モジュールを削除して、HTTP サーバーの機能を制限できます。これを行うには、/etc/httpd/conf.modules.d/ または /etc/httpd/conf.d/ ディレクトリーの設定ファイルを編集します。たとえば、プロキシーモジュールを削除するためには、以下のコマンドを実行します。

echo '# All proxy modules disabled' > /etc/httpd/conf.modules.d/00-proxy.conf

6.5.2. Nginx サーバー設定のセキュリティー保護

Nginx は、高性能の HTTP およびプロキシーサーバーです。次の設定オプションを使用して、Nginx 設定を強化できます。

手順

  • バージョン文字列を無効にするには、server_tokens 設定オプションを変更します。

    server_tokens off;

    このオプションは、サーバーのバージョン番号などの追加の情報表示を停止します。以下のようにこの設定では、Nginx によって処理されるすべての要求のサーバー名のみが表示されます。

    $ curl -sI http://localhost | grep Server
    Server: nginx
  • 特定の /etc/nginx/ conf ファイルに、特定の既知の Web アプリケーションの脆弱性を軽減するセキュリティーヘッダーを追加します。

    • たとえば、X-Frame-Options ヘッダーオプションは、Nginx が提供するコンテンツのフレーム化がされないように、ドメイン外のページを拒否して、クリックジャッキング攻撃を軽減します。

      add_header X-Frame-Options "SAMEORIGIN";
    • たとえば、x-content-type ヘッダーは、特定の古いブラウザーでの MIME タイプのスニッフィングを防ぎます。

      add_header X-Content-Type-Options nosniff;
    • また、X-XSS-Protection ヘッダーは、クロスサイトスクリプティング (XSS) フィルタリングを有効にし、Nginx での応答に含まれる可能性がある、悪意のあるコンテンツをブラウザーがレンダリングしないようにします。

      add_header X-XSS-Protection "1; mode=block";
  • たとえば、一般に公開されるサービスを制限し、訪問者からのサービスと受け入れを制限できます。

    limit_except GET {
        allow 192.168.1.0/32;
        deny  all;
    }

    スニペットは、GETHEAD を除くすべてのメソッドへのアクセスを制限します。

  • 以下のように、HTTP メソッドを無効にできます。

    # Allow GET, PUT, POST; return "405 Method Not Allowed" for all others.
    if ( $request_method !~ ^(GET|PUT|POST)$ ) {
        return 405;
    }
  • Nginx Web サーバーによって提供されるデータを保護するように SSL を設定できます。これは、HTTPS 経由でのみ提供することを検討してください。さらに、Mozilla SSL Configuration Generator を使用して、Nginx サーバーで SSL を有効にするための安全な設定プロファイルを生成できます。生成された設定により、既知の脆弱なプロトコル (SSLv2 や SSLv3 など)、暗号、ハッシュアルゴリズム (3DES や MD5 など) が確実に無効化されます。また、SSL サーバーテストを使用して、設定した内容が最新のセキュリティー要件を満たしていることを確認できます。

6.6. 認証されたローカルユーザーへのアクセスを制限することによる PostgreSQL のセキュリティー保護

PostgreSQL は、オブジェクトリレーショナルデータベース管理システム (DBMS) です。Red Hat Enterprise Linux では、PostgreSQL は postgresql-server パッケージによって提供されます。

クライアント認証を設定して、攻撃のリスクを減らすことができます。データベースクラスターのデータディレクトリーに保存されている pg_hba.conf 設定ファイルは、クライアント認証を制御します。手順に従って、ホストベースの認証用に PostgreSQL を設定します。

手順

  1. PostgreSQL をインストールします。

    # yum install postgresql-server
  2. 次のいずれかのオプションを使用して、データベースストレージ領域を初期化します。

    1. initdb ユーティリティーの使用:

      $ initdb -D /home/postgresql/db1/

      -D オプションを指定した initdb コマンドを実行すると、指定したディレクトリーがまだ存在しない場合は作成します (例: /home/postgresql/db1/)。このディレクトリーには、データベースに保存されているすべてのデータと、クライアント認証設定ファイルが含まれています。

    2. postgresql-setup スクリプトの使用:

