検索

4.4. Red Hat Ceph RADOS Block Device (RBD) からの直接イメージダウンロードの設定

download PDF

Image サービス (glance) がバックエンドとして Red Hat Ceph RADOS Block Device (RBD) を使用し、Compute サービスがローカルのファイルベースの一時ストレージを使用する場合、Image サービス API を使用せずに RBD イメージリポジトリーから直接イメージをダウンロードするように Compute サービスを設定することができます。これにより、インスタンスのブート時にコンピュートノードイメージキャッシュにイメージをダウンロードする時間が短縮されます。これにより、インスタンスの起動時間が短縮されます。

前提条件

  • Image サービスのバックエンドが、Red Hat Ceph RADOS Block Device (RBD) である。
  • Compute サービスが、イメージキャッシュおよびインスタンスのディスクにローカルのファイルベースの一時ストアを使用している。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. Compute 環境ファイルを開きます。
  3. RBD バックエンドから直接イメージをダウンロードするには、以下の設定を Compute 環境ファイルに追加します。

    parameter_defaults:
      ComputeParameters:
        NovaGlanceEnableRbdDownload: True
        NovaEnableRbdBackend: False
        ...
  4. (オプション) Image サービスが複数の Red Hat Ceph Storage バックエンドを使用するように設定されている場合には、Compute 環境ファイルに以下の設定を追加して、イメージをダウンロードする RBD バックエンドを特定します。

    parameter_defaults:
      ComputeParameters:
        NovaGlanceEnableRbdDownload: True
        NovaEnableRbdBackend: False
        NovaGlanceRbdDownloadMultistoreID: <rbd_backend_id>
        ...

    <rbd_backend_id>GlanceMultistoreConfig 設定のバックエンドを指定するために使用される ID(例: rbd2_store) に置き換えます。

  5. 以下の設定を Compute 環境ファイルに追加して Image サービス RBD バックエンドを指定し、Compute サービスが Image サービス RBD バックエンドへの接続を待機する最大期間 (秒単位) を指定します。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::config::nova_config:
          glance/rbd_user:
            value: 'glance'
          glance/rbd_pool:
            value: 'images'
          glance/rbd_ceph_conf:
            value: '/etc/ceph/ceph.conf'
          glance/rbd_connect_timeout:
            value: '5'
  6. その他の環境ファイルと共に Compute 環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud)$ openstack overcloud deploy --templates \
     -e [your environment files] \
     -e /home/stack/templates/<compute_environment_file>.yaml
  7. Compute サービスが RBD から直接イメージをダウンロードすることを確認するには、インスタンスを作成してインスタンスのデバッグログで Attempting to export RBD image: のエントリーを確認します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.