検索

7.4. Packaging and Deployment

download PDF

User Storage providers are packaged in a JAR and deployed or undeployed to the Red Hat Single Sign-On runtime in the same way you would deploy something in the JBoss EAP application server. You can either copy the JAR directly to the standalone/deployments/ directory of the server, or use the JBoss CLI to execute the deployment.

In order for Red Hat Single Sign-On to recognize the provider, you need to add a file to the JAR: META-INF/services/org.keycloak.storage.UserStorageProviderFactory. This file must contain a line-separated list of fully qualified classnames of the UserStorageProviderFactory implementations:

org.keycloak.examples.federation.properties.ClasspathPropertiesStorageFactory
org.keycloak.examples.federation.properties.FilePropertiesStorageFactory

Red Hat Single Sign-On supports hot deployment of these provider JARs. You’ll also see later in this chapter that you can package it within and as Java EE components.

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.