      $ postgresql-setup --initdb

      デフォルトでは、スクリプトは /var/lib/pgsql/data/ ディレクトリーを使用します。このスクリプトは、基本的なデータベースクラスター管理でシステム管理者を支援します。

  3. 認証されたローカルユーザーが自分のユーザー名でデータベースにアクセスできるようにするには、pg_hba.conf ファイルの以下の行を変更します。

    local   all             all                                     trust

    これは、データベースユーザーを作成し、ローカルユーザーを作成しないレイヤー型アプリケーションを使用する場合に、問題となることがあります。システム上のすべてのユーザー名を明示的に制御しない場合は、pg_hba.conf ファイルから local の行を削除してください。

  4. データベースを再起動して、変更を適用します。

    # systemctl restart postgresql

    前のコマンドはデータベースを更新し、設定ファイルの構文も検証します。

6.7. Memcached サービスのセキュリティー保護

Memcached は、オープンソースの高性能分散メモリーオブジェクトキャッシングシステムです。データベースの負荷を軽減して、動的 Web アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。

Memcached は、データベース呼び出し、API 呼び出し、またはページレンダリングの結果から、文字列やオブジェクトなどの任意のデータの小さなチャンクを格納するメモリー内のキーと値のストアです。Memcached を使用すると、十分に活用されていない領域から、より多くのメモリーを必要とするアプリケーションにメモリーを割り当てることができます。

2018 年に、パブリックインターネットに公開されている Memcached サーバーを悪用することによる DDoS 増幅攻撃の脆弱性が発見されました。これらの攻撃は、トランスポートに UDP プロトコルを使用する Memcached 通信を利用します。この攻撃は増幅率が高いため、効果的です。数百バイトのサイズの要求は、数メガバイトまたは数百メガバイトのサイズの応答を生成することができます。

ほとんどの場合、memcached サービスはパブリックインターネットに公開する必要はありません。このような弱点には、リモートの攻撃者が memcached に保存されている情報を漏洩または変更できるなど、独自のセキュリティー問題があります。

6.7.1. DDoS に対する Memcached の強化

セキュリティーリスクを軽減するために、以下の手順のうち、お使いの設定に該当するものをできるだけ多く実行してください。

手順

  • LAN にファイアウォールを設定してください。Memcached サーバーにローカルネットワークだけでアクセスできるようにする必要がある場合は、memcached サービスで使用されるポートに外部トラフィックをルーティングしないでください。たとえば、許可されたポートのリストからデフォルトのポート 11211 を削除します。

    # firewall-cmd --remove-port=11211/udp
    # firewall-cmd --runtime-to-permanent
  • アプリケーションと同じマシンで単一の memcached サーバーを使用する場合、ローカルホストトラフィックのみをリッスンするように memcached を設定します。/etc/sysconfig/memcached ファイルの OPTIONS 値を変更します。

    OPTIONS="-l 127.0.0.1,::1"
  • Simple Authentication and Security Layer (SASL) 認証を有効にします。

    1. /etc/sasl2/memcached.conf ファイルで、以下のように修正または追加します。

      sasldb_path: /path.to/memcached.sasldb
    2. SASL データベースにアカウントを追加します。

      # saslpasswd2 -a memcached -c cacheuser -f /path.to/memcached.sasldb
    3. memcached のユーザーとグループがデータベースにアクセスできることを確認します。

      # chown memcached:memcached /path.to/memcached.sasldb
    4. /etc/sysconfig/memcached ファイルの OPTIONS パラメーターに -S 値を追加して、Memcached で SASL サポートを有効にします。

      OPTIONS="-S"
    5. Memcached サーバーを再起動して、変更を適用します。

      # systemctl restart memcached
    6. SASL データベースで作成したユーザー名とパスワードを、お使いのアプリケーションの Memcached クライアント設定に追加します。
  • memcached クライアントとサーバー間の通信を TLS で暗号化します。

    1. /etc/sysconfig/memcached ファイルの OPTIONS パラメーターに -Z 値を追加して、TLS を使用した Memcached クライアントとサーバー間の暗号化通信を有効にします。

