検索

5.5.3. Red Hat Single Sign-On が有効な JBoss EAP イメージのデプロイ

download PDF
  1. OpenShift Web コンソールに戻り、Add to project をクリックしてデフォルトのイメージストリームおよびテンプレートを一覧表示します。
  2. Filter by keyword 検索バーを使用して、一覧を sso に一致するものに制限します。See all をクリックして、必要なアプリケーションテンプレートを表示する必要がある場合があります。
  3. eap71-sso-s2i イメージを選択して、すべてのデプロイメントパラメーターを一覧表示します。EAP ビルド時に Red Hat Single Sign-On 認証情報を設定するには、以下の Red Hat Single Sign-On パラメーターを追加します。

    変数値の例

    APPLICATION_NAME

    sso

    HOSTNAME_HTTPS

    secure-sample-jsp.eap-app-demo.openshift32.example.com

    HOSTNAME_HTTP

    sample-jsp.eap-app-demo.openshift32.example.com

    SOURCE_REPOSITORY_URL

    https://repository-example.com/developer/application

    SSO_URL

    https://secure-sso-sso-app-demo.openshift32.example.com/auth

    SSO_REALM

    eap-demo

    SSO_USERNAME

    eap-mgmt-user

    SSO_PASSWORD

    password

    SSO_PUBLIC_KEY

    <realm-public-key>

    HTTPS_KEYSTORE

    eapkeystore.jks

    HTTPS_PASSWORD

    password

    HTTPS_SECRET

    eap-ssl-secret

    JGROUPS_ENCRYPT_KEYSTORE

    eapjgroups.jceks

    JGROUPS_ENCRYPT_PASSWORD

    password

    JGROUPS_ENCRYPT_SECRET

    eap-jgroup-secret

  4. Create をクリックして JBoss EAP イメージをデプロイします。

JBoss EAP イメージがデプロイされるまでに数分間がかかる場合があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.