検索

3.5. GFS2 ファイルシステムの拡張

download PDF

gfs2_grow コマンドは、ファイルシステムが存在するデバイスが拡張された後に GFS2 ファイルシステムを拡張するのに使用されます。既存の GFS2 ファイルシステムで gfs2_grow コマンドを実行すると、ファイルシステムの現在の末尾とデバイスの末尾の間にある使用されていない領域がすべて、新しく初期化された GFS2 ファイルシステムの拡張子で埋められます。クラスター内の全ノードは、追加されたストレージ領域を使用できます。

注記

GFS2 ファイルシステムのサイズは縮小できません。

gfs2_grow コマンドは、マウントされたファイルシステムで実行する必要があります。次の手順では、/mnt/gfs2 の マウントポイントで、論理ボリューム shared_vg/shared_lv1 にマウントされているクラスターの GFS2 ファイルシステムのサイズが増大します。

手順

  1. ファイルシステムでデータのバックアップを作成します。
  2. 拡張するファイルシステムが使用している論理ボリュームが分からない場合は、df mountpoint コマンドを実行して確認できます。これにより、デバイス名が次の形式で表示されます。

    /dev/mapper/vg-lv

    たとえば、デバイス名が /dev/mapper/shared_vg-shared_lv1 の場合は、論理ボリュームが shared_vg/shared_lv1 になります。

  3. クラスターのノードの 1 つで、lvextend コマンドで、基礎となるクラスターボリュームを拡張します。

    # lvextend -L+1G shared_vg/shared_lv1
    Size of logical volume shared_vg/shared_lv1 changed from 5.00 GiB (1280 extents) to 6.00 GiB (1536 extents).
    WARNING: extending LV with a shared lock, other hosts may require LV refresh.
    Logical volume shared_vg/shared_lv1 successfully resized.
  4. クラスターのノードの 1 つで、GFS2 ファイルシステムのサイズを大きくします。論理ボリュームが全ノードで更新されていない場合はファイルシステムを拡張しないでください。この状態で拡張すると、ファイルシステムのデータがクラスター全体で利用できなくなる可能性があります。

    # gfs2_grow /mnt/gfs2
    FS: Mount point:             /mnt/gfs2
    FS: Device:                  /dev/mapper/shared_vg-shared_lv1
    FS: Size:                    1310719 (0x13ffff)
    DEV: Length:                 1572864 (0x180000)
    The file system will grow by 1024MB.
    gfs2_grow complete.
  5. すべてのノードで df コマンドを実行して、そのファイルシステムで新しい領域が使用できるようになったことを確認します。すべてのノードで df コマンドを実行して同じファイルシステムのサイズを表示するには、最大 30 秒かかることに注意してください。

    # df -h /mnt/gfs2]
    Filesystem                        Size  Used Avail Use% Mounted on
    /dev/mapper/shared_vg-shared_lv1  6.0G  4.5G  1.6G  75% /mnt/gfs2
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.