検索

5.6. GPG2 キーの作成

download PDF

以下の手順では、暗号化ユーティリティーで使用する GPG2 キーを生成する方法を説明します。

前提条件

  • root 権限が必要です。

手順

  1. pinentry ユーティリティーをインストールして設定します。

    [root@server ~]# dnf install pinentry
    [root@server ~]# mkdir ~/.gnupg -m 700
    [root@server ~]# echo "pinentry-program /usr/bin/pinentry-curses" >> ~/.gnupg/gpg-agent.conf
  2. 希望する内容で、GPG キーペアの生成に使用する key-input ファイルを作成します。以下に例を示します。

    [root@server ~]# cat >key-input <<EOF
    %echo Generating a standard key
    Key-Type: RSA
    Key-Length: 2048
    Name-Real: GPG User
    Name-Comment: first key
    Name-Email: root@example.com
    Expire-Date: 0
    %commit
    %echo Finished creating standard key
    EOF
  3. (オプション) デフォルトでは、GPG2 はキーリングを ~/.gnupg ファイルに保存します。カスタムのキーリングの場所を使用するには、GNUPGHOME 環境変数を、root のみがアクセスできるディレクトリーに設定します。

    [root@server ~]# export GNUPGHOME=/root/backup
    
    [root@server ~]# mkdir -p $GNUPGHOME -m 700
  4. key-input ファイルの内容に基づいて、新しい GPG2 キーを生成します。

    [root@server ~]# gpg2 --batch --gen-key key-input
  5. GPG2 キーを保護するパスフレーズを入力します。このパスフレーズは、秘密鍵へのアクセスと復号に使用します。

    ┌──────────────────────────────────────────────────────┐
    │ Please enter the passphrase to                       │
    │ protect your new key                                 │
    │                                                      │
    │ Passphrase: <passphrase>                             │
    │                                                      │
    │	 <OK>                             <Cancel>         │
    └──────────────────────────────────────────────────────┘
  6. パスフレーズを再度入力して、正しいパスフレーズを確認します。

    ┌──────────────────────────────────────────────────────┐
    │ Please re-enter this passphrase                      │
    │                                                      │
    │ Passphrase: <passphrase>                             │
    │                                                      │
    │	 <OK>                             <Cancel>         │
    └──────────────────────────────────────────────────────┘
  7. 新しい GPG2 キーが正常に作成されたことを確認します。

    gpg: keybox '/root/backup/pubring.kbx' created
    gpg: Generating a standard key
    gpg: /root/backup/trustdb.gpg: trustdb created
    gpg: key BF28FFA302EF4557 marked as ultimately trusted
    gpg: directory '/root/backup/openpgp-revocs.d' created
    gpg: revocation certificate stored as '/root/backup/openpgp-revocs.d/8F6FCF10C80359D5A05AED67BF28FFA302EF4557.rev'
    gpg: Finished creating standard key

検証手順

  • サーバーの GPG キーのリストを表示します。

    [root@server ~]# gpg2 --list-secret-keys
    gpg: checking the trustdb
    gpg: marginals needed: 3  completes needed: 1  trust model: pgp
    gpg: depth: 0  valid:   1  signed:   0  trust: 0-, 0q, 0n, 0m, 0f, 1u
    /root/backup/pubring.kbx
    ------------------------
    sec   rsa2048 2020-01-13 [SCEA]
          8F6FCF10C80359D5A05AED67BF28FFA302EF4557
    uid           [ultimate] GPG User (first key) <root@example.com>

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.