      OPTIONS="-Z"
    2. -o ssl_chain_cert オプションを使用して、証明書チェーンファイルパスを PEM 形式で追加します。
    3. -o ssl_key オプションを使用して、秘密鍵ファイルのパスを追加します。

第7章 MACsec を使用した同じ物理ネットワーク内のレイヤー 2 トラフィックの暗号化

MACsec を使用して、2 つのデバイス間の通信を (ポイントツーポイントで) セキュリティー保護できます。たとえば、ブランチオフィスがメトロイーサネット接続を介してセントラルオフィスに接続されている場合、オフィスを接続する 2 つのホストで MACsec を設定して、セキュリティーを強化できます。

Media Access Control Security (MACsec) は、イーサーネットリンクで異なるトラフィックタイプを保護するレイヤー 2 プロトコルです。これには以下が含まれます。

  • DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)
  • アドレス解決プロトコル (ARP)
  • インターネットプロトコルのバージョン 4 / 6 (IPv4 / IPv6)
  • TCP や UDP などの IP 経由のトラフィック

MACsec はデフォルトで、LAN 内のすべてのトラフィックを GCM-AES-128 アルゴリズムで暗号化および認証し、事前共有キーを使用して参加者ホスト間の接続を確立します。共有前の鍵を変更する場合は、MACsec を使用するネットワーク内のすべてのホストで NM 設定を更新する必要があります。

MACsec 接続は、親としてイーサネットネットワークカード、VLAN、トンネルデバイスなどのイーサネットデバイスを使用します。暗号化した接続のみを使用して他のホストと通信するように、MACsec デバイスでのみ IP 設定を指定するか、親デバイスに IP 設定を指定することもできます。後者の場合、親デバイスを使用して、暗号化されていない接続と暗号化された接続用の MACsec デバイスで他のホストと通信できます。

MACsec には特別なハードウェアは必要ありません。たとえば、ホストとスイッチの間のトラフィックのみを暗号化する場合を除き、任意のスイッチを使用できます。このシナリオでは、スイッチが MACsec もサポートする必要があります。

つまり、MACsec を設定する方法は 2 つあります。

  • ホスト対ホスト
  • 他のホストに切り替えるホスト
重要

MACsec は、同じ (物理または仮想) LAN のホスト間でのみ使用することができます。

7.1. nmcli を使用した MACsec 接続の設定

nmcli ツールを使用して、MACsec を使用するようにイーサーネットインターフェイスを設定できます。たとえば、イーサネット経由で接続された 2 つのホスト間に MACsec 接続を作成できます。

手順

  1. MACsec を設定する最初のホストで:

    • 事前共有鍵の接続アソシエーション鍵 (CAK) と接続アソシエーション鍵名 (CKN) を作成します。

      1. 16 バイトの 16 進 CAK を作成します。

        # dd if=/dev/urandom count=16 bs=1 2> /dev/null | hexdump -e '1/2 "%04x"'
        50b71a8ef0bd5751ea76de6d6c98c03a
      2. 32 バイトの 16 進 CKN を作成します。

        # dd if=/dev/urandom count=32 bs=1 2> /dev/null | hexdump -e '1/2 "%04x"'
        f2b4297d39da7330910a74abc0449feb45b5c0b9fc23df1430e1898fcf1c4550
  2. 両方のホストで、MACsec 接続を介して接続します。
  3. MACsec 接続を作成します。

    # nmcli connection add type macsec con-name macsec0 ifname macsec0 connection.autoconnect yes macsec.parent enp1s0 macsec.mode psk macsec.mka-cak 50b71a8ef0bd5751ea76de6d6c98c03a macsec.mka-ckn f2b4297d39da7330910a74abc0449feb45b5c0b9fc23df1430e1898fcf1c4550

    前の手順で生成された CAK および CKN を macsec.mka-cak および macsec.mka-ckn パラメーターで使用します。この値は、MACsec で保護されるネットワーク内のすべてのホストで同じである必要があります。

