検索

5.4. IdM バックアップの作成

download PDF

ipa-backup コマンドを使用して、オフラインモードおよびオンラインモードで、サーバーのフルバックアップとデータのみのバックアップを作成します。

前提条件

  • ipa-backup ユーティリティーを実行するには、root 権限が必要です。

手順

  • オフラインモードでサーバーのフルバックアップを作成するには、追加オプションを指定せずに ipa-backup ユーティリティーを使用します。

    [root@server ~]# ipa-backup
    Preparing backup on server.example.com
    Stopping IPA services
    Backing up ipaca in EXAMPLE-COM to LDIF
    Backing up userRoot in EXAMPLE-COM to LDIF
    Backing up EXAMPLE-COM
    Backing up files
    Starting IPA service
    Backed up to /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-14-11-26-06
    The ipa-backup command was successful
  • オフラインでデータのみのバックアップを作成するには、--data オプションを指定します。

    [root@server ~]# ipa-backup --data
  • IdM ログファイルを含むサーバーのフルバックアップを作成するには、--logs オプションを使用します。

    [root@server ~]# ipa-backup --logs
  • IdM サービスの実行中にデータのみのバックアップを作成するには、--data オプションおよび --online オプションの両方を指定します。

    [root@server ~]# ipa-backup --data --online
注記

/tmp ディレクトリーに十分なスペースがないためにバックアップが失敗する場合は、TMPDIR 環境変数を使用して、バックアッププロセスで作成された一時ファイルの保存先を変更します。

[root@server ~]# TMPDIR=/new/location ipa-backup

検証手順

  • バックアップディレクトリーに、バックアップを含むアーカイブが含まれていることを確認します。

    [root@server ~]# ls /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-14-11-26-06
    header  ipa-full.tar
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.