検索

3.2.2. アプリケーションテンプレートを使用した Red Hat Single Sign-On イメージのデプロイ

download PDF

3.2.2.1. OpenShift CLI を使用したテンプレートのデプロイ

  1. 利用可能な Red Hat Single Sign-On アプリケーションテンプレートの一覧を表示します。

    $ oc get templates -n openshift -o name | grep -o 'sso74.\+'
    sso74-https
    sso74-postgresql
    sso74-postgresql-persistent
    sso74-x509-https
    sso74-x509-postgresql-persistent
  2. 選択したものをデプロイします。

    $ oc new-app --template=sso74-x509-https
    --> Deploying template "openshift/sso74-x509-https" to project sso-app-demo
    
         Red Hat Single Sign-On 7.4 (Ephemeral)
         ---------
         An example Red Hat Single Sign-On 7 application. For more information about using this template, see <link xlink:href="https://github.com/jboss-openshift/application-templates">https://github.com/jboss-openshift/application-templates</link>.
    
         A new Red Hat Single Sign-On service has been created in your project. The admin username/password for accessing the master realm using the Red Hat Single Sign-On console is IACfQO8v/nR7llVSVb4Dye3TNRbXoXhRpAKTmiCRc. The HTTPS keystore used for serving secure content, the JGroups keystore used for securing JGroups communications, and server truststore used for securing Red Hat Single Sign-On requests were automatically created using OpenShift's service serving x509 certificate secrets.
    
         * With parameters:
            * Application Name=sso
            * JGroups Cluster Password=jg0Rssom0gmHBnooDF3Ww7V4Mu5RymmB # generated
            * Datasource Minimum Pool Size=
            * Datasource Maximum Pool Size=
            * Datasource Transaction Isolation=
            * ImageStream Namespace=openshift
            * Red Hat Single Sign-On Administrator Username=IACfQO8v # generated
            * Red Hat Single Sign-On Administrator Password=nR7llVSVb4Dye3TNRbXoXhRpAKTmiCRc # generated
            * Red Hat Single Sign-On Realm=
            * Red Hat Single Sign-On Service Username=
            * Red Hat Single Sign-On Service Password=
            * Container Memory Limit=1Gi
    
    --> Creating resources ...
        service "sso" created
        service "secure-sso" created
        service "sso-ping" created
        route "sso" created
        route "secure-sso" created
        deploymentconfig "sso" created
    --> Success
        Run 'oc status' to view your app.

または、OpenShift 3.x または 4.x Web コンソールを使用して Red Hat Single Sign-On テンプレートをデプロイするには、以下のいずれかの手順を実行します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.