  4. MACsec 接続で IP を設定します。

    1. IPv4 設定を指定します。たとえば、静的 IPv4 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、および DNS サーバーを macsec0 接続に設定するには、以下のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify macsec0 ipv4.method manual ipv4.addresses '192.0.2.1/24' ipv4.gateway '192.0.2.254' ipv4.dns '192.0.2.253'
    2. IPv6 設定を指定しますたとえば、静的 IPv6 アドレス、ネットワークマスク、デフォルトゲートウェイ、および DNS サーバーを macsec0 接続に設定するには、以下のコマンドを実行します。

      # nmcli connection modify macsec0 ipv6.method manual ipv6.addresses '2001:db8:1::1/32' ipv6.gateway '2001:db8:1::fffe' ipv6.dns '2001:db8:1::fffd'
  5. 接続をアクティベートします。

    # nmcli connection up macsec0

検証

  1. トラフィックが暗号化されていることを確認します。

    # tcpdump -nn -i enp1s0
  2. オプション: 暗号化されていないトラフィックを表示します。

    # tcpdump -nn -i macsec0
  3. MACsec の統計を表示します。

    # ip macsec show
  4. integrity-only (encrypt off) および encryption (encrypt on) の各タイプの保護に対して個々のカウンターを表示します。

    # ip -s macsec show

7.2. nmstatectl を使用した MACsec 接続の設定

nmstatectl ユーティリティーを宣言的に使用して、イーサネットインターフェイスが MACsec を使用するように設定できます。たとえば、YAML ファイルでは、ネットワークの望ましい状態を記述します。ネットワークでは、イーサネット経由で接続された 2 つのホスト間に MACsec 接続があることが想定されます。nmstatectl ユーティリティーは、YAML ファイルを解釈し、ホスト間に永続的かつ一貫したネットワーク設定をデプロイします。

リンク層 (Open Systems Interconnection (OSI) モデルのレイヤー 2 とも呼ばれます) での通信を保護するために MACsec セキュリティー標準を使用すると、主に次のような利点が得られます。

  • レイヤー 2 で暗号化することで、レイヤー 7 で個々のサービスを暗号化する必要がなくなります。これにより、各ホストの各エンドポイントで多数の証明書を管理することに関連するオーバーヘッドが削減されます。
  • ルーターやスイッチなどの直接接続されたネットワークデバイス間のポイントツーポイントセキュリティー。
  • アプリケーションや上位レイヤープロトコルに変更を加える必要がなくなります。

前提条件

  • 物理または仮想イーサネットネットワークインターフェイスコントローラー (NIC) がサーバーに設定されている。
  • nmstate パッケージがインストールされている。

手順

  1. MACsec を設定する最初のホストで、事前共有キー用の接続関連キー (CAK: connectivity association key) および接続関連キー名 (CKN: connectivity-association key name) を作成します。

    1. 16 バイトの 16 進 CAK を作成します。

      # dd if=/dev/urandom count=16 bs=1 2> /dev/null | hexdump -e '1/2 "%04x"'
      50b71a8ef0bd5751ea76de6d6c98c03a
    2. 32 バイトの 16 進 CKN を作成します。

      # dd if=/dev/urandom count=32 bs=1 2> /dev/null | hexdump -e '1/2 "%04x"'
      f2b4297d39da7330910a74abc0449feb45b5c0b9fc23df1430e1898fcf1c4550
  2. MACsec 接続を介して接続するホストの両方で、次の手順を実行します。

    1. 次の設定を含む YAML ファイル (例: create-macsec-connection.yml) を作成します。

      ---
      routes:
        config:
        - destination: 0.0.0.0/0
          next-hop-interface: macsec0
          next-hop-address: 192.0.2.2
          table-id: 254
        - destination: 192.0.2.2/32
          next-hop-interface: macsec0
          next-hop-address: 0.0.0.0
          table-id: 254
      dns-resolver:
        config:
          search:
          - example.com
          server:
          - 192.0.2.200
          - 2001:db8:1::ffbb
      interfaces:
      - name: macsec0
        type: macsec
        state: up
        ipv4:
          enabled: true
          address:
          - ip: 192.0.2.1
            prefix-length: 32
        ipv6:
          enabled: true
          address:
          - ip: 2001:db8:1::1
            prefix-length: 64
        macsec:
          encrypt: true
          base-iface: enp0s1
          mka-cak: 50b71a8ef0bd5751ea76de6d6c98c03a
          mka-ckn: f2b4297d39da7330910a74abc0449feb45b5c0b9fc23df1430e1898fcf1c4550
          port: 0
          validation: strict
          send-sci: true
    2. 前の手順で生成された CAK および CKN を mka-cak および mka-ckn パラメーターで使用します。この値は、MACsec で保護されるネットワーク内のすべてのホストで同じである必要があります。
    3. オプション: 同じ YAML 設定ファイルで、次の設定も指定できます。

