検索

第2章 サービスアカウントの作成および管理

download PDF

サービスアカウントを使用すると、エンドユーザーの認証情報や直接の操作を必要とせずに、サービスやアプリケーションに安全かつ自動的に接続して認証できます。

Red Hat サービスアカウントを作成すると、クライアント IDシークレット が生成されます。サービスアカウントは ID とシークレットを使用して Red Hat Hybrid Cloud Console のサービスにアクセスします。

  • クライアント ID クライアント ID は、ユーザー名がユーザーを識別するのと同じように、リソースに対してサービスアカウントを識別します。
  • シークレット シークレットは、パスワードと同様の機能を提供します。シークレットは、サービスアカウントを作成するときに一度表示されます。シークレットをコピーして保存し、パスワードと同じように保護します。

サービスアカウントを作成した後、該当するユーザーアクセスグループに追加します。(ユーザーアクセスは、ロールベースのアクセス制御の Red Hat 実装です。)ユーザーアクセスグループに割り当てられたロールによって、サービスアカウントが Red Hat Hybrid Cloud Console 上のアプリケーションおよびサービスに対して割り当てられるアクセスのレベルが決まります。

以下のタスクは、サービスアカウントを作成して User Access グループに追加する方法を示しています。

サービスアカウントのクライアント ID とシークレットを生成した後、次のタスクを実行できます。

サービスアカウントをリセットまたは削除するには、サービスアカウントの所有者である必要があります。組織管理者は、任意のサービスアカウントをリセットまたは削除できます。

2.1. サービスアカウントの作成

サービスアカウントを作成し、そのアカウントで使用するクライアント ID とシークレットを生成できます。

前提条件

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud Console から、設定アイコン(⚙)をクリックし、Service Accounts をクリックします。
  2. Create service account をクリックしてアカウントを設定します。
  3. Service account name および Short description を入力し、Create をクリックします。
  4. 生成された Client IDClient secret の値を安全な場所にコピーします。サービスへの接続を設定するときに、これらの認証情報を指定します。

    重要

    クライアントシークレット は 1 回しか表示されないため、認証情報ウィンドウを閉じる前に、コピーした認証情報が正常かつ安全に保存されたことを確認してください。

  5. クライアント ID とシークレットを安全な場所に保存したら、認証情報ウィンドウで確認チェックボックスを選択し、ウィンドウを閉じます。
  6. サービスアカウントとそのクライアント ID が Service Accounts ページに表示されます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.