検索

7.4. 不明な問題のトラブルシューティング

download PDF

クリーンな状態で CodeReady コンテナーを再起動することで、ほとんどの問題を解決します。これには、インスタンスの停止、削除、crc setup コマンドによる変更の取り消し、変更の再適用、およびインスタンスの再起動が含まれます。

前提条件

  • crc setup コマンドを使用してホストマシンを設定します。詳細は、「 Setting up CodeReady Containers 」を参照してください。
  • crc start コマンドを使用して CodeReady コンテナーを起動している。詳細は、「 インスタンスの起動」を参照し てください。
  • 最新の CodeReady Containers リリースを使用している。CodeReady Containers 1.2.0 よりも前のバージョンを使用すると、期限切れの x509 証明書に関連するエラーが発生する可能性があります。詳細は、「 期限切れの証明書のトラブルシューティング 」を参照してください。

手順

CodeReady コンテナーのトラブルシューティングを行うには、以下の手順を実行します。

  1. CodeReady Containers インスタンスを停止します。

    $ crc stop
  2. CodeReady Containers インスタンスを削除します。

    $ crc delete
    警告

    crc delete コマンドを実行すると、CodeReady Containers インスタンスに保存されているデータが失われます。このコマンドを実行する前に、インスタンスに保存されている必要な情報を保存してください。

  3. crc setup コマンドで残りの変更をクリーンアップします。

    $ crc cleanup
    注記

    crc cleanup コマンドは、既存の CodeReady コンテナーインスタンスを削除し、crc setup コマンドで作成した DNS エントリーへの変更に戻ります。macOS では、crc cleanup コマンドはシステムトレイも削除します。

  4. 変更を適用するためにホストマシンを設定します。

    $ crc setup
  5. CodeReady Containers インスタンスを開始します。

    $ crc start
    注記

    クラスターは、要求を提供する前に必要なコンテナーおよび Operator を起動するのに最小 4 分の時間がかかります。

この手順で問題が解決しない場合は、以下の手順を実行します。

  1. 発生した問題のオープン問題を検索します。
  2. 既存の問題が問題に対処しない場合は、問題を作成し~/.crc/crc.log ファイルを作成された問題に割り当てます~/.crc/crc.log ファイルには詳細なデバッグとトラブルシューティング情報があり、発生した問題を診断するのに役立ちます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.