      • 静的 IPv4 アドレス: 192.0.2.1 (サブネットマスクが /32)
      • 静的 IPv6 アドレス: 2001:db8:1::1 (サブネットマスクが /64)
      • IPv4 デフォルトゲートウェイ - 192.0.2.2
      • IPv4 DNS サーバー - 192.0.2.200
      • IPv6 DNS サーバー - 2001:db8:1::ffbb
      • DNS 検索ドメイン - example.com
  3. 設定をシステムに適用します。

    # nmstatectl apply create-macsec-connection.yml

検証

  1. 現在の状態を YAML 形式で表示します。

    # nmstatectl show macsec0
  2. トラフィックが暗号化されていることを確認します。

    # tcpdump -nn -i enp0s1
  3. オプション: 暗号化されていないトラフィックを表示します。

    # tcpdump -nn -i macsec0
  4. MACsec の統計を表示します。

    # ip macsec show
  5. integrity-only (encrypt off) および encryption (encrypt on) の各タイプの保護に対して個々のカウンターを表示します。

    # ip -s macsec show

7.3. 関連情報

第8章 Postfix サービスを保護する

Postfix は、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) を使用して他の MTA 間で電子メッセージを配信したり、クライアントや配信エージェントに電子メールを送信したりするメール転送エージェント (MTA) です。MTA は相互間のトラフィックを暗号化できますが、デフォルトではそうしない場合があります。設定をより安全な値に変更することで、さまざまな攻撃に対するリスクを軽減することもできます。

8.2. DoS 攻撃を制限するための Postfix 設定オプション

攻撃者は、トラフィックでサーバーをあふれさせたり、クラッシュを引き起こす情報を送信したりして、サービス拒否 (DoS) 攻撃を引き起こす可能性があります。/etc/postfix/main.cf ファイルで制限を設定することにより、このような攻撃のリスクを軽減するようにシステムを設定できます。既存のディレクティブの値を変更するか、<directive> = <value> 形式のカスタム値で新しいディレクティブを追加できます。

DoS 攻撃を制限するには、次のディレクティブリストを使用します。

smtpd_client_connection_rate_limit
クライアントがこのサービスに対して時間単位あたりに実行できる接続試行の最大数を制限します。デフォルト値は 0 です。これは、クライアントが時間単位で Postfix が受け入れることができる数と同じ数の接続を行うことができることを意味します。デフォルトでは、ディレクティブは信頼できるネットワークのクライアントを除外します。
anvil_rate_time_unit
レート制限を計算するための時間単位を定義します。デフォルト値は 60 秒です。
smtpd_client_event_limit_exceptions
接続およびレート制限コマンドからクライアントを除外します。デフォルトでは、ディレクティブは信頼できるネットワークのクライアントを除外します。
smtpd_client_message_rate_limit
時間単位あたりのクライアントからの要求に対するメッセージ配信の最大数を定義します (Postfix が実際にそれらのメッセージを受け入れるかどうかは関係ありません)。
default_process_limit
特定のサービスを提供する Postfix 子プロセスのデフォルトの最大数を定義します。master.cf ファイル内の特定のサービスについては、このルールを無視できます。デフォルトでは、値は 100 です。
queue_minfree
キューファイルシステムでメールを受信するために必要な最小の空き容量を定義します。このディレクティブは現在、Postfix SMTP サーバーがメールを受け入れるかどうかを決定するために使用されています。デフォルトでは、Postfix SMTP サーバーは、空き容量が message_size_limit の 1.5 倍未満の場合に、MAIL FROM コマンドを拒否します。空き容量の最小値をこれよりも高く指定するには、message_size_limit の 1.5 倍以上の queue_minfree 値を指定します。デフォルトの queue_minfree 値は 0 です。
header_size_limit
メッセージヘッダーを格納するためのメモリーの最大量をバイト単位で定義します。ヘッダーが大きい場合、余分なヘッダーは破棄されます。デフォルトでは、値は 102400 バイトです。
message_size_limit
エンベロープ情報を含むメッセージの最大サイズをバイト単位で定義します。デフォルトでは、値は 10240000 バイトです。

