検索

第3章 ロケーションの管理

download PDF

ロケーションは、各種リソースを分類し、ホストを割り当てる方法を提供する点で組織に似ています。組織とロケーションの相違点は以下のとおりです。

  • ロケーションは、物理または地理的設定をベースにしています。
  • ロケーションの構造は階層的です。

3.1. ロケーションの作成

Web UI をご利用の場合

  1. 管理 > ロケーション に移動します。
  2. 新規組ロケーション をクリックします。

    • ロケーションの基本的な詳細情報を指定します。
    • : このロケーションの親ロケーションを定義します (オプション)。これにより、ロケーションの階層が作成されます。
    • 名前: プレーンテキスト形式のロケーション名。
    • 説明: プレーンテキスト形式のロケーションの説明 (オプション)。
  3. 送信 をクリックします。

    • ロケーションが割り当てられていないホストがある場合には、ホストの選択 タブにリダイレクトされます。ロケーションに割り当てるホスト 3 種類から選択します。

      • Assign All (すべてを割り当て) を選択して、ロケーションが割り当てられていないホストすべてを割り当てます。
      • 手動割り当て をクリックして、ロケーションに割り当てるホストを選択します。
      • Proceed to Edit (編集に進む) を選択して、ロケーションを割り当てずに Edit Properties (プロパティーの編集) ページに移動します。
    • ホストにロケーションが割り当てられていない場合は、編集 ページに移動しますので、ここでインフラストラクチャーリソースをロケーションに割り当てることができます。このインフラストラクチャーリソースには、ネットワークリソース、インストールメディア、キックスタートテンプレートなどのパラメーターが含まれます。このページには、管理 > ロケーション に移動し、編集するロケーションを選択するといつでも戻ることができます。
  4. ロケーションの作成後に、送信 をクリックします。

CLI をご利用の場合

以下のコマンドを実行してロケーションを作成します。

# hammer location create \
--parent-id "parent_location_id" \
--name "your_location_name" \
--description "your_location_description"

3.2. ロケーションコンテキストの設定

ホストに使用するロケーションや関連するリソースを定義するロケーションのコンテキスト

Web UI をご利用の場合

ロケーションメニューは、Satellite Web UI の左上にあるメニューバーの 2 番目のメニュー項目です。現在のロケーションを選択していない場合には、メニューには 任意のロケーション と表示されます。任意のロケーション ボタンをクリックして、使用するロケーションを選択します。

CLI をご利用の場合

CLI を使用する場合は、オプションとして、--location "your_location_name" または --location-id "your_location_id" を追加します。以下に例を示します。

# hammer subscription list --location "Default_Location"

このコマンドは、Default_Location に割り当てられたサブスクリプションを出力します。

3.3. ロケーションの削除

ロケーションは、ライフサイクル環境またはホストグループに関連づけられていない場合に削除できます。削除するロケーションにライフサイクル環境またはホストグループが関連付けられている場合は、管理 > ロケーション> に移動して関連のロケーションをクリックします。インストール中に作成されたデフォルトのロケーションは、Satellite 環境で関連付けられていないホストへのプレースホルダーであるため、削除することは推奨されません。環境には常に 1 つ以上のロケーションが必要です。

Web UI をご利用の場合

  1. 管理 > ロケーション に移動します。
  2. 削除するロケーションの名前の右側にあるリストから 削除 を選択します。
  3. OK をクリックして、ロケーションを削除します。

CLI をご利用の場合

以下のコマンドを入力してロケーションを削除します。

# hammer location delete --location "your_location_name"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.