8.3. Postfix が SASL を使用する設定

Postfix は Simple Authentication and Security Layer (SASL) ベースの SMTP 認証 (AUTH) をサポートしています。SMTP AUTH は Simple Mail Transfer Protocol の拡張です。現在、Postfix SMTP サーバーは次の方法で SASL 実装をサポートしています:

Dovecot SASL
Postfix SMTP サーバーは、UNIX ドメインソケットまたは TCP ソケットのいずれかを使用して、Dovecot SASL 実装と通信できます。Postfix と Dovecot アプリケーションが別のマシンで実行している場合は、この方法を使用します。
Cyrus SASL
有効にすると、SMTP クライアントは、サーバーとクライアントの両方でサポートおよび受け入れられる認証方法を使用して、SMTP サーバーで認証する必要があります。

前提条件

  • dovecot パッケージがシステムにインストールされている

手順

  1. Dovecot をセットアップします。

    1. /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf ファイルに次の行を含めます。

      service auth {
        unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
          mode = 0660
          user = postfix
          group = postfix
        }
      }

      前の例では、Postfix と Dovecot の間の通信に UNIX ドメインソケットを使用しています。また、/var/spool/postfix/ ディレクトリーにあるメールキュー、および postfix ユーザーとグループの下で実行しているアプリケーションを含む Postfix SMTP サーバーのデフォルト設定を想定しています。

    2. オプション: TCP 経由で Postfix 認証リクエストをリッスンするように Dovecot をセットアップします。

      service auth {
        inet_listener {
            port = port-number
        }
      }
    3. /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf ファイルの auth_mechanisms パラメーターを編集して、電子メールクライアントが Dovecot での認証に使用する方法を指定します。

      auth_mechanisms = plain login

      auth_mechanisms パラメーターは、さまざまなプレーンテキストおよび非プレーンテキストの認証方法をサポートしています。

  2. /etc/postfix/main.cf ファイルを変更して Postfix をセットアップします。

    1. Postfix SMTP サーバーで SMTP 認証を有効にします。

      smtpd_sasl_auth_enable = yes
    2. SMTP 認証用の Dovecot SASL 実装の使用を有効にします。

      smtpd_sasl_type = dovecot
    3. Postfix キューディレクトリーに相対的な認証パスを指定します。相対パスを使用すると、Postfix サーバーが chroot で実行しているかどうかに関係なく、設定が確実に機能することに注意してください。

      smtpd_sasl_path = private/auth

      この手順では、Postfix と Dovecot の間の通信に UNIX ドメインソケットを使用します。

      通信に TCP ソケットを使用する場合に、別のマシンで Dovecot を探すように Postfix を設定するには、次のような設定値を使用します。

      smtpd_sasl_path = inet: ip-address : port-number

      前の例で、ip-address を Dovecot マシンの IP アドレスに置き換え、port-number を Dovecot の /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf ファイルで指定されたポート番号に置き換えます。

    4. Postfix SMTP サーバーがクライアントに提供する SASL メカニズムを指定します。暗号化されたセッションと暗号化されていないセッションに異なるメカニズムを指定できることに注意してください。

      smtpd_sasl_security_options = noanonymous, noplaintext
      smtpd_sasl_tls_security_options = noanonymous

      前のディレクティブは、暗号化されていないセッションでは匿名認証が許可されず、暗号化されていないユーザー名またはパスワードを送信するメカニズムが許可されていないことを指定しています。暗号化セッション (TLS を使用) の場合、非匿名認証メカニズムのみが許可されます。

法律上の通知

Copyright © 